硬くてもできるヨガで疲労回復

慢性的な緊張や強い責任感、不安感から、人は無意識に体を強張らせてしまいます。

ヨガは、そうした長年頑張り続けてきた方の筋肉組織や筋膜を緩めるのに、とても役立ちます。

「体が硬いからヨガは無理」と思った方でも、幼少期には柔らかかった覚えはありませんか?

体が硬いという方は、日ごろ体を動かさなくなってしまったことで、だんだん筋肉や筋膜組織も動かなくなってしまったのです。

そのような体が硬いという方ほど、もつれた糸をほどくようにヨガをしてみましょう。

「ホォッ」と大きな呼吸とともに、緊張の糸がほぐれると体も緩んできます。

<監修>
峯岸 道子
ヨガインストラクター
35年余り日本のフィットネス界を牽引、その後ヨガの指導、メソッド開発、指導者育成等に携わる。 肩回りのセラピーに有効なヨガ棒というツール、肩甲骨ヨガⓇ、背骨メンテナンスヨガ等のメソッドを開発。 海外でも指導者を育成、そのテクニックは高く評価され、国内外のカンファレンスでも人気がある。

体の硬さと疲労には関係がある?

「疲れたなぁ」と感じるのは、どんなときでしょうか?

例えば以下のようなときがあると思います。

・根詰めて仕事したあと、デスクワークが長時間続いたあとなど「体を動かさず、緊張を強いられて同じ姿勢をとっていた」とき。

・スポーツや肉体労働で「体を酷使した」とき。

このようなときは、いずれも筋肉、筋膜が硬く強張った状態になっています。

筋膜、筋肉組織の中では、血液やリンパの流れにより老廃物の回収や栄養、酸素の授受もおこなわれています。

そのため、それらの組織を硬いまま放置すると、体内の循環が悪くなり、よどんだ感覚が残る状態となります。

これらの「強張り感」や「循環の悪さ」が「疲れた」という感覚を呼び起こすのです。

では「体が硬い」ということはどういうことなのでしょう?

硬い部分にも種類がありますが、以下の3カ所の硬さが相互に関わり合って体の動きを制限しています。

①関節
②筋肉
③筋膜


関節を動かすのは筋肉なので、筋肉と筋膜の硬さが体の硬さの大きな要素になります。

現在、体が硬いという方でも、幼少期はそうではなかったと思います。

年を重ねるごとに体が硬くなってしまったのであれば、体の循環の停滞を起こしやすくなった、つまり「疲れ」を感じやすい体になってきたと言えるでしょう。

体の硬さ改善にはヨガも効果的

体は正直です。
メンテナンスすれば、それだけ反応してくれます。

筋組織、筋膜を柔軟に保つことで、体の「強張り感」「よどんだ感覚」を少なくすることに繋がります。

循環の悪さからご自身を解放させるために、外側からアプローチするストレッチだけでなく、ヨガのような呼吸を活用させた内側からのアプローチも有効です。

特に筋膜に関しては、浅い層だけでなく深い部分にも広く存在しているので、呼吸の圧を利用する必要があります。

そうした意味でもヨガはより有効になると言えるでしょう。

体が硬くてもできるヨガ

ヨガは、体が硬いと感じる方にこそ有効です。

決して難度の高いポーズをすることが重要なのではありません。

疲れにくい体のためのヨガとは、“循環の良い体づくり”ととらえ、毎日の暮らしの中にヨガを取り入れて快適な毎日を手に入れましょう。

CAT & COW(椅子バージョン)

背中や肩回りの強張り感解消は、ヨガを生かしやすい場所です。

イスに腰かけた状態で、ふとももを肩幅程度に開き両腕をクロスさせて大腿部をつかみます。

①骨盤を後ろに倒し背骨をできる限り丸めます。(ここで呼吸を深く2~3呼吸)

②骨盤を前に倒すようにして胸を張り背筋を高く引き上げます。(ここで2~3呼吸)

①と②を2~3回繰り返します。

ピジョン(鳩)のポーズ

腰回りも疲労を感じやすい場所です。

腰回りの強張り感を引き起こす要因にお尻の硬さの影響もあるため、腰とお尻をリリースしていきます。

① 床に座り、右ひざを曲げて体の前に置き、左脚は体の後ろに回して伸ばします。
※膝が痛む場合は膝の角度を狭くとります。

② 右のお尻を床にしっかり押し付けるようにして、上半身を前方向に倒します。
両腕を前方遠くに伸ばして大きな呼吸を5呼吸くらいしましょう。
右のお尻が広がる感覚が得られます。

③左側も①と②を行いましょう。

まとめ

人の体が硬くなる要因には、下記の3点です。

・体を動かさない
・心配や不安、緊張が過多
・加齢


体の硬さを取り除くことで不要な「疲れた感じ」から解放され、さらに心の中にため込んでしまった不安や緊張(ストレス)もリセットできます。

年齢を重ねてもヨガはできますし、時間をかけていけば体は必ず反応してくれます。

日常にヨガを取り入れて、少しずつでも巡りを良くして疲労感からご自身を解放しましょう。

よく読まれている関連記事