あなたが選べるパブロンセレクトシリーズ のど・せき・はなの症状にもとから効く あなたが選べるパブロンセレクトシリーズ のど・せき・はなの症状にもとから効く

※この医薬品は、「使用上の注意」をよく読んでお使い下さい。アレルギー体質の方は必ず薬剤師、登録販売者にご相談下さい。

あなたの気になるかぜの症状は?

かぜの症状が出るまで

かぜは、一般的に空気中に浮遊しているウイルス等が鼻やのどから入り、鼻やのどの粘膜で増殖して炎症を起こすことから発症します。
しかし、炎症がのどの粘膜で起こると、のどの痛み、さらにせきなどの症状が出たり、炎症が鼻の粘膜でも起きると、鼻みずや鼻づまりの症状が出たりします。

パブロンセレクトT、パブロンセレクトC、パブロンセレクトN パブロンセレクトT、パブロンセレクトC、パブロンセレクトN

のどの症状が気になるかぜには?

のどで炎症が起きると、のどがイガイガしたり痛みを伴ったりします。
こんな時は、まずは炎症を抑えてあげることが有効です。

また、ウイルスや細菌などのかぜの原因物質を体外に排出する機能を改善するため、荒れたのどをキレイに清浄化し、修復することも大切です。

かぜの時ののどの様子 かぜの時ののどの様子

イメージ図

そんな、『のどの症状がつらいかぜ』には『パブロンセレクトT』です。
“つらいのどの痛み”にもとから効く、のど関連4成分:イブプロフェン、グリチルリチン酸二カリウム、アンブロキソール塩酸塩、L-カルボシステインを配合しています。

荒れたのどを清浄&修復 パブロンセレクトT 荒れたのどを清浄&修復 パブロンセレクトT

せきの症状が気になるかぜには?

のどで炎症が起きると、のどが刺激を受けて脳の中にある「せき中枢」に信号が送られ、せきが出てしまいます。
せきが続くとのどの炎症が悪化して広がり、かぜが長引くことも。
まずは、せきをするように命令する「せき中枢」に働きかけて、せきを鎮めることが有効です。
また、のどの炎症をしっかり鎮めながら、かぜの原因物質を体外に排出してあげることも大切です。

かぜの時ののどの様子 かぜの時ののどの様子

イメージ図

そんな、『せきの症状がつらいかぜ』には『パブロンセレクトC』です。
“つらいせき”にもとから効く、せき関連5成分:アンブロキソール塩酸塩、キキョウエキス、オウヒエキス、ジヒドロコデインリン酸塩、dl-メチルエフェドリン塩酸塩を配合しています。

せきの発生元とたんに作用 パブロンセレクトC せきの発生元とたんに作用 パブロンセレクトC

はなの症状が気になるかぜには?

のどだけでなく、鼻の粘膜でも炎症が起きると、鼻の粘膜が腫れ上がってしまい、鼻づまりを起こしてしまいます。
こんな時は、鼻腔の中にある血管を収縮させて、鼻粘膜の腫れを鎮めてあげることが有効です。
また、鼻粘膜の炎症を抑えるとともに、かぜの原因物質を体外に排出してあげることも大切です。

かぜの時のはなの様子 かぜの時のはなの様子

イメージ図

そんな、『鼻の症状がつらいかぜ』には『パブロンセレクトN』です。
“つらいはなの症状(くしゃみ、鼻みず、鼻づまり)”にもとから効く、はな関連4成分:d-クロルフェニラミンマレイン酸塩、グリチルリチン酸二カリウム、塩酸プソイドエフェドリン、ヨウ化イソプロパミドを配合しています。

つらいはなの3症状をまとめて改善 パブロンセレクトN つらいはなの3症状をまとめて改善 パブロンセレクトN

用法・用量

用法・用量 パブロンセレクトT 用法・用量 パブロンセレクトT
用法・用量 パブロンセレクトC 用法・用量 パブロンセレクトC
用法・用量 パブロンセレクトN 用法・用量 パブロンセレクトN

ご購入はこちら

パブロンセレクトT パブロンセレクトT

パブロンセレクトT

パブロンセレクトC パブロンセレクトC

パブロンセレクトC

パブロンセレクトN パブロンセレクトN

パブロンセレクトN

パブロンかぜコンテンツ

豊富なラインアップ