あなたの精神疲労、原因はどれ?
疲れの正体を知って適切な対策を

現代は、仕事や家庭、人とのコミュニケーションなど、さまざまなことが原因で精神疲労が溜まります。

精神疲労に気づかずに頑張りすぎると、自律神経失調症やうつ病にもつながるため、早めの対策が必要です。

今回は精神疲労の原因と対策について、井上智介先生にお伺いしました。

<監修>
井上智介先生
島根大学を卒業後、様々な病院で内科・外科・救急・皮膚科など、多岐の分野にわたるプライマリケアを学び臨床研修を修了する。
平成26年からは精神科を中心とした病院にて様々な患者さんと向き合い、その傍らで一部上場企業の産業医としても勤務している。

現代社会は精神疲労が溜まりやすい?

現代社会は、肉体的な疲労よりも精神的な疲労のほうが大きくなっています。

それは、第一次産業、第二次産業に従事する人も含めて、円滑な人間関係をつくったり、パソコンを使ったり、脳を酷使する仕事が多くなっていることが原因の1つといえます。

メンタルが強いや弱いといったことではありません。

脳に疲労が溜まることで、仕事や日常生活に影響が出ることこそが、精神疲労なのです。

精神疲労と肉体疲労で、大きく異なる体の反応は睡眠です。

肉体疲労が溜まっているときは、すぐに眠たくなるのは誰もが経験することではないでしょうか。

しかし、精神疲労のときは、脳が覚醒して休まらずに過活動な状態になり、うまく眠ることができません。

私たちは、肉体疲労を感じたときに休む必要性をよく知っています。

しかし、精神疲労については、その必要性を知らない人も多いのです。

自分自身に精神疲労が溜まっていることに気づくようにしましょう。

精神疲労が溜まっているかチェックしよう!

精神疲労が溜まってくると、脳の働きが鈍ってくるだけではありません。

自律神経失調症のように、体のさまざまな部位に不調を感じるようになります。

精神疲労が溜まったときに起こりやすい、典型的な13個の変化についてお伝えします。

・気持ちが晴れない
・イライラしやすい
・集中力が低下している
・本や新聞を読んでも、内容が頭に入ってこない
・ひどい肩こりが続いている
・音を敏感に感じる
・動悸がよく起こる
・呼吸が浅くなって、息切れしやすい
・胃やお腹に違和感が続いている
・食事の時間が短くなった
・食べる量が変わった(増量 or 減少)
・寝つきが悪くなった
・睡眠の途中で何度も目が覚める


普段と比較して、どれほど変わったかどうかを知ることが大切です。

上記の13個中で6個以上当てはまるものがあれば、精神疲労がたまり始めていると言ってよいでしょう。

あなたの精神疲労、原因はどれ?
疲れの正体を知ろう!

現代社会において、精神疲労の原因の多くは、仕事の中に存在します。

かつては農作業など肉体労働が多く、五感をフルに活用する仕事が多くを占めていました。

現在はIT社会となり、PCやスマートフォンなどを用いて仕事をするため、視覚からの情報が多くなり、疲労の蓄積が肉体から脳に変わるようになってきました。

<過重労働>
高度情報化社会により、どこにいても仕事ができるようになりました。

職場にいなくても、連絡を簡単にとることができ、深夜や休日にも連絡が来る精神疲労がたまりやすい環境になりました。

地球の裏側との連携も即座に可能になり、諸外国の時間に合わせて会議を行う会社も出てきました。

皮肉なことに、ITが発展しているにもかかわらず、時間外労働が減っているわけではありません。

長く働けば働くほど、脳の過活動の時間が続き、精神疲労が一気にたまりやすくなりました。

<人間関係>
現代は、転職などを行って、スキルアップを行うのがよくある働き方です。

1つの会社で定年まで勤めあげるのは、当たり前ではなくなりました。

年功序列などもなくなり、10歳以上も年上なのに、自分の部下であるといった環境もよくみられます。

また、正社員に限らず、派遣社員やパートタイム勤務、在宅勤務などをはじめとして、さまざまな働き方が広がっています。

会社の中で過ごす時間帯にズレも多くなり、どうしても対面のコミュニケーションがとりにくくなったり、メールやチャットで細かいニュアンスが伝わらなかったりすると、精神疲労につながるのです。

精神疲労の対策をご紹介!

<疲れているときは仕事を60%の力で>
精神疲労を解消するためのポイントは、いかに脳を休ませるかということです。

そのためには、精神疲労が溜まっていると感じたら、しっかりと休む必要があります。

会社の仕事で100%の力を使い果たして、家に帰ってから家事や子育てをしていたら、ヘトヘトになるのは明らかでしょう。

そのため、精神疲労を感じたときこそ、仕事の負担を60%くらいに抑える必要があります。

この時点で、精神疲労から目をそらして無理をしてしまうと、うつ病などの精神疾患に至る可能性が上がってしまいます。

まとめ

現代は、精神疲労が溜まりやすい世の中になっています。

だからこそ、自分で疲労に気づいてください。

そのうえで、精神疲労の原因をしっかり分析しましょう。

原因に基づいた対処をすることで、限界を超えてしまう前に、精神疲労を解消することができます。

よく読まれている関連記事