疲れるとイライラ…!そんな時の回避術とは?
【500人に聞きました】

疲れているとき、いつもなら笑ってやり過ごせることにカチンときてしまったり、他愛のないことにイライラしたり、感情的になって周りの人やモノにあたってしまったり…。

そんな経験はありませんか?

もしくは、周囲の人から、いわれもなくイライラをぶつけられてしまった、なんてことはないでしょうか?

疲れは人にイライラをもたらす要因にもなります。

そこで、20代~60代の男女500人に、どうすれば自分がイライラせず穏やかに過ごせるか、周囲のイライラしている人とうまく接するにはどうすればいいのかなど、疲れとイライラにまつわる回避術を聞いてみました。

子育て世代とイライラ

疲れてイライラを感じがちなのは、40代女性と30代男女でした。

子育て真っただ中のこの世代は、仕事や家事に追われながら子育てをがんばる毎日に、疲労困ぱいな方も多いことでしょう。

また、子どもがいると予測できない事態が突如発生するなど、ただでさえ忙しいのに予定通りにコトが進まず、どっと疲れが押しよせて思わずイライラしてしまう、ということもありそうです。

疲れの蓄積はイライラの素

疲れてイライラしがちな方は、慢性的に疲れを感じている方が多く、実に8割近くもの人が

「慢性的に疲れている」
「疲れを感じることが多い」

と、日頃から疲れを感じていると回答しています。

ゆっくりと疲れを癒す暇がないほど、時間に追われる毎日なのかもしれません。

日常生活に潜むイライラのタネ

どんなことにイライラしてしまうのか、精神的な疲労を感じるときを見てみると、「仕事のストレス」が6割でもっとも多くなっています。

「経済的不安」
「職場の人間関係」

と続き、仕事にまつわることが主なイライラの原因となっているようです。

また「配偶者・パートナー・恋人のこと」や「家事のストレス」が全体より高いのを見ると、家事分担にイライラをつのらせている方も少なくないのかもしれません。

職場にしても家庭にしても一日の大半を過ごす場なので、精神的な疲れを感じることが多くなってしまうのは仕方のないことです。

とはいえ、誰しも好んでイライラしているわけではなく、できることなら心穏やかに日常生活を送りたいと思っているでしょう。

もしもイラ立ちを感じたときは、怒りを発散させる前に、ひと呼吸おいてみてはいかがでしょうか。

イラッとして反射的に相手にイラ立ちをぶつけてしまうと、言うべきでないことまで口走るなどトラブルの素となり、その後気まずい関係を作ることにもなってしまいます。

そういった時は、一旦気持ちをクールダウンさせてから相手と向き合えば、スムーズで生産的な会話ができそうです。

避けたいイライラ地雷ワードとは?

イライラしている人がいると、周りの人にも緊張感が走ったり、イライラが伝染するということはありませんか?

そんなピリピリした空気のときに、もらしたひと言が引き金となって、相手のイライラを爆発させてしまうのは避けたいものです。

そこで、疲れてイライラを感じがちな人に、どんなひと言にイライラが増したり、どっと疲れを感じたりするのか聞いてみました。

・家で仕事しているとき、子どもから大声で「ママー!」と呼ばれる。(30代女性/専業主婦)
・家事をがんばっているとき「まだ出来てないの?」(60代女性/パート・アルバイト)

――家事や仕事を今まさにがんばっている、忙しくしている最中に、「あれやって、これやって」と用事を頼まれたり、がんばりを否定されるようなことを言われたりするとイラッとくる、というような声が多く寄せられました。

イライラをさらにヒートアップさせないためにも、まずは相手の状況を察して、自分が言われたらイライラするようなことは言わないのが賢明です。

・若いから疲れないだろ。(20代女性/パートアルバイト)
・自由な時間が多くていいね。(40代女性/専業主婦)

――など、固定観念で決めつけたように言われると、カチンときてイライラが募るのも納得です。

「若い」人でも、体力のない人、疲れやすい人もいます。

また、専業主婦は“自由な時間が多い人”というレッテルを貼られがちですが、365日休みなしの家事という仕事をしている重要な働き手なのです。

他にも、相手の状況をよく知らないにも関わらず放ったひと言、相手への思いやりに欠ける言葉が、イライラを増幅させる原因となっていたという声もありました。

・他人がやたらと「疲れた、疲れた」と言うと、より疲れて嫌な気分になる。(40代女性/会社員)

――といった声もありました。

疲れていると、ついネガティブな言葉を口にしがちです。

自分の大変さを周囲にわかって欲しかったり、「疲れた」と口にして発散したりするような人もいるでしょう。

でもそれが、同じように疲れているけれど我慢している周りの人をイライラさせていることもあるようです。

疲れは人から余裕をうばってしまいます。

元気なとき、余裕のあるときなら、笑って受け答えできる言葉でも、疲れてイライラしていると、ちょっとしたデリカシーに欠けるひと言が、雰囲気を悪くしてしまったり、相手を怒らせてしまったりする要因に。

特に、自分も同じように疲れていると、相手のことをなかなか気遣えなかったり、ちょっとひと言モノ申したくなったりすることもあるかもしれません。

でも、そんな相手の状況を無視した言葉で、険悪な雰囲気を作っても決して良いことはないでしょう。

そんなときこそ、ひと呼吸おいて、思いやりを持って接することが大切です。

【調査概要】
疲れに関する調査
調査時期:2019年2月
調査対象:全国、1年以内に栄養ドリンクの飲用経験がある、20代~60代の男女500名
調査手法:インターネット調査

よく読まれている関連記事