OPEN CLOSE

グルコケア 粉末スティック

「グルコケア 粉末スティック」は、糖の吸収を抑え、食後血糖値の上昇をゆるやかにする「難消化性デキストリン」を配合した「機能性表示食品」です。ホットでもアイスでもおいしくお召し上がりいただける、どんな料理とも相性の良い粉末タイプの緑茶です。

届出表示:本品には難消化性デキストリン(食物繊維)が含まれています。難消化性デキストリン(食物繊維)には、糖の吸収を抑え、食後血糖値の上昇を抑制する機能があることが報告されています。食後血糖値が気になる方に適した食品です。

食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。
本品は、疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません。
本品は国の許可を受けたものではありません。

グルコケア 粉末スティックグルコケア 粉末スティック
機能性表示食品機能性表示食品
[届出番号:D19]

「難消化性デキストリン」摂取におけるヒト試験結果

「グルコケア 粉末スティック」に含まれる食物繊維「難消化性デキストリン」には食後の血糖値の上昇を抑制する機能が報告されています。 「グルコケア 粉末スティック」に含まれる食物繊維「難消化性デキストリン」には食後の血糖値の上昇を抑制する機能が報告されています。
研究レビューの対象となった論文のうち、代表的な1報を事例として提示しています。

<「難消化性デキストリン」による食後血糖値の変化>
方法
健康成人28名に「難消化性デキストリン含有粉末茶飲料」もしくは普通の粉末茶飲料(いずれも100mlの湯に溶かしたもの)を飲みながら、食事(カレーライス:602kcal)を摂取していただきました。
結果
「難消化性デキストリン含有粉末茶飲料」を飲みながら食事を摂取したグループでは30分後の有意な血糖値上昇抑制効果がみられました。
食事とともにおのみください。血糖値は毎日の食事で対策しましょう。

作用メカニズム

エネルギーの源となる糖が血液中に取り込まれると、健康な人でも血糖値が上がりますが、血糖をエネルギーとして利用したり、グリコーゲンにして肝臓に蓄えるためにインスリンが働き、しばらくすると血糖値は下がります。食べすぎなどを繰り返して血糖値の高い状態が続くと、インスリンの分泌量が減少したり、働きが低下してしまい、さらに高血糖の状態が続くようになります。食物繊維「難消化性デキストリン」は、小腸での糖の吸収をおだやかにすることで食後血糖値の上昇をゆるやかにします。※本品は糖尿病の改善を目的とした商品ではありません。

「難消化性デキストリン」とは?

「グルコケア 粉末スティック」に含まれる「難消化性デキストリン」は、トウモロコシデンプン由来の安全性の高い水溶性食物繊維です。FAO(国際連合食糧農業機関)/WHO(世界保健機関)において、国際的に、1日摂取許容量の上限値を定める必要がない、毒性の低い食品素材として分類されています。