OPEN CLOSE

コレスケア キトサン青汁

商品リニューアルいたしました

「コレスケア キトサン青汁」は、LDL(悪玉)コレステロールが高めの方に適した商品です。コレステロールの吸収を抑え、LDL(悪玉)コレステロールを低下させるキトサンを配合した青汁です。無農薬の国産大麦若葉を使い、青汁の製法にもこだわりました。
1回1袋、1日3回を目安に、約100mlの水やお湯によく溶かしてお召し上がりください。

【届出表示】本品にはキトサンが含まれます。キトサンには、コレステロールの吸収を抑え、LDL(悪玉)コレステロールを低下させる機能があることが報告されています。LDLコレステロールが高めの方に適した食品です。

本品は、事業者の責任において特定の保健の目的が期待できる旨を表示するものとして、消費者庁長官に届出されたものです。ただし、特定保健用食品と異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。

食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。

本品は、疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません。

コレスケア キトサン青汁コレスケア キトサン青汁
機能性表示食品機能性表示食品
[届出番号:D275]

機能性関与成分「キトサン」とは

「キトサン」は、カニの甲羅由来のキチンをさらに化学処理することで得られる不溶性食物繊維です。

キトサン摂取による
血清コレステロールの推移<研究レビューより>

研究レビューの対象となった論文のうち、代表的な1報を事例として提示しています。

方法
血清LDL-コレステロール値が159mg/dL以下の成人男女33名をキトサン含有青汁群(17名:平均年齢29.9歳)とプラセボ※群(16名:平均年齢31.6歳)に分け、それぞれ12週間摂取させ、0週、4週、8週、12週の血清LDL-コレステロール値を測定しました。
結果
キトサン含有青汁群はプラセボ群と比較し、血清LDL-コレステロール値が、摂取後8週、12週間後に有意に低下しました。

作用メカニズム(インビトロ及びインビボ試験に基づく)

血中コレステロールを原料として、胆汁酸が作られます(イメージ図中❶)。胆汁酸は小腸へ分泌されます(イメージ図中❷)。胆汁酸の一部は再吸収され、肝臓へ戻り、再利用されます(イメージ図中❸)。「キトサン」は小腸で胆汁酸を吸着し、便として排泄し、再吸収過程を抑制します(イメージ図中❹)。胆汁酸を補うために、血中コレステロールから胆汁酸を作る過程が活発になり(イメージ図中❺)、血中悪玉コレステロールが減少します。

イメージ図 イメージ図

コレスケア キトサン青汁
大麦若葉のこだわり

  • 国産100%
    九州(主に阿蘇地方)の大地と恵み
    農薬不使用・有機栽培
    化学肥料を使わず完熟堆肥で栽培
  • 搾らずにまるごと粉砕
    食物繊維をそのまま残す製法を採用
    超微粉砕法と顆粒加工
    粉っぽさを解消し、水に溶け易い
イメージ図 イメージ図

原材料に含まれる
アレルギー物質(27品目中)

注意:ワルファリン(抗凝固剤に含まれる成分)あるいはバルプロ酸ナトリウム(抗てんかん剤等に含まれる成分)を服用中の方は、医師、薬剤師に相談してください。

カニ

脂質(コレステロール・中性脂肪)
が気になる方へ