大人と子どもの乗り物酔いは違うの?

大人と子供の乗り物酔いは違うの? 大人と子供の乗り物酔いは違うの?

子どもの時は酔いやすかったのに、大人になってからはあまり酔わなくなった、という方が多いのではないでしょうか?
そのことから、子どもの方が酔いやすいと感じている方も多いでしょう。子どもは乗り物酔いしやすいのでしょうか?
子どもが酔いやすい理由や、大人は本当に酔いにくいのかについてみていきましょう。

乗り物酔いのしやすさと年齢の深い関係

乗り物酔いのしやすさと年齢の深い関係 乗り物酔いのしやすさと年齢の深い関係

乗り物酔いのしやすさは、小脳にある前庭小脳の発達段階によって変わります。
前庭小脳は体のバランスを平衡に保つ役割があります。3歳くらいまでの乳幼児は、まだ前庭小脳が発達していないため、ほとんど乗り物酔いすることがないと言われています。
4歳から12歳くらいまでの間は前庭小脳が発達し始めるため、外部からの刺激、つまり、揺れやスピードに敏感に反応し、乗り物酔いを起こしやすくなります。

ただし、この年齢の子どもでも、体質などによって乗り物酔いする子どもと乗り物酔いしない子供がいます。
乗り物酔いは自律神経とも深くかかわっているので、普段乗り物酔いしない子どもでも、体調不良や不安感、ストレスなどの影響で乗り物酔いすることもあります。

酔いやすいのは経験が少ないから

酔いやすいのは経験が少ないから 酔いやすいのは経験が少ないから

子どもが乗り物に酔いやすいのは、先ほど説明したように前庭小脳の発達状況によるところもありますが、揺れやスピードに対する経験が少ないことから、体の揺れの予知ができないという理由もあります。
これは大人の乗り物酔いにも言えることで、普段乗り物酔いしやすい人でも、自分で運転をしていると酔わなかったりするのは、揺れの予知ができるからです。

子どもの場合は、乗り物内で動き回ったり後ろを向いたりなど、不安定な姿勢でいるケースも多く、「酔いにくい姿勢」がまだ分からないのも酔いやすい原因の一つと考えられます。

大人になると酔いにくくなる?

大人になると酔いにくくなる? 大人になると酔いにくくなる?

20歳ごろから始まる前庭小脳の老化によって、揺れやスピードによる刺激への反応も鈍くなっていきます。さらに、経験によって揺れやスピードに慣れていくこともあり、大人になると乗り物酔いをしなくなる人が増えます。

しかし、前庭小脳の反応の強さは人によって違いがあるのに加え、乗り物酔いにはその人の体質やその日の体調、慣れていない揺れなどの外的要因、ストレスなどの心的要因などが影響します。大人だからといって必ずしも乗り物酔いをしないわけではありません。

乗り物酔いは、乗る前の準備や乗ってからの対処で防ぐことができます。酔いやすいという自覚がある人や「絶対に乗り物酔いをしたくない」という人は、対処法をチェックしておくと安心です。

乗り物酔いは、乗る前の準備や乗ってからの対処で防ぐことができます。酔いやすいという自覚がある人や「絶対に乗り物酔いをしたくない」という人は、対処法をチェックしておくと安心です。

監修プロフィール

坂田 英明(さかた・ひであき)先生 坂田 英明(さかた・ひであき)先生

川越耳科学クリニック院長
坂田 英明(さかた・ひであき)先生
耳鼻科医。埼玉医科大学医学部卒業後、目白大学保健医療学部教授等を経て、2015年に耳鳴り・めまい・難聴の治療を主にした川越耳科学クリニックを開設。YouTube「めまいにさよなら」でも情報を発信。