OPEN CLOSE

乗り物良いの豆知識

乗り物酔いは克服できる

乗り物酔いが怖い…その思いが、さらに酔いやすい状況を作り出しているのかもしれません。
乗り物酔いがイヤだからできるだけ乗り物に乗らない、という方は、その行動が、逆に乗り物酔いを助長しているかもしれません。
乗り物酔いは「慣れる」ことである程度は克服できるのです。乗り物酔いの克服方法を見ていきましょう。

乗り物に乗って慣れることが大切です

乗り物酔いを克服するためには、乗り物の揺れやスピードに慣れることがまず大切です。同時に、平衡感覚・バランス感覚を鍛えるために、三半規管の機能を高める訓練を行いましょう。
例えば、次のような方法を実践してみましょう。
乗り物に慣れましょう
乗り物酔いは、小さな乗り物ほど揺れが大きく酔いやすいと言われています。なので、まずは、バスなどの大型の乗り物から始めるとよいでしょう。まずは、近くの距離からはじめ、だんだんと距離を延ばせるとよいですね。同じルートをたどると、体がその揺れを覚えるので酔いにくくなります。慣れてきたら、小型の乗用車などに乗ってみましょう。段階を踏むことで、少しずつ揺れやスピードに慣れていきますから、乗り物への苦手意識が少し弱められると思います。
寝返りを打って、
平衡感覚を鍛えましょう
寝返りを打つと平衡感覚が乱されます。寝返りを繰り返すことによって平衡感覚が鍛えられ、三半規管の機能強化につながります。ごろごろと何度も寝返りを打ってみましょう。同じ理論で、前転(でんぐり返し)や後転運動、頭を振る、しこを踏むといった運動もバランス感覚を鍛えるのにオススメの方法です。
子供の場合は、遊びを通して
乗り物酔いを克服できます
滑り台やブランコは、揺れやスピードに慣れるのに有効な遊びです。揺れやスピードを感じる遊びは、遊びながら乗り物酔いのトレーニングができるので、遊びに取り入れてみましょう。

乗り物酔いするかどうかは、
気分によっても変わる

乗り物酔いの不思議なところは、乗り物の揺れや体感するスピードと共に、「酔うかもしれない」と思うことが乗り物酔いを誘発するところです。
乗り物酔いしやすい方は、乗り物酔いに対する不安感によって、ほんの少しの揺れやスピードでも不快感を覚えることが多くあります。
乗り物酔いしやすい人に行った実験で、砂糖水を酔い止め薬と言って飲ませたところ、半数以上の人が乗り物酔いにならなかったという結果も得られています。薬を飲んだ安心感から、乗り物酔いに対する不安感が少なくなったためと考えられます。

乗り物酔いを繰り返す場合は
耳鼻科やめまい外来を受診しましょう

頻繁に嘔吐するほどひどい乗り物酔いを繰り返している場合や、20歳を過ぎても酔いやすいと感じている場合は、乗り物酔いではない別の病気かもしれません。耳鼻科やめまい外来を受診しましょう。
乗り物酔いには、内耳と脳が深くかかわっています。内耳の機能障害や脳に異常があると、めまいやふらつきが起こり、乗り物酔いにつながります。
また、自律神経失調症の方、低血圧の方、ぜんそくやアレルギーをお持ちの方も、乗り物酔いを起こしやすいといわれています。