OPEN CLOSE

かぜ(普通感冒)と
インフルエンザ(流行性感冒)は
どう違うの?

かぜ(普通感冒)とは
「鼻かぜ」や「のどかぜ」のことだパ!

かぜは1年を通して見られ、秋から春にかけて流行しやすい病気だよ。感染してから症状が出るまでの潜伏期間はおおよそ5~6日。症状としてはくしゃみ、鼻みず、鼻づまり、のどの痛みなど、鼻やのどの局所症状が顕著にみられる。鼻みずは症状が進むにつれて、サラサラした「水様」から粘り気のある「粘液性」へと変わっていくよ。発熱はあっても微熱程度で、頭痛や全身倦怠感など全身症状は軽いのが特徴。でも無理は禁物だパ!

インフルエンザは、
かぜより症状が激烈パ!

インフルエンザは毎冬、11月から3月に流行しやすい病気だよ。
かぜに比べて症状が激烈で、通常、1~2日の潜伏期の後に高熱が出て、悪寒や頭痛、倦怠感、筋肉痛、関節痛などの全身症状が強く現れる。せき、のどの痛み、鼻みずなど局所症状をともなうことも多いんだ。インフルエンザにかかった時の高熱は通常3~4日目には下がり始め、全身症状も軽快して10日以内に回復するよ。でも、小さな子どもやお年寄りは、細菌の二次感染によって肺炎などを併発して重症化するケースもあるから、「インフルエンザかもしれない」と思ったら早めに医師の診断を受けよう。インフルエンザは怖い病気なんだパ。

かぜの基礎研究へ戻るかぜの基礎研究へ戻る