OPEN CLOSE

乗り物良いの豆知識

どうして子供は酔いやすいの?

子供の時は酔いやすかったのに、大人になってからはあまり酔わなくなった、という方が多いのではないでしょうか?
そのことから、子供の方が酔いやすいと感じている方も多いでしょう。子供は乗り物酔いしやすいのでしょうか?
子供が酔いやすい理由についてみていきましょう。

乗り物酔いのしやすさと
年齢の深い関係

乗り物酔いのしやすさは、小脳にある前庭小脳の発達段階によって変わります。
前庭小脳は身体のバランスを平衡に保つ役割があります。3歳くらいまでの乳幼児は、まだ前庭小脳が発達していないため、ほとんど乗り物酔いすることがないと言われています。
4歳から12歳くらいまでの間に前庭小脳が発達し始めると、外部からの刺激、つまり、揺れやスピードに敏感に反応するため、乗り物酔いを起こしやすくなります。


この年齢の子供でも、体質などによって乗り物酔いする子供と乗り物酔いしない子供がいます。
乗り物酔いは自律神経とも深くかかわっているので、普段乗り物酔いしない子供でも、体調不良や不安感、ストレスなどの影響で乗り物酔いすることもあります。

→乗り物酔いはどうやって起こるのか?

酔いやすいのは経験が少ないから

子供が乗り物に酔いやすいのは、先ほど説明したように前庭小脳の発達状況によるところもありますが、揺れやスピードに対する経験が少ないことから、体の揺れの予知ができないという理由もあります。
普段乗り物酔いしやすい人でも、運転をするときには酔わないと言われるのは、揺れの予知ができるからです。

また、子供は、乗り物内で動き回ったり後ろを向いたりなど、不安定な姿勢でいるケースも多く、「酔いにくい姿勢」がまだわからないのも酔いやすい原因の一つと考えられます。

大人になると酔いにくくなる理由

20歳ごろから始まる前庭小脳の老化によって、揺れやスピードによる刺激への反応も鈍くなっていきます。さらに、経験によって揺れやスピードに慣れていくこともあり、大人になると乗り物に乗ってもほとんど乗り物酔いをしなくなります。