デジタルライフによるお疲れ事情
【500人に聞きました】

ビジネスからプライベートまで、パソコンやスマートフォンといったデジタル機器は、今やわたしたちの生活から切り離すことができない必需品となっています。

デジタル機器は利便性だけでなく、楽しみも提供してくれる万能ツールではありますが、四六時中手放せない生活は、肩こりや目の疲れといった「デジタル疲れ」という弊害をもたらしているようです。

そこで、20代~60代の男女500人に、パソコンやスマートフォンの使いすぎによる肉体的な疲れを感じている人たちのお疲れ事情について聞いてみました。

デジタル疲れを慢性化させないようにするには、日常生活でどのようなことに気をつければいいのか、探っていきたいと思います。

デジタル疲れを感じがちな30代

パソコンやスマートフォンの使いすぎによる疲れを最も感じているのは30代でした。

また、30代男性では2人に1人がデジタル疲れを感じている、という結果となりました。

若い年代ほどデジタル機器に接する時間が長いイメージがありますが、より体力のある20代より、30代の方が長時間使用による疲れを感じやすい、ということも考えられるでしょう。

デジタル疲れを感じている人は、○○が強い

デジタル疲れを感じている人は、疲労度も高くなっています。

「非常に疲れている」と回答した人は約4割、「やや疲れている」と回答した人と合わせると、実に9割以上の方が疲れを実感していることがわかりました。

デジタル疲れを感じる人は、デジタル機器に長時間向かわざるを得ない=労働時間が長い、ということもあるでしょう。

デジタル疲れだけでなく、残業疲れや、睡眠不足による疲れなどがつみ重なり、疲れをいやす時間もままならず、疲労という沼から抜け出せない…といった泥沼状態にある方も多いのかもしれません。

慢性化しやすいデジタル疲れ

疲れを感じる頻度を見てみると、やはりデジタル疲れを感じている人は、4割以上が「慢性的に疲れている」と、全体に比べてかなり多くなっています。

職場では書類を作成したり、メールで業務連絡をとり合ったりするなど常にパソコンに向かい、朝晩の通勤中や帰宅後には、スマートフォンでニュースのチェックやSNSで友人とのやりとり、動画やゲームを楽しむなど、デジタル機器は生活になくてはならない存在となっています。

デジタル機器から離れられれば、つらい疲れからも抜け出せるのかもしれませんが、デジタル機器との接触を断ち切るのは現実的に難しいですよね。

こうした疲れのもとを断ち切ることができない状況が、デジタル疲れの慢性化をまねく原因かもしれません。

デジタル疲れがもたらす影響とは?

デジタル疲れは、具体的にどういった影響をもたらしているのでしょうか。

「身体のだるさ」「肩や首のこり」「目の疲れ」といった身体に感じる疲労が上位を占め、6割近い人たちが実感しています。

長時間、首を前につきだしたような姿勢でパソコン画面に見入っていたり、うつむいた姿勢でスマートフォンを見続けるようなことはないですか?

こうした姿勢は、重い頭や腕を支える肩や首に負担がかかります。

デスクワークはなるべくよい姿勢で行うことが大切です。

画面を斜め上から少し見おろすくらいの位置にパソコン画面を設置し、ひじ・股関節・ひざが90度に曲がる高さにして座ると、肩への負担が軽減されます。

パソコン作業の合間に、肩甲骨を動かして肩のこりをほぐしたり、手首をまわす、指や手のひらをほぐすといったストレッチをすると、血行が良くなり、だるさやむくみが軽減されるのでおすすめです。

また、デジタル機器の画面を集中して見ていると、無意識にまばたきの回数が減っていることはないですか?

これが、目の疲れやドライアイにつながります。
30分に1回くらいを目安に、目を休ませる時間をとることも大切です。

それでも長時間パソコンやスマートフォンを見続けてしまい、目の疲れを感じるときは、蒸しタオルやホットアイマスクなどで、目元をじんわり温めると良いでしょう。

デジタル疲れは、身体だけでなく、精神的な疲れももたらします。

「イライラ」したり、「記憶力・集中力」が低下して、「根気」が続かないといった影響を感じる人も少なくありません。

疲れている状態で無理にがんばって仕事をしても、うっかりミスが多くなったり、集中できずに作業がスムーズに進まなかったり、ということもあるでしょう。

そういうときのためにも、休息タイムを取って、デジタル機器からひととき離れる時間が役に立つと思います。

また、仕事でやむを得ず、長時間デジタル機器を扱わなければならない場合だけでなく、心のどこかで時間の浪費と自覚しつつも、ついスマートフォンに依存してしまう方も多いのではないでしょうか?

気になることがあるとすぐスマートフォンで調べずにはいられない、常にSNSの書き込みが気になって仕方がない、メッセージアプリで友達と延々と会話し続けてしまう、食事中もスマートフォンを見てしまう……。

スマートフォンが手放せない方は、スマートフォンに依存している、と考えてよいでしょう。

スマートフォンの存在が、疲れやストレスの原因となっている場合もあります。

楽しみが健康に悪影響を与えてしまっては本末転倒です。

スマホ依存の自覚がある方は、心と身体の休息のためにも、ぜひ意識的にデジタル機器から距離をおく時間をつくることをおすすめします。

【調査概要】
疲れに関する調査
調査時期:2019年2月
調査対象:全国、1年以内に栄養ドリンクの飲用経験がある、20代~60代の男女500名
調査手法:インターネット調査

よく読まれている関連記事