OPEN CLOSE

COLUMNCOLUMN

痛みに効くコラム
  • ロキソプロフェン配合薬の 飲み方の「なぜ?」に答えます!

    ロキソプロフェン配合薬の 飲み方の「なぜ?」に答えます!

    解熱・鎮痛薬として、その効果の高さが評価されているロキソプロフェン配合の解熱・鎮痛薬。既に服用している方も、これから試してみようと思っている方もいるでしょう。 正しく服用するために、まずは箱や説明書に書かれている内容をしっかり確認することが大切。 でも、使用上の注意や用法・用量を読んで、その内容に疑問を持ったり、理由が知りたくなったりすることもあるはずです。 そこで今回は、薬をのむ時の「どうして?」「こうしちゃダメ?」といった疑問にお答えします。 <監修> 鈴木龍一郎先生(城西大学薬学部 准教授) 1999年明治薬科大学薬学部卒業。05年同大学大学院薬学研究科修了(博士(薬学))。独立行政法人理化学研究所長田抗生物質研究室協力研究員、大正製薬株式会社セルフメディケーション開発研究所主任研究員補などを経て、17年より現職。日本薬学会、日本生薬学会(代議員)、日本臨床化学会(評議員)所属。

  • ランナー必見!マラソン時の痛みと鎮痛薬の付き合い方

    ランナー必見!マラソン時の痛みと鎮痛薬の付き合い方

    マラソンランナーの皆さん。マラソン時に痛みを我慢しながら走るのは辛いですよね。 痛みの対処としてレース時に鎮痛薬を服用するランナーも多くいますが、「そもそも、レース中に薬を飲んでいいの?」と疑問に思う方もいるのでは? 今回はランナーの抱える痛みと鎮痛薬との付き合い方についてご紹介します。 <監修> 鈴木龍一郎先生(城西大学薬学部 准教授) 1999年明治薬科大学薬学部卒業。05年同大学大学院薬学研究科修了(博士(薬学))。独立行政法人理化学研究所長田抗生物質研究室協力研究員、大正製薬株式会社セルフメディケーション開発研究所主任研究員補などを経て、17年より現職。日本薬学会、日本生薬学会(代議員)、日本臨床化学会(評議員)所属。

  • 錠剤に液剤。いろいろな形の鎮痛薬、 どう使い分ける?

    錠剤に液剤。いろいろな形の鎮痛薬、 どう使い分ける?

    ロキソプロフェンをはじめ、鎮痛・解熱の作用を持つ薬には、おなじみの錠剤(水と服用するタイプ)のほかに、液剤(水なしで服用できるタイプ)や、テープ・ゲルなどの肌につける外用薬など、様々な種類があります。 薬の形状や、服用の方法によって、実は効果も異なるのです。 あなたの痛みに合うタイプの鎮痛・解熱の薬を探してみましょう。 <監修> 鈴木龍一郎先生(城西大学薬学部 准教授) 1999年明治薬科大学薬学部卒業。05年同大学大学院薬学研究科修了(博士(薬学))。独立行政法人理化学研究所長田抗生物質研究室協力研究員、大正製薬株式会社セルフメディケーション開発研究所主任研究員補などを経て、17年より現職。日本薬学会、日本生薬学会(代議員)、日本臨床化学会(評議員)所属。

  • 私の痛みに効く薬は? 自分に合ったものを見つけよう!

    私の痛みに効く薬は? 自分に合ったものを見つけよう!

    鎮痛・解熱の作用を持つ薬は複数ありますが、実は、成分や特徴は薬によって異なっています。ここでは、痛みに適した薬を選べるように、薬の成分と作用をご紹介します。 <監修> 鈴木龍一郎先生(城西大学薬学部 准教授) 1999年明治薬科大学薬学部卒業。05年同大学大学院薬学研究科修了(博士(薬学))。独立行政法人理化学研究所長田抗生物質研究室協力研究員、大正製薬株式会社セルフメディケーション開発研究所主任研究員補などを経て、17年より現職。日本薬学会、日本生薬学会(代議員)、日本臨床化学会(評議員)所属。

  • 痛みや熱を抑える ロキソプロフェンってどんな成分?

    痛みや熱を抑える ロキソプロフェンってどんな成分?

    鎮痛薬、解熱薬と一言で言ってもその種類は様々。 ここでは、医療用医薬品から最近市販薬となり、注目されている成分「ロキソプロフェン」の効果や特徴についてご紹介します。 <監修> 鈴木龍一郎先生(城西大学薬学部 准教授) 1999年明治薬科大学薬学部卒業。05年同大学大学院薬学研究科修了(博士(薬学))。独立行政法人理化学研究所長田抗生物質研究室協力研究員、大正製薬株式会社セルフメディケーション開発研究所主任研究員補などを経て、17年より現職。日本薬学会、日本生薬学会(代議員)、日本臨床化学会(評議員)所属。

  • 簡単セルフケアで膝の痛みを予防・改善!今日からできる体操もご紹介。

    簡単セルフケアで膝の痛みを予防・改善!今日からできる体操もご紹介。

    膝の痛みの主な原因である変形性膝関節症は加齢と共に進行するため、今は痛みがない人も、予防への意識が大切です。 すでに痛みがある人も、セルフケアで症状の改善が期待できます。 今回は膝をいたわる生活習慣や、予防・改善に有効な体操をご紹介します。これを機に、自分のライフスタイルを見直してみましょう。 <監修> 橋本三四郎先生(南新宿整形外科リハビリテーションクリニック院長) 1989年産業医科大学卒業。94年久留米大学大学院卒業。米国スクリプス研究所等を経て、01年ハシモトクリニック開業。09年日本医科大学病院整形外科・リウマチ外科非常勤講師、20年京都府立医科大学整形外科非常勤講師、12年より現職。日本整形外科学会専門医、日本整形外科学会運動器リハビリテーション認定医、日本リウマチ財団登録医。