OPEN CLOSE

ナロンエース頭痛にナロンエース。

メニュー
頭痛にきくコラム

痛くなったら試したい!
頭痛のタイプ別対処法とおすすめのツボ

頭痛は、気温や気圧の変化をきっかけに起こることもあり、自分ではコントロールできない面があります。そこで大事なのが、頭痛が起きてしまった時の対処法を知っておくこと。

頭痛といっても、「片頭痛」と「緊張型頭痛」とでは、頭痛が起こるメカニズムが違うため、その対処法も異なります。

それぞれの頭痛の特徴を知り、正しい対処法を身につけておきましょう。今回は頭痛を和らげるツボもご紹介します!


<監修>
五十嵐久佳先生(富士通クリニック頭痛外来)

いがらし・ひさか 1979年北里大学医学部卒業。医学博士。北里大学医学部内科学講師、神奈川歯科大学附属横浜クリニック内科学講座教授を歴任。81年より頭痛医療に携わり、現在に至る。日本頭痛学会理事・専門医・指導医。  

目次

頭がズキンズキンとする「片頭痛」の場合は、冷やすのが基本

頭の片側または両側にズキンズキンと強い痛みが起こる「片頭痛」は、脳の血管が拡張して脳神経の1つ、三叉神経が刺激されることで起こると考えられています。

起こるきっかけは、ストレスや肩こり、高温多湿による脱水、気温や気圧の変化、空腹、女性ホルモンの変化、光、騒音、アルコールなど様々です。

血管が拡張して痛みが起こる片頭痛の場合は、「冷やす」ことで痛みが軽減されることが多いです。痛みを感じたら、こめかみの脈打つ部分を冷却シートや氷枕などで冷やしてみてください。

片頭痛は、体を動かすと痛みが助長されます。光や音などの刺激も避け、安静にして過ごしましょう。

ちなみに、痛み始めには血管を収縮させる作用のある、カフェインを含んだコーヒーなどを摂ると、痛みが緩和されることがありますよ。

頭がキューッと締め付けられる「緊張型頭痛」は、温めるのがおすすめ!

「緊張型頭痛」は、心身の緊張から起こる頭痛で、頭全体が締めつけられるような痛みが特徴。首や肩周りの筋肉が緊張して血流が悪くなり、痛み物質が発生して神経が刺激されることで起こります。神経や脳が過敏になることで痛みが起こるとも考えられています。

起こるきっかけは、長時間の同じ姿勢や、目の疲れ、ストレス、冷房による冷え過ぎなどです。

筋肉の血行が悪くなることで起こる緊張型頭痛は、「温める」ことや「体を動かす」ことが痛みの緩和に有効です。

お風呂に浸かって体を温めたり、ストレッチで首や肩を動かしたりしてみましょう。肩や首に蒸しタオルなどを当てて温めるのもおすすめです。

頭痛を和らげるツボはここ!

頭痛に効くツボがあるのを、ご存じですか?
頭部や肩周りのツボを指圧すると、痛みの緩和が期待できます。
安静にしたりストレッチなどを試してみたりした後に、ツボ押しもプラスしてみてください。

頭痛に効くツボは、次の5つです。

<頷厭(がんえん)>
左右の耳の少し上から、こめかみの辺りにかけての髪の生え際。食べ物をかむと動く部分。
<百会(ひゃくえ)>
頭のてっぺん中央の少しくぼんだ所。
<風池(ふうち)>
耳の後ろにあるとがった骨と、後頭部のくぼみの中間で、髪の生え際あたり。

<天柱(てんちゅう)>
頭の後ろの髪の生え際。首から頭にかけて2本の太い筋肉の外側にある、くぼみの部分。

<肩井(けんせい)>
首の後ろのつけ根と、肩先の中間。
ツボを押す時は、息を吐きながら10秒くらいかけてゆっくり押し、ゆっくり指を離します。これを何回か繰り返しましょう。

普段から気をつけていても、不意に起こってしまうのが頭痛というもの。基本的な対処法や、頭痛に効くツボを知っておけば、いざという時にも安心ですよね。
もしもの時にはぜひ試してみてください!