眠れる女性がキレイなのには理由がある!?

睡眠とアンチエイジングの関係とは

寝不足や不眠は顔にも疲労感が出てしまうので、女性の敵といっても過言ではありません。

眠っている時間は美と健康をつくる大切な時間。

睡眠と深い関係にあるメラトニンと成長ホルモンがそのカギを握っています。

強力な抗酸化力を持つ「メラトニン」とは?

私たちが眠っている間には、睡眠ホルモンの「メラトニン」が働いています。

このメラトニンは、朝起きて光が目に入ってから14〜16時間後に脳深部の松果体から分泌され、心身をリラックスモードにすることで、自然な眠りを促す働きをしています。

このメラトニン、実は強い抗酸化力も持っているのです!
その効果はなんと、抗酸化ビタミンとされるビタミンCやビタミンEを上回るとも言われています。

実際に寝不足の状態が続くと、肌にハリがなく、疲れた印象をもたれた経験はありませんか? こうなるのはメラトニンの減少により、体の抗酸化力が弱まったためなのです。

抗酸化力が弱まったことにより、体内の細胞組織が活性酸素からのダメージを受けやすくなってしまい、老化を進めてしまうのです。

お肌のゴールデンタイムが変わった!?

睡眠中に分泌されているもう1つの大事なホルモンが、「成長ホルモン」です。

子どもの成長に必要なものと思われがちですが、大人になっても分泌されており、疲労回復には欠かせないホルモン。
ですから、睡眠時間が短いと、疲れをためやすいといえるのです。

また、肌をキレイに保つのにも成長ホルモンが関係しています。ダメージを受けた細胞の修復・再生・肌のターンオーバーの正常化を促し、アンチエイジングに一役買ってくれているのです。

この成長ホルモンは、これまで22時〜深夜2時に多く分泌されると言われてきました。
この情報によって、「お肌のために22時には寝なくっちゃ」と思っていた人もいるでしょう。

ところが、近年では、様々な研究によって22時〜深夜2時がゴールデンタイムという考え方は科学的に否定されているようです。

何時に寝て、何時間ぐらい眠ったらいいの?

では、成長ホルモンはいつ分泌されるのでしょう。

それは、“その夜最初に訪れた深い眠りの時”です。

成長ホルモンはメラトニンによっても分泌が促されるので、メラトニンの分泌量が多くなる深夜1〜3時に深い眠りに入っている状態をつくりましょう。

そのためには、日付が変わる0時までには就寝し、7時間程度眠るのが理想的です。

睡眠が最強のアンチエイジングといえるのは、ダイエット効果も得られるため。

熟睡感が得られるような睡眠をとっていると食欲中枢が整い、正しい食生活ができるようになります。
さらに、体の代謝も良くなるため、痩せやすいのです。

痩せやすいカラダを手にいれるためには、しっかり眠ること。これがダイエットの鉄則です!
このように、睡眠は美容面にも大きく関係しています。

高い美容液に頼ったり、食事制限でダイエットに励んだりする前に、まずは熟睡感のある睡眠をしっかりとることを目指しましょう♪

よく読まれている関連記事