OPEN CLOSE

アラフォー世代は生理痛が軽くなる!? 生理の変わり目はいつ?

40代になって生理が軽くなったという人もいれば、逆に重くなったという人もいます。

生理や生理痛の状態は、加齢によって変化するものなのでしょうか? そうだとしたら、それはなぜでしょう?

アラフォー女性には特に知っておいて欲しい、生理と年齢の関係についてお伝えします。


<監修>
高尾美穂先生(イーク表参道 副院長)

東京慈恵会医科大学附属病院産婦人科などを経て現職。文部科学省・国立スポーツ科学センター 女性アスリートの育成・支援プロジェクトメンバー、ヨガインストラクターとしても活動している。

目次

生理の変化は、更年期が迫ってきている証拠!?

「40代に入って、生理の様子がこれまでとは変わってきた」。そんな声をよく耳にします。

生理のサイクルが短くなったり長くなったり、経血量が増えたり減ったり、あるいは生理前にむくみやだるさ、イライラなどの症状が強く現れるようになったりと、変化の仕方は様々です。

40代でこうした変化が現れるのは、加齢により女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が低下しているのが原因。いわば、更年期の予兆のような症状が現れているのです。

生理の変化の裏に、病気が隠れている可能性も

アラフォー世代の生理の乱れは、年齢による自然な変化なので心配ない、とは言い切れません。
というのも、こうした生理の乱れは、病気が原因で起こっている可能性もあるからです。

代表的なのが、「子宮内膜症」や「子宮筋腫」。これらの疾患は、生理の回数が増えるほど症状が進行するため、加齢と共に発症リスクが高まります。

子宮内膜症や子宮筋腫の場合は、生理痛がひどくなったり、出血量が多くなったりするなど、生理が重くなるケースがほとんどです。
更年期世代になって生理が重くなった人は、こうした病気の可能性を疑い、早めに婦人科を受診してください。

その他、女性の8人に1人が罹患するとされる「バセドウ病」や「橋本病」といった甲状腺の病気も、生理の乱れを伴うことが少なくありません。

病気を見逃さないためにも、生理の変化はしっかり観察しましょう。

生理痛は若い時よりも軽くなるのが一般的

一般的に、生理痛は更年期世代では軽くなる傾向にあります。
女性ホルモンの分泌量が減るため、子宮内膜があまり厚くならず、子宮を収縮させて生理痛を起こす「プロスタグランジン」の産生も減るからです。

また、出産経験のある女性であれば、子宮口も広がっているので、若い時より生理痛は軽くなったと感じるでしょう。

生理痛が軽くなるのは、うれしい年齢変化ですよね♪

生理は女性が自身の体の状態を知るバロメーター。しっかり観察し、アプリなどを活用して記録をとっておくようにしましょう。

最後にもう1つ、女性が体の状態を知るために、定期的に婦人科検診を受けることも重要です。
特にアラフォー世代は様々な病気のリスクが高くなり、ホルモンバランスもどんどん変わっていく年頃。年に一度は婦人科検診を受けるようにしましょう。