OPEN CLOSE

大正製薬の口内炎治療薬

口内炎について知ろう

口内炎とは

口内炎は、口内の粘膜に起こる炎症の総称です。 頬や唇の裏の粘膜、のど、舌など、口内のあらゆる粘膜にでき、 痛みや不快感から生活の質を低下させます。

口内炎の特徴

● 頬や唇の裏の粘膜、のど、舌など、口内のあらゆる粘膜にできる。

● 痛みや不快感から、食事がつらい、会話がおっくう、気持ちが落ち込むなど生活の質を低下させる。

● ストレスや疲れがたまって抵抗力が低下した時などに起こりやすい。

● 多くは数日~10日ほどで自然に治る。(※2週間以上、症状が長引く場合は医療機関を受診しましょう。)

口内炎の主な種類

円形で白っぽい最も一般的なアフタ性は、 ストレスや疲れがたまって抵抗力が低下した時などに起こりやすい。 その他、入れ歯の不具合など外的刺激が原因の外傷性、 カンジダ菌によるカンジダ性がある。

アフタ性口内炎

外傷性口内炎

カンジダ性口内炎

口内炎の種類とその原因

口内炎はアフタ性口内炎、外傷性口内炎、ヘルペス性口内炎、 カンジダ性口内炎に分類されます。 これらのうち、最も多く見られるのが、アフタ性口内炎です。 口内炎の原因には免疫力の低下、外的刺激、ウイルス感染などがあります。

アフタ性口内炎

● 特徴
円形または楕円形の白っぽい潰瘍で、最も一般的な口内炎。
● 原因
免疫力の低下
栄養障害、ストレス、疲労、睡眠不足など
● アフタ性口内炎の患部イメージ

外傷性口内炎

● 特徴
外的刺激により粘膜に傷がつくと、細菌が繁殖して炎症が起こり、びらん、潰瘍などができる。
● 原因
  • 口腔粘膜の損傷
  • 虫歯
  • 入れ歯の不具合など
● 外傷性口内炎の患部イメージ

ヘルペス性口内炎

● 特徴
高熱が数日続いた後、舌や唇の裏の粘膜に、多数の小さな水疱ができる。
● 原因
  • 単純ヘルペスウイルス
  • 水痘帯状ヘルペスウイルス
  • A群コクサッキーウイルス
● ヘルペス性口内炎の患部イメージ

カンジダ性口内炎

● 特徴
白くて軟らかい、こけ状の斑点ができ、赤くただれる。口内全体のあらゆる部位にできる。
● 原因
真菌(カンジダ菌など)
● カンジダ性口内炎の患部イメージ

口内炎と間違えやすい病気

口内炎とまちがえやすい病気には、舌がんや白板症などがあります。 これらの病気は、口内炎と異なり自然に治ることはないため、口腔外科での治療が必要です。

舌癌(がん)

● 特徴
口腔がんの半数以上を占める。 患部の色調はアフタ性口内炎と似ており、主に舌の縁に現れる。 初期は痛みがないため見過ごされやすい。早期に治療すれば、90%が治るといわれている。
● 口内炎との見分け方
  • 赤と白が混在している
  • 初期は痛みがない
  • 自然に治ることはない
● 舌癌(がん)の患部イメージ

白板症

● 特徴
がん化する可能性が高い、「前がん病変」という状態。 粘膜が白く変化してただれを伴うこともあり、カンジダ性口内炎に似ている。 口の中のあらゆる部位にできるが、特に舌の縁に現れた場合は舌がんに移行するリスクが高いため、 注意が必要。
● 口内炎との見分け方
  • こすっても白い膜がはがれない
  • 徐々に大きくなることがある
  • 自然に治ることはない
● 白板症の患部イメージ

口内炎、受診が必要な症状の目安

生活に支障がある場合や、再発を繰り返す時は、医療機関で適切な治療を受けることが大切です。

【受診の目安】

  • 症状が長引く(2週間以上)
  • 痛みが強く、食事や会話に支障がある
  • 患部が徐々に大きくなる
  • 再発を繰り返す
  • 口内炎が同時に多数できる
  • 口の中に痛みのない腫れやしこり、ただれがある

口内炎の悩みや対処法

弊社2016年9月に実施した口内炎の自覚症状のある方に対して行った調査結果です。それによると、

口内炎を発症した方のお悩み

口内炎を発症した人が取り除きたい悩みは、「痛む・しみる」などです。

【 口内炎で困ること・辛いこと 】

n=531

複数回答

出典:2016年9月 弊社調べ

口内炎の対処法

10代~60代の4人に1人は、過去1年間に口内炎を発症したと自覚しています。 自覚症状のある方の対処法では、市販の口内炎薬の利用が34.9%で最も高い値でした。

【 口内炎の対処法 】

n=5,332

複数回答

出典:2016年9月 弊社調べ