つらい眼精疲労の症状
日常生活の中にある原因とは?

誰しもが経験したことがある眼精疲労。

その原因は、あなたの日常生活にあるかもしれません。

また、眼精疲労には、目や体の病気が関係していることもあるそうです。

今回は、眼精疲労の症状と原因について、坪田智子先生に教えていただきました。

<監修>
坪田智子先生
大学卒業後、研修を経て2010年大学病院入局。
大学病院で修行を積む、一般病院、クリニック外来などで勤務。
日本眼科学会専門医。

そもそも眼精疲労とは?

実は「眼精疲労」という言葉に厳密な定義はなく、何をもって眼精疲労というかは、あいまいです。

目そのものの症状だけではなく、まぶたや目の周りの筋肉の疲れから、頭痛、肩こりなどを感じることもあります。

眼精疲労にはどのような症状がある?

眼精疲労という言葉に含まれる症状を挙げてみます。

・目の疲れ、重い感じ
・まぶしい
・見えにくい
・目がかすむ
・物が重なって見える
・しょぼしょぼする
・痛い
・涙が出る
・目が乾く
・目の充血
・頭痛
・首や肩のこり
・腕の痛み など


これらすべてが現れるわけではなく、これら以外の症状が出ることもあるので気を付けましょう。

日常生活の中にある眼精疲労の原因とは?

日常生活に潜む眼精疲労の原因について見ていきましょう。

<目の使い過ぎ>
特にパソコンやスマートフォンなど、まぶしく光る画面を見続けると眼精疲労が起きやすくなります。

画面を長時間見て、同じような姿勢で行う作業は「VDT作業(VDT:Visual Display Terminal)」と呼ばれます。

このVDT作業に伴って起こる眼精疲労・肩こりなどを「VDT症候群」と呼ぶことがあります。

作業の途中には、こまめに休憩を挟むようにしましょう。

<メガネやコンタクトレンズの度数が合っていない>
近視・遠視・乱視といった度数は人によって異なります。

メガネやコンタクトレンズが自分の目に合っていないと目が疲れやすくなります。

度数が合っていないと、見ようとするものにピントを合わせる作業が多くなるからです。

また、メガネやコンタクトレンズの度数を、遠くがよく見える状態に合わせており、そのまま近くのパソコンやスマートフォンなどを長時間見ると、眼精疲労につながります。

そのほかにも、老視(いわゆる老眼)や、左右の目の度数が大きく異なる場合も、より疲れを感じやすくなるため、定期的に視力検査をするなど注意が必要です。

<その他の環境要因>
同じ目の使い方をしても、部屋の明かりがまぶしすぎる、紫外線が強い、音がうるさい、不快なにおいがある、エアコンなどの風が顔に当たるなどがあると、眼精疲労を感じやすくなる傾向にあります。

眼精疲労の原因は、あなたの目にある!?

日常生活で特に目に負担をかけていないにもかかわらず、眼精疲労の症状が重い場合は、あなたの目や体に原因があるかもしれません。

<乾き目(ドライアイ)がある>
目の乾きがあると、違和感や不快感が強くなりがちです。

部屋が乾燥しないように加湿器をつけたり、ドライアイ用の目薬をさしたりして対策しましょう。

<目の位置がずれている>
人間の目はもともと外を向いていますが、目の周囲の筋肉の力により、見ようとするものに向けて目を内向きに寄せています。

目の位置がもともと外にずれやすい人の場合は、内側に寄せるために力が必要になり、疲れやすくなる場合があります。

<まぶたに問題がある>
まぶたの筋肉や、筋肉を動かす神経の問題による眼瞼下垂があると、目が開けにくくなり、眼精疲労につながります。

日常生活に支障をきたしている場合は、外科手術で治療が可能なため、眼科を受診しましょう。

<全身の問題>
消化器、心臓、血管、血圧、腎臓、血液、ホルモン、脳神経、副鼻腔、頭のケガなど、さまざまな問題が関与して、眼精疲労が起こることがあるとされています。

全身の調子が悪いと、目にも不快感を持ちやすくなる可能性があります。

また、同じ作業をしていても、精神的なストレスがあるかどうかで、疲労度合は変わってきます。

眼精疲労の対策は、原因に応じたものを

眼精疲労は、子どもから高齢者まで誰もが経験することがあります。

症状も原因も人によってさまざまです。

眼精疲労を感じる場合は、お伝えした原因に応じた対策が必要になります。

日頃から作業環境を整え、適度に休憩を取る習慣をつけましょう。

また、目のケアだけではなく、全身の調子を整え、ストレス解消をすることも大切です。

自分で対策をしてみても眼精疲労が続くというときは、眼科に相談することをおすすめします。

よく読まれている関連記事