ノックオン

ボールを持っていたプレーヤーが前にボールを落とした時や、キャッチしそこねて前に落とした時に適用される反則。
ノックオン後は、ノックオンした地点から、相手チームがボール投入権をもった状態でのスクラムでプレイが再開されます。

スローフォワード

プレーヤーが前方に向かってボールを投げたり、パスをした際に適用される反則。
基本的には相手ボールのスクラムから再開されます。

ノットリリースザボール

タックルをされた選手が、倒れたにも関わらずボールを離さずに持ち続ける反則。相手のペナルティキックから再開します。
ラグビーでは基本的に「立っていない選手はプレーに参加してはいけない」という原則があります

オブストラクション

オフェンス側の選手がディフェンスを妨害した場合に適用される反則。ディフェンスを邪魔する位置にいたり、ボールを運んでいるプレーヤーをかばう行為をとった時に適用され、相手方のペナルティキックから再開します。

オーバーザトップ

タックル後や、ラックなどの密集状態のときに、相手側に倒れこんでボールが出るのを邪魔する反則です。相手のペナルティキックから再開となります。

オフサイド

基本的にボールより前にいる選手がプレーに関与した場合、反則になります。相手のペナルティキックで再開します。
また、スクラムやラック、モールなどで、ボールが出るよりも早く飛び出してしまうと、オフサイドの反則を取られてしまいます。


トライ/コンバージョン

相手陣地の得点エリア(インゴール)の地面にボールを接地させると「トライ」で5点、さらに「コンバージョン」と呼ばれるゴールキックの機会が与えられ、成功すると2点が得られます。

ペナルティゴール

相手がペナルティを犯した場合、その地点からペナルティゴールを狙うことができます。
成功すれば3点が得られます。必ず得点できるわけではないので、成功する可能性が高い時だけに狙うことが多いです。あえて5点が得られるトライを狙うことも。

ミスマッチ

「体の大きな選手」が「小さな選手」、「足の速い選手」が「足の遅い選手」などの特徴差がある選手同士によっておきる攻防のこと。
ミスマッチを意図的に作り出すことにより、攻撃側はより有利な状況を作り出し、防御を崩していきます。

ジャッカル

タックルされて倒れた相手から、ボールを奪うプレーのこと。
相手の攻撃権を奪うことになるので、ピンチをチャンスに変えるビッグプレー。タックル後のジャッカルしようとする選手と、させまいとする選手の攻防にも注目です!

オフロードパス

タックルをされながら、味方にボールをパスすること。
複数の敵方を引きつけてパスをするので、味方の数的優位を作りやすく、大きなチャンスを作り出すことができるビッグプレー。一方で失敗のリスクも高く、大きなピンチを招くことも。

アングルチェンジ

攻撃時に行われる非常に有効な手法の一つ。
ボールをもらう際に、急に方向を変えたり、味方の後ろからボールの流れとは逆方向に走り込んだりすることで、相手の防御陣形を撹乱させたりすることができます。

アンストラクチャー

攻撃側も防御側もお互いに陣形が整っていない状態のこと。
攻撃側も整っていないため失点するリスクも高いですが、得点チャンスを見出すために、あえて採用します。スペクタクルな攻防が見られるラグビーの見どころの一つです。