OPEN CLOSE

かぜはどうやってひくの?かぜはどうやってひくの?

かぜ症候群はウイルスの違いや感染した場所によって、症状が異なります。一般的にはまず、空気中に浮遊しているウイルスが息を吸うことによって鼻やのどに入り、鼻やのどの粘膜で増殖して炎症を起こします。炎症がのどまで広がるとせきなどの症状が出たり、炎症が鼻の粘膜でも起きると、鼻みずや鼻づまりの症状が出たりします。

かぜの症状の起こる仕組み

かぜの始まりは、のどなどの粘膜から。かぜの始まりは、のどなどの粘膜から。

「かぜ」ってどんな病気?「かぜ」ってどんな病気?

通常「かぜ」と呼んでいる病気の正式な病名は「かぜ症候群」と言われる病気です。
「普通感冒」「インフルエンザ(流行性)感冒」「咽頭炎」「気管支炎」など主に上気道(空気の通り道)の急性の炎症を指します。
かぜ症候群の原因の80~90%はウイルスの感染で、他には寒さ・アレルギー・細菌感染などが挙げられます。
嘔吐や下痢が伴う「お腹のかぜ」と言われるのは「感染性胃腸炎」で、かぜ症候群とは違うウイルスが原因の場合が多いと言われています。

※インフルエンザ(流行性)感冒や、感染性胃腸炎が疑われる場合は、早めに医師の診断を受けて下さい。

「かぜ」の時の過ごし方は?「かぜ」の時の過ごし方は?

かぜをひいてせきが続くと、体力を消耗してしまうので、無理をせず睡眠などでゆっくり休んだり、バランスの良い食事で栄養を摂ったりして養生することが大切です。栄養を補うために、栄養ドリンクを飲むのも良いでしょう。
また、せき・鼻みず・のどの痛みなどのかぜの諸症状を緩和してあげることも大切なので、自分の症状にあったかぜ薬を薬剤師、登録販売者の方に相談をして選びましょう。
ただし、熱が高い場合はかぜではなくインフルエンザの可能性もあるので、無理せず病院で診察を受けましょう。

「冬のかぜ」と「夏のかぜ」の違いは?「冬のかぜ」と「夏のかぜ」の違いは?

夏のかぜは、冬のかぜに比べて高熱が続くことがあります。小児に多い咽頭結膜炎(プール熱と言われることがあります)もその一つです。また、「はやり目(流行性角結膜炎)」の原因となる場合があります。夏のかぜは、脱水症状を起こしやすいので、水分補給をこまめにしましょう。
冬のかぜは、鼻水・鼻づまり・せきといった症状が多く、のどかぜをひいた方からのウイルス飛沫で感染することも多いのが特徴です。冬に流行するかぜウイルスは、低温、乾燥が大好きなので、部屋の中の保温、保湿を心がけましょう。室温は20℃前後、湿度は60~70%位がおすすめです。また、外出時にはマスクなどで保湿してあげるのも良いでしょう。
夏も冬も油断せず、予防のために日ごろからこまめに手洗いやうがいを心がけましょう。

普通感冒とインフルエンザ(流行性)感冒はどう違うの?普通感冒とインフルエンザ(流行性)感冒はどう違うの?

普通感冒の症状

普通感冒とは「鼻かぜ」や「のどかぜ」のことで、潜伏期間はおおよそ5~6日。「ライノウイルス」、「アデノウイルス」、「RSウイルス」などのウイルスによって引き起こされます。症状としてはくしゃみ、鼻みず、鼻づまり、のどのいがらっぽさなど、鼻やのどの粘膜の異常が顕著にみられます。
鼻みずは症状が進むにつれて、サラサラした「水様」から粘り気のある「粘液性」へと移行していきます。発熱はあっても微熱程度で、頭痛や全身倦怠感など全身症状があっても軽いのが特徴です。

インフルエンザ(流行性)感冒の症状

インフルエンザは毎冬、11月から3月に急激に流行しやすい病気です。普通感冒に比べて症状が激烈で、通常、1~2日の潜伏期の後、まず38~39度の高熱が出て、悪寒や頭痛、倦怠感、筋肉痛、関節痛などの全身症状が強く現れます。鼻づまり、鼻汁、のどの痛みなど上気道の炎症をともなうこともあります。高熱は3~4日目に下がり始め、それとともに全身症状も軽快して10日以内に回復します。ただし、小さな子どもやお年寄りは、細菌の二次感染によって肺炎などを併発して重症化するケースもありますから、早めに医師の診断を受けましょう。

かぜの時、お風呂に入って良いの?かぜの時、お風呂に入って良いの?

かぜをひいている時にお風呂に入って良いかどうかは、一概には言えませんが、熱があったり、鼻みず、鼻づまりの症状が強いとき以外は、気分をスッキリさせたり代謝を高めるためにお風呂に入るのも良いでしょう。
ただし、かぜをひいたときのお風呂は、ぬる過ぎず熱過ぎないお湯にサッと入る程度にしましょう。大切なのは、湯冷めをしないこと。湯冷めしてしまうと、逆に症状が悪化したりする可能性もあります。
また、浴室やお風呂上りに過ごす部屋は、お風呂に入る前にあらかじめ暖かくしておき、すぐに寝ることができるように準備しておくことも大切です。

豊富なラインアップ

  • パブロンSゴールドW微粒
    パブロンSゴールドW微粒
    のどの痛み・せき・鼻みずに
  • パブロンSゴールドW錠
    パブロンSゴールドW錠
    のどの痛み・せき・鼻みずに
  • パブロンSα微粒
    パブロンSα<微粒>
    かぜの諸症状の緩和に
  • パブロンSα錠
    パブロンSα<錠>
    かぜの諸症状の緩和に
  • パブロンゴールドA微粒
    パブロンゴールドA<微粒>
    かぜの諸症状の緩和に
  • パブロンゴールドA錠
    パブロンゴールドA<錠>
    かぜの諸症状の緩和に
  • パブロンメディカルT
    パブロンメディカルT
    のどがつらいかぜに
  • パブロンメディカルC
    パブロンメディカルC
    せきがつらいかぜに
  • パブロンメディカルN
    パブロンメディカルN
    はながつらいかぜに
  • パブロンエースPro微粒
    パブロンエースPro微粒
    つらい《のどの痛み・熱》に
  • パブロンエースPro錠
    パブロンエースPro錠
    つらい《のどの痛み・熱》に
  • パブロン50錠
    パブロン50錠
    のどの痛み・発熱に
  • パブロン滋養内服液
    パブロン滋養内服液
    5種類の生薬配合
  • パブロン滋養内服液ゴールドA
    パブロン滋養内服液ゴールドA
    8種類の生薬配合
  • パブロン滋養内服液プレミアム
    パブロン滋養内服液プレミアム
    10種類の生薬配合
  • パブロンkidsかぜシロップ
    パブロンキッズかぜシロップ
    せき・鼻みず・熱に
  • パブロンkidsかぜ微粒
    パブロンキッズかぜ微粒
    せき・鼻みず・熱に
  • パブロンkidsかぜ錠
    パブロンキッズかぜ錠
    せき・鼻みず・熱に
  • こどもパブロン坐薬
    こどもパブロン坐薬
    お子さまの急な発熱に
    薬がのめない時にも
  • パブロンせき止め液
    パブロンせき止め液
    せき・たんに
  • パブロンうがい薬AZ
    パブロンうがい薬AZ
    お口の中・のどのはれに
  • うがい365
    うがい365
    お口の中の殺菌・消毒に
    詳しくはこちら
  • のどスプレー365
    のどスプレー365
    のどの痛み・はれに
    詳しくはこちら
  • マスク365
    マスク365
    花粉、ウイルスをカット
    詳しくはこちら