OPEN CLOSE

環境への配慮 環境への配慮 環境への配慮

ハワイから日焼け止めがなくなる?

2018年7月、アメリカのハワイ州で日焼け止め規制法が成立。2021年1月1日の州法施行後は、紫外線吸収剤「オキシベンゾン」と「オクチノキサート」を含む日焼け止めの販売・流通が禁止されることになりました。

背景には、日焼け止めに含まれる同成分が、サンゴ礁の白化現象や遺伝子損傷などの原因の1つとする調査結果があります。

日焼け止めの成分を特定して規制する法律は、「海の環境を守ろう」という世界的な動きの先駆けとなっています。

環境、サンゴ礁に対する配慮を

ハワイなど海外の一部では「Reef Safe(サンゴ礁に安全)」や「Eco-Conscious(環境を意識した)」と表示された日焼け止めも増えてきました。
「海の生態系や環境に配慮して、日焼け止め製品を選ぶ」。
きれいな海を守るため、観光に訪れる際には私たちも意識していく必要があります。

紫外線吸収剤不使用!コパトーン「UVカットミルクマイルド」

コパトーン「UVカットミルクマイルド」は、紫外線吸収剤不使用のノンケミカル処方。紫外線吸収剤「オキシベンゾン」と「オクチノキサート」を使うことなく、SPF35、PA+++という高い効果を実現。

アレルギーテスト、パッチテスト済みで、お子様やデリケートな肌にもお使いになれます。

環境のことも、お肌のことも考えた日焼け止めです。