OPEN CLOSE

食後の血糖値が気になる方のタブレット(粒タイプ)

特許取得!
約700種類の素材について文献調査や試験を行った結果、ヒハツの血圧改善作用を発見し、特許を取得しました。
特許番号第4797363号

血圧が高め※の方に、高めの血圧※を改善し正常な血圧を維持するヒハツ由来ピぺリン配合
※「血圧が高め」および「高めの血圧」とは、正常高値血圧(収縮期血圧が130mmHg~139mmHgまたは拡張期血圧が85mmHg~89 mmHg)のことです。

届出表示:本品にはヒハツ由来ピぺリンが含まれています。ヒハツ由来ピぺリンには、血圧が高めの方の血圧を改善し、正常な血圧を維持する機能があることが報告されています。

食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。
本品は、疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません。
本品は国の許可を得たものではありません。

血圧とは

血圧には最高血圧(収縮期血圧)と最低血圧(拡張期血圧)があります。
最高血圧は心臓が血液を送り出すために、心臓の筋肉を収縮させた時の圧力で、最低血圧は心臓の筋肉が拡張した時の圧力のことです。

機能性関与成分
「ヒハツ由来ピペリン」とは

ヒハツはコショウ科の植物で、その果実はスパイスや調味料として、昔から国内外で食されてきました。
ピぺリンは、ヒハツの果実に含まれる成分です。

ヒハツ

作用メカニズム

ヒハツ由来ピぺリンは血管内でNO(一酸化窒素)の産生を促し、血管を拡張させ、血流をスムーズにすることで高めの血圧が改善します。

出典:薬理と治療、45(7).1119-1127(2017)

サラシア由来サラシノールを摂取しない場合 サラシア由来サラシノールを摂取した場合

出典:薬理と治療、45(7).1119-1127(2017)

「ヒハツ由来ピペリン」
摂取による血圧の推移

研究レビューの根拠となった論文のうち、代表的な1報を事例として提示しています。

1〜2週間で高めの血圧を改善。
続けることで正常な血圧を維持します。飲むのをやめると、血圧が摂取前付近に戻ります。
食後30分の血糖値の上昇をゆるやかに
*:p<0.05(0週との比較)#:p<0.05(プラセボ群との比較)
食後30分の血糖値の上昇をゆるやかに
※プラセボとは、効果を発揮する成分が含まれない、見た目や味が類似したもののこと
方法
正常高値血圧者ならびにⅠ度高血圧者120名を2群に分け、「ヒハツ由来ピぺリン含有粉末緑茶」もしくはプラセボの粉末緑茶飲料を1日1袋、12週間継続して摂取させ、0週、1週、2週、4週、6週、8週、10週、12週、摂取終了4週間後に血圧を測定しました。
結果
「ヒハツ由来ピぺリン含有粉末緑茶」群は、プラセボ群と比較して、摂取1週間後から、最高血圧、最低血圧ともに有意に低下しました。また、それ以降も有意な低下が認められ、摂取終了時には正常血圧まで低下しました。飲むのをやめると、血圧が摂取前付近に戻りました。出典:小池田ら、薬理と治療、43(8)、1127-1139(2015)