OPEN CLOSE

慢性頭痛を防ぐために知っておきたい! 日常で頭痛を誘発するモノとは?

片頭痛や緊張型頭痛などの慢性頭痛は、日常生活の刺激や、何気なく口にしている食べ物が誘発している可能性があります。
頭痛を予防するために、頭痛と関係が深い日常の刺激や食べ物をご紹介します。


監修
清水俊彦先生(東京女子医科大学客員教授)

医学博士。1958年生まれ。86年日本医科大学卒業。92年東京女子医科大学大学院修了。95年米国Nation Headache Foundation認定医。東京女子医科大学脳神経センターの他、汐留シティセンターセントラルクリニックなどで頭痛外来を担当。著書に『脳は悲鳴を上げている』(講談社+α新書)、『頭痛女子のトリセツ』(マガジンハウス)など多数。

目次

慢性頭痛は日常の刺激が引き金になることもある

クモ膜下出血や脳腫瘍など、重篤な病気(二次性頭痛)に対して、片頭痛や緊張型頭痛などの慢性頭痛(一次性頭痛)というものがあります。

慢性頭痛が起こる原因に、「脳が敏感」であること、「脳の異常な興奮」であることが最近の研究でわかってきています。
頭痛は、突然起きることもありますが、日常の変化や刺激が引き金となって起きている場合もあるのです。

頭痛を起こしやすい日常の変化を避けることで、慢性頭痛は予防することができます。

ここでは、頭痛を引き起こす可能性がある日常の刺激や、頭痛予防のために避けたい食べ物をご紹介します。

頭痛を誘発するモノ①ブルーライトやちらつく光

パソコンやスマートフォンなど、画面の光(ブルーライト)は、頭痛の大敵です。しかし情報社会の現代、パソコンやスマートフォンが手放せず、ブルーライトの刺激を四六時中受ける生活を送っている方も多いのではないでしょうか。

ブルーライトは人が目で見ることのできる光(可視光線)の中で最も強いエネルギーをもち、網膜から脳へとダイレクトに届けられるため、脳への刺激が強いのです。
パソコンを使う時は画面の光量を落としたり、ブルーライトカットのメガネを使ったりするなどの対策をしましょう。

また、室内の照明や車のヘッドライトなどの日常の光も脳にとって刺激になります。蛍光灯のちらつきが刺激になる場合もあるので、淡い色調のLED電球による間接照明を使うなどの工夫をしましょう。また、眩しいと感じるときはサングラスを取り入れましょう。

頭痛を誘発するモノ②柔軟剤や芳香剤のにおい

近頃続々とバリエーションが増えている衣類用の柔軟剤。強い香りは、頭痛を誘発する原因の1つです。
また、ルームフレグランスや芳香剤の香りが刺激になることも。
こまめな換気で部屋ににおいをこもらせないようにしましょう。

頭痛を誘発するモノ③テレビや大音量の音楽

大きな音や音楽は、脳を過剰に刺激してしまいます。
特にコンサートや映画館のように暗い中で大きな音を聞いたり、映像を見たりするのは、刺激が強く頭痛の大敵となります。
頭痛を予防するためには、リラックスできる程度の音量で楽しめるエンターテイメントがおすすめです。

頭痛を誘発するモノ④赤ワインやオリーブ油

ポリフェノールは体によいとして知られていますが、片頭痛もちの人にとっては控えたい成分の1つ。というのも、ポリフェノールは血管拡張作用があるために、それが片頭痛を誘発したり、症状を悪化させたりすることにつながるからです。ポリフェノールを多く含む赤ワインやオリーブ油は控えたほうがよいでしょう。
他にも、チラミンを多く含む柑橘(かんきつ)類やチーズ、グルタミン酸を多く含むうま味調味料を使った料理、保存料の亜硝酸(あしょうさん)ナトリウムを多く含むハムやサラミなども、頭痛が続いている時は避けることをおすすめします。

光や音などの日常的な刺激と、食べ物による刺激。
頭痛にとっての悪因子が2つ以上重ならないよう、環境と食べ物に注意してみてください。