年齢によって睡眠の課題は変わる!
年代別に見る睡眠対策

「若い頃は平気で10時間くらい眠れていたのに、最近はそんなに長く眠れない…」

そんな風に感じたことはありませんか?

赤ん坊から子どもになるにつれ睡眠時間が短くなりますが、大人になってからも睡眠時間は歳とともに短くなってくるのです。

眠ることにも体力は必要なため、睡眠時間は加齢と共に減少するようになっています。

今回は、年代で変わる睡眠の課題と、世代別の注意点を学びましょう。

<監修>
内山 真先生(日本大学医学部精神医学系主任教授)

精神保険指定医、日本睡眠学会 睡眠医療認定医。厚生労働省健康局発行『健康づくりのための睡眠指針2014』検討会座長。著書に『睡眠のはなし 快眠のためのヒント』(中公新書)など。

睡眠時間は加齢と共に短くなる!?

若い頃のように長時間眠れなくなったことに、不安を感じることはありません。

寝床に入って目が覚めている時間を除いた正味の睡眠時間では、加齢と共に減少することが明らかになっています。

15歳で約8時間
25歳で約7時間
45歳で約6.5時間
65歳で6時間

…と、年齢が上がるにつれて短くなっていることが、下記のグラフから読み取れます。

つまり、加齢と共に睡眠時間が短くなるのは、自然な変化ということ。

昔のように長く眠れなくなったからといって、睡眠に不安を覚えたり、無理に長く眠ろうとしたりするのはやめましょう。

かえって睡眠に悪影響を及ぼしてしまいますよ。

【子どもの睡眠の課題】
正しい睡眠習慣を身につけよう!

子どもは成長段階にあるので、体は十分な睡眠を欲しています。

必要な眠りを得るためにも、体内時計のリズムを整えて、正しい睡眠習慣を身につけておくことが大切です。

体内時計を整えるのに有効なのは、起床時間を一定にし、起きたら朝日を浴びること。

私たちの体に備わっている体内時計の1日はなぜか24時間よりも長いのです。

そのため、毎日リセットしていかなければ、ずれてしまい体が時差ボケのような状態に。

眠くなったりお腹が空いたりするタイミングが乱れていってしまいます。

子どもの場合、通学のために平日はほぼ同じ時間に起床することができますが、問題は休日です。

休日に昼まで眠っていたりすると、体内時計のリズムが乱れてしまうので注意しましょう。

【働き世代の睡眠の課題】
睡眠時間の確保が重要!

働き世代になると、仕事だけでなく、家事や育児、あるいは介護などと忙しく、つい睡眠時間を削ってしまいがち。

しかし、睡眠不足は仕事の作業能率の低下や、人為的な事故を招いてしまいます。

疲労回復や仕事の能率アップのためにも、毎日の睡眠時間はしっかり確保することが大切です。

1つの提案として、夜間に十分な睡眠時間を確保できなかった場合は、午後に短い昼寝をとるのがおすすめです。

昼寝は脳の疲労軽減などにも効果があり、アメリカのビジネスパーソンの間では、昼寝は「パワーナップ」と呼ばれ、脳と体にパワーを取り戻すスキルとして浸透しています。

ただし、睡眠不足は基本的に夜間の睡眠が充足されない限り解消できません。午後の早い時刻に15分程度の仮眠をとると眠気による午後の作用能力低下を回避できることがわかっています。

【シニア世代の睡眠の課題】
メリハリのある睡眠をとろう!

シニア世代になると、比較的時間に余裕が出てくることもあり、昼夜問わず眠ったり、長く眠ったりしてしまうことがあります。

シニア世代の睡眠の傾向として、眠たくないのに早い時刻から就床したり、必要以上に長く寝床で過ごしたりすることがありますが、それがかえって不眠を招いてしまうことに。

シニア世代では、眠くなってから寝床に入ることを心がけ、眠りが浅い時は遅寝や早起きにするなどし、メリハリのある睡眠を心がけましょう。

この機会に、自身の睡眠はもちろん、家族の睡眠も見直してみませんか?

健康の基本となるよい睡眠で、明日の活力を生み出しましょう!

よく読まれている関連記事