春は栄養豊富なアスパラガスで
ビタミンを補給しよう!

春になるとなぜか
「なんとなく疲れやすい」
「疲れがとれにくい」
という方も多いのではないでしょうか。

進学・就職・人事異動など新生活スタートのタイミングであるため、環境の変化から疲れを感じやすい時期です。

そこで今回は、春が旬の野菜を使って体のコンディションを整えるポイントをご紹介します。

<執筆者>
尾上 雅子
管理栄養士
大学卒業後、食品メーカーにて、品質管理・商品企画・広報などの業務に携わる。現在は、企業やクリニックにてビジネスパーソンの健康サポートを行うとともに、商品・サービスの監修、コラム執筆など、食と健康の分野で活動中。

春の疲労は、アスパラガスで解決できる?

春に感じる疲労の原因には、気温の変化による自律神経の乱れなどが考えられます。

また、環境の変化により、知らず知らずのうちに心身に負担がかかっていることもあるでしょう。

疲れをためないためには、日ごろからコンディションを整えておく必要があります。

コンディションを整えるためには、生活リズムを整えることに加え、主食・主菜・副菜のそろったバランスのよい食事をとることが大切です。

食材は旬になるとおいしくなるだけでなく栄養価も高くなるので、旬の食材を取り入れることを意識するとよりよいでしょう。

今回は、春が旬の野菜、アスパラガスについてご紹介します。

春が旬♪アスパラガスの栄養素

アスパラガスに含まれる栄養素のうち、特に注目したいのが「アスパラギン酸」というアミノ酸です。

「アスパラギン酸」は、エネルギー源として利用されるアミノ酸のひとつで、栄養剤の成分としても利用されることもあります。

アスパラガス以外の食材にも含まれていて、豆類やもやし、カツオなどの魚類、豚肉などの肉類を通して摂取することもできます。

また、アスパラギン酸だけでなく、ビタミンA・ビタミンB群(B1・B2・B6・葉酸など)・ビタミンC・ビタミンEなど、健康維持のために欠かせないビタミン類がアスパラガスには含まれています。

これらのビタミンは体内ではほとんど合成することができないため、食物からしっかりととる必要があります。

アスパラガスをはじめとした旬の野菜からビタミンを補い、疲れにくい体づくりに繋げましょう。

春が旬のアスパラガスレシピ

春の定番メニュー!アスパラガスの肉巻き
旬のアスパラガスとタンパク質の豊富な豚肉を使った、定番人気の主菜です。

<材料:2人分>
アスパラガス:6本
豚バラ薄切り肉:150g
塩:少々
コショウ:少々
サラダ油:大さじ1
酒:大さじ2
オイスターソース:大さじ1

<作り方>
1. アスパラガスは根元の固い部分を切り落とし、
  半分の長さに切る。

2. 豚肉を広げ、1のアスパラガスをのせて巻き、
  塩・コショウをする。

3. フライパンに油を熱して2を入れ、
  焼き色がつくまで焼く。

4. 酒を加えて蒸し焼きにし、最後にオイスター
  ソースを絡めて完成。

トースターで簡単!
アスパラガスのチーズ焼き

旬のアスパラガスが主役の一品です。

いつもの夕食にプラスすることで、不足しがちなビタミンを補うことができます。

お酒のおともにもぴったりです。

<材料:2人分>
アスパラガス:6本
ピザ用チーズ:40g
めんつゆ:適量

<作り方>
1. アスパラガスは、根元の固い部分を切り落とす。

2. 耐熱皿に1のアスパラガスを並べ、
  ピザ用チーズを乗せてトースターで焼く。

3. チーズが溶けて焼き色がついたら、
  めんつゆをかけて完成。

まとめ

気温だけでなく、新生活がスタートするなど環境の変化が多い春は、とくに疲労がたまりやすい季節です。

生活リズムを整えるとともに、旬の野菜を取り入れたバランスのよい食事で、体のコンディションを整えましょう。

季節感のある食卓は、お腹だけでなく心も満たしてくれますよ。

よく読まれている関連記事