OPEN CLOSE

UV対策ラボUV対策ラボUV対策ラボ

UVケアのパイオニアとして長年にわたり紫外線やUVの研究を続けているコパトーン。
そんなUVを知り尽くしたコパトーンが、日焼けの原因となる紫外線のこと、気になるSPFやPAの意味、
効果的なUV対策をお教えします。

report1report1 日焼けの原因は
2種類の紫外線。
紫外線AとBに注意!

紫外線にはA・B・C、3つの波長があります。Cはオゾン層で吸収されますが、A・Bは地表に届き日焼けの原因に。Aは肌の奥深くまで届いてじわじわと肌に影響を及ぼし、Bは皮膚の上層で細胞の傷害・炎症などにより日焼けを起こします。

report1 report1

report2report2 SPFとPAを必ずチェック!
焼けたくない人には
SPF50+、PA++++がおすすめ!

日焼け止めに表示されているSPFとPA。SPFは紫外線Bを防ぐ効果の指標で、35、50など数値が大きいほど効果も高くなります。PAは紫外線Aを防ぐ効果の指標。+~++++の4段階で、同じく+が多いほど効果が高くなります。

report2 report2

report3report3 紫外線を浴び続けると、
シワやたるみなど
老化の原因にも!

皮膚の老化には、加齢(遺伝)だけでなく紫外線や喫煙など外的な要因も関係しています。中でも紫外線は、肌の弾力やハリを保っている線維を切断、変性させ、それが肌のシワのたるみの原因に。紫外線を防ぐことは肌の老化抑制にもつながります。

report3 report3

report4report4 正しく塗らなきゃ
意味がない!
日焼け止めの効果的な使い方

日焼け止めはこまめに塗り直すことが大切。2~3時間おきに塗り直すのがおすすめです。耳や首など目につきにくい場所も塗り忘れなくしっかり紫外線対策しましょう。

report4 report4