秋バテに効く肉レシピ。旬の食材で疲労回復!

秋バテに効く肉レシピ。 旬の食材で疲労回復! 秋バテに効く肉レシピ。 旬の食材で疲労回復!

秋に入り、最近少しずつ肌寒くなってきました。

過ごしやすくなる季節ではありますが、気温の変化や夏にたまった疲労を引きずってしまいがちです。

そんなときこそ、秋が旬の食材を取り入れてみませんか?

今回は、旬の食材を使ったお肉料理のレシピをご紹介します。

<執筆者>
宮﨑 奈津季
管理栄養士・薬膳コーディネーター

女子栄養大学実践栄養学科卒業。介護食品メーカーで営業を2年経験後、独立。
料理研究家ユニット「ちゃあみー」として活動。2019年1月に合同会社HITOOMOIを設立、取締役に着任。
菓子メーカーの営業代行・商品開発や、レシピ開発、料理動画撮影、記事・コラム執筆、監修などを行う。誰かのための料理、労わる料理、作り手も気負わない料理を大切にしている。

HP:https://www.hitoomoi.com/
BLOG:http://charmingcookingclass.hatenablog.jp/
Instagram:https://www.instagram.com/natsuki___m/
Twitter:https://twitter.com/mm_natsuki
Note:https://note.mu/mxnx1109

なぜ旬の食材を食べると良いのか

よく「旬のものを食べるとよい」と言われますが、旬の食材を選ぶとどのようなメリットがあるのでしょうか。

まず理由として挙げられるのが、旬の食材は栄養価が高いということです。

見た目はそれほど変わらなくても、旬の時期の食材は栄養価が高くなります。

例えば冬に旬を迎えるホウレンソウは、夏に出荷されたものと比べて約3倍以上のビタミンCが含まれています。

加えて、旬の食材は味が濃く香りも強いため、調味料を少なくして食材本来の味をおいしく楽しむことができます。

さらに、旬の時期の食材は多く採れるので価格が安くなります。

旬の食材は栄養価が高く、おいしく食べられて、しかも安い
……と、うれしいことずくめなのです。

旬の食材には、その時期特有の体の不調を整えてくれる作用があるものもあります。

例えば、夏野菜は体温を下げる効果がある食べ物が多く、冬野菜は逆に体を温めてくれる効果がある食べ物が多いです。

旬の食べ物を意識することで、季節に合わせて体調を整えることができるのです。

旬があることは、四季がある日本ならではの特徴です。

食卓に旬の食材を取り入れることで、忙しい毎日ではなかなか感じられない季節を楽しむことができるでしょう。

参照:文部科学省「食品成分データベース」
https://fooddb.mext.go.jp/index.pl

食材に含まれる栄養と疲労への効果

「夏バテ」という言葉をよく聞くと思いますが、近年は「秋バテ」をする方が増えています。

秋バテとは夏にたまった疲労や、夏バテによる食欲不振からの栄養不足を引きずってしまうことで、だるさなどの症状が出てくることです。

食欲が無いときは胃腸が疲れている可能性があるので、まずは胃腸を元気にしてあげましょう。

例えば、秋に旬を迎えるキノコ類は食物繊維を豊富に含んでおり、疲れた腸内環境を整えてくれます。

また、疲労回復に効果を期待できるビタミンB群も含まれています。

ビタミンB群にはタンパク質の代謝をサポートするはたらきがあり、良質なタンパク質を含むお肉と相性が良いです。

お肉のなかでも豚肉にはビタミンB1が含まれているためエネルギー代謝の効果があり、一方で牛肉には鉄分も含まれているため貧血や疲労感の改善・予防にも効果的です。

秋にこそお肉と旬のキノコをメインに食べることで、疲れを残さない食事を意識しましょう。

秋におすすめしたい疲労回復×肉レシピ2選

キノコと豚バラ肉の炊き込みご飯

キノコと豚バラ肉の炊き込みご飯 キノコと豚バラ肉の炊き込みご飯

<材料:3~4人分>

  • 米:2合
  • 豚バラ肉:150g
  • しめじ:1袋
  • エノキ:1/2袋
  • 酒:大さじ1
  • 白だし:大さじ3
  • 醤油:小さじ1
  • 水:300ml
  • 三つ葉:適量

<作り方>
1.米は洗って水に浸し(夏場は30分、冬場は90分が目安)、ザルにあけ水気を切る。

2.三つ葉は食べやすい大きさに切る。エノキ、シメジ、は石づきを切り落とす。エノキは食べやすい大きさに切る。シメジは手でほぐす。豚肉は長さ4cmに切る。

3. 炊飯器に米、酒、白だし、醤油を入れ、2合の目盛りまで水を加えて軽くかき混ぜる。エノキ、シメジ、豚肉を乗せて炊く。炊き上がったら器に盛り、三つ葉を乗せる。

<ポイント>
疲労回復に効果的なビタミンB1を、豚肉とシメジ・エノキを通してしっかり摂ることができるレシピです。

豚バラ肉を使うことで、コクが出て調味料が少なくてもおいしくなります。

ご飯の炭水化物をエネルギーにする代謝を、ビタミンB1にサポートしてもらいましょう!

エリンギと牛肉のオイスター炒め

エリンギと牛肉のオイスター炒め エリンギと牛肉のオイスター炒め

<材料:2人分>

  • 牛モモ薄切り肉:200g
  • エリンギ:1パック
  • ピーマン:2個
  • パプリカ:1/2個
  • ショウガ:1片
  • ごま油:大さじ1
  • 塩こしょう:少々

◆タレ

  • 酒:大さじ1
  • 砂糖:小さじ1
  • オイスターソース:大さじ1

<作り方>
1.エリンギは5mm幅に斜め切りにする。ピーマン、パプリカは種を除き細切りにする。ショウガは皮をむき千切りにする。牛肉は細切りにする。

2.ボウルに◆の材料を全て入れて混ぜる。

3.フライパンにごま油を入れて温め、牛肉を入れて塩こしょうを振り中火で炒める。

4.牛肉に半分程度火が通ったら、ピーマン、パプリカを加えて全体に油が回るように混ぜる。

5.◆タレを加え、強火で水気を飛ばす。

<ポイント>
牛肉には鉄分が豊富に含まれています。

牛肉をビタミンCが豊富なピーマン・パプリカと一緒に摂取することで、鉄分の吸収率がUPします。

貧血や疲労感の軽減に効果が期待できます。

まとめ

旬を迎えた食材そのものの味を生かして料理をすると、より秋を感じることができます。

今回紹介した疲労回復レシピで秋バテ対策をしておきましょう!

食卓に旬を取り入れて季節の食事を楽しんでくださいね。

よく読まれている関連記事