秋の夜長は、睡眠を有効活用。 夏の疲れを解消しましょう!

季節によって、私たちの睡眠時間は変化するのをご存じでしたか?

昼間の時間が短くなる秋は、夏よりも睡眠時間が長くなるのは自然なこと。

この人間本来の体のリズムに従ってしっかりと睡眠をとることが、秋を健やかに過ごす大事なポイントです。

今回は、睡眠の仕組み&よい睡眠をとるコツを学んでいきます。

<監修>
内山 真先生(日本大学医学部精神医学系主任教授)

精神保険指定医、日本睡眠学会 睡眠医療認定医。厚生労働省健康局発行『健康づくりのための睡眠指針2014』検討会座長。著書に『睡眠のはなし 快眠のためのヒント』(中公新書)など。

秋は、本能的に眠る時間が長くなる

普段、あまり気にしたことがないかもしれませんが、睡眠時間は季節によって自然に変化しています。

夏が過ぎて秋の気配を感じるようになると、徐々に睡眠時間は長くなる傾向に。

夏に比べると、冬の平均睡眠時間は約30分長くなるとも言われています。

これは、なぜだと思いますか?

冬眠する動物は、秋分から冬至に向けて次第に眠る時間が長くなり、徐々に動かなくなります。

こうした本能的な体のリズムが、人にも生まれつき備わっているためだと考えられています。

秋の夜長=夜更かしではなく、自然のリズムに従って、夏よりも少し長めに睡眠時間をとるよう意識してみましょう。

夏に疲れた体は、しっかり眠って癒そう!

熟睡感が得られる睡眠は、疲れた体を癒す特効薬です。

睡眠中に分泌されている成長ホルモンは、子どもの成長にだけ必要と思われがちですが、ダメージを受けた細胞の修復や再生を促し、体の疲れを回復させるのにも役立っています。

ちなみに、成長ホルモンが最も多く分泌されるのは、その夜に最初に訪れた深い眠り(ノンレム睡眠)の時とされています。

以前はよく、22時〜深夜2時が、成長ホルモンが多く分泌されるゴールデンタイムといわれることもありましたが、これは間違いです。

近年の日本の夏は、気温35℃以上の猛暑日になることが珍しくありません。

その暑さを耐えてきた体は、かなりお疲れモード。

その疲れを癒すのに、毎日の睡眠を活用しない手はありませんよね。

次は、疲れをとるためにどのぐらい寝たらよいのか、自分に適した睡眠時間を見つける方法をご紹介します。

自分にぴったりの睡眠時間を知るには?

私たちの体は、いわゆる「寝だめ」をすることはできません。

毎日適度に睡眠をとることが大切なのです。

1つの目安として、成人の場合、健康な人の睡眠時間は6時間台から7時間台です。

たくさん眠ろうと長い時間寝床についていても、生理的な睡眠時間を大きく超えて、長く眠ることはできないようになっているのです。

適切な睡眠時間には個人差がありますが、

「日中に強い眠気に悩まされていない」
「もう少し眠っていたいと思う程度で起きる」

この2つが指標となります。

自分にとって適正な睡眠時間を見つけるには、まず同じ睡眠時間を1週間キープすることから始めます。

その週の休日にいつもより2時間以上多く眠ってしまう場合は、慢性の睡眠不足の可能性があります。

下記の方法で適正な睡眠時間を見つけましょう。

お湯はぬるめの入浴でスムーズな入眠を

夏はシャワーだけで済ませていたという人も、秋になったら、よい眠りのためにも湯船に浸かるようにしてみましょう。

私たちの体は、手の甲や足の甲などから熱を逃がして体の深部の温度を調整しています。

手足から熱を逃がして体内の温度が下がると、体は休息状態になり、眠気を感じるのです。

そこで有効なのが就寝前の入浴です。

就寝の30分〜1時間前に、40℃程度のぬるめの湯に浸かってみましょう。

入浴後、放熱が活発になって、深部の温度が下がり、スムーズな入眠を誘います。

ぬるめの湯に浸かる入浴習慣で、スムーズに入眠。

ゆっくり休んで、成長ホルモンをしっかり分泌させて、夏の疲れをすっきり解消していきましょう♪

よく読まれている関連記事