OPEN CLOSE
今すぐ試してみる

リポビタンDX リポビタンが錠剤になって新登場リポビタンDX リポビタンが錠剤になって新登場

日々の疲れを溜めていませんか?

あなたも、同じ悩みを抱えていませんか?
40代の方は、なんと4人に1人が
疲労に悩んでいることが分かっています。

※2019年9月末 大正製薬調べ 生活者インターネット調査 n=11,000

なぜ疲れがたまるのか、ご存知ですか?
1962年に誕生し、疲れと向き合い続けてきたリポビタンがお教えします!

疲れの原因

私たちは、身体を動かしたりすることでエネルギーを大量に消費しています。

その活動に必要なエネルギーは、身体の外から食事などで栄養を摂り入れ、睡眠などの休息をとることで補われています。

しかし、消費するエネルギーより補給するエネルギーが少ないと、身体の動きは鈍くなり「疲れた」という状態になってしまうのです。

「ならしっかり食べて、しっかり睡眠をとればいいじゃない」
と思いませんでしたか?

たしかにその通りなのですが、年齢を重ねると環境変化も伴い忙しくなったり、気を付けていても食事が疎かになりがちになったりしてそれがうまくいかない場合もあります。

また、そんな状態が続くことで、更にエネルギーが足りなくなることで疲れてしまいがち。

…と、40代になると若い時とは同じようにうまくいかないのは、あなたも身に染みて感じているのではないでしょうか?

だから「日々のエネルギー補給」が、あなたには必要なのです。

そんなあなたにぜひお試しいただきたいのが、大正製薬が研究に研究を重ねて開発した「リポビタンDX」

リポビタンDXには、タコやイカ、カキなどの魚介類にも多く含まれるアミノ酸の一種である「タウリン」や、三大栄養素である糖質・脂質・タンパク質をエネルギーに変換する作用がある「ビタミンB群(B1・B2・B6)」を配合しています。

また、エネルギーを作るだけでなく、睡眠系アミノ酸である「グリシン」も配合しているので、栄養不良に伴う眠りの浅さなども改善します。

開発裏話

栄養ドリンクの代名詞『リポビタン』で知られる大正製薬ですが、
実はこの商品を発売するまでの道のりは、簡単なものではありませんでした。

「日々の疲れに苦しむ方の悩みを解決したい」

生活者の元気と健康に寄り添いたいと考えている私たちは、
「リポビタンの錠剤化」にむけて議論や試験を開始しました。

「エネルギーを効率よく作り出すために、ビタミンだけでなくタウリンも配合したい!」

しかし、タウリンは錠剤化が非常に難しく、
ビタミンも熱に弱いという壁が私たちの前に立ちはだかったのです。

これらの有効成分を錠剤に入れるためには、
添加物を入れないとうまく成形することができません。

また、錠剤化するのが難しい成分を入れる場合、
添加物を多く配合して課題を解決していくことが一般的なのですが、
添加物を増やせば増やすほど錠剤が大きくなったり、服用量が多くなったりします。

ただ、それだと服用される方のストレスになってしまうので、
私たちはリポビタンの錠剤化のために試行錯誤を繰り返しました。

そして何度も失敗を繰り返し、添加物の量を最低限に抑えつつ、
なんとか小型の錠剤化に成功

しかし、出来上がった錠剤はこのままでは
とても服用しやすいとは言えませんでした。

タウリンの錠剤化に成功!しかし…

ビタミンB群は特有の臭いがあるのですが、
臭いの強さもそれぞれ違います。

臭いが強いビタミンB群を選ぶと、
臭くて服用すらできないため、
分厚いコーティングを行う必要があります。

しかし、それだと服用後の錠剤の崩壊速度が遅くなってしまうのです。

そのため、リポビタンDXは臭いが少ないビタミンB群を使用し、
ツルっと飲みやすく、且つ服用後も溶けやすい薄いコーティングを行うことに。

このように製剤の効き目にこだわりながら、成分の安定性を確かめる試験を繰り返し、
やっと納得のいくものが出来上がりました。

しかし、このような社内の試験だけでは
『指定医薬部外品』として効能を得ることはできません。

行政機関へ承認申請し行政による厳格な審査を経ることで
『指定医薬部外品』として効能を取得し、薬局・ドラッグストアなど
販売店様へとお届けできるようになりました。

そうして気づけば、
開発に着手してから約5年もの月日が経っていました。

ノンカフェインで飲みやすい

このような苦労を経て、リポビタンDXは
日々の疲れに悩む方々にお届けできるようになりました!

疲れで悩むあなたのために、
大正製薬のリポビタンDXの用法・用量は、1日1回3錠

しかも妊娠授乳期の方カフェインに敏感な方でも、
疲れに悩む方ならいつでも服用できるように、カフェインは配合していません。

1瓶に30日分をギュッと詰め込んでいるので、
疲れたときにいつでも服用することができます。

疲れていると、朝から気持ち良く過ごすのは難しいものです。

逆に「今日は良いことあるかも!?」
って、スッキリとした気分で一日が始まるなんて、素敵だと思いませんか?