OPEN CLOSE
CONTENTS
発毛成分
ミノキシジルについて
  • ミノキシジルの作用と効果データ

    ミノキシジルの作用と効果データ

    90ヵ国以上で承認されている有効成分 ミノキシジルは、リアップシリーズの発毛剤の主成分です。頭皮に使用することで毛包に直接作用し、発毛、育毛効果を発揮します。ミノキシジルは、すでに世界90ヵ国以上で承認され使われている有効成分です。

  • 1. ミノキシジルとは

    1. ミノキシジルとは

    ミノキシジルとは、リアップシリーズの発毛剤の主成分で、壮年性脱毛症における「発毛」と「脱毛(抜け毛)の進行予防」の効果が認められています。ミノキシジルに発毛効果があることがわかったのは、1979年のこと。 その後、1988年にアメリカで厳密な臨床試験を経て有用性が確認され、医薬品としての発毛剤が誕生しました。これまでに、世界90ヵ国以上で承認され使われています。 ミノキシジルが効果を発揮する壮年性脱毛症とは、「男性型脱毛症」あるいは「AGA(Androgenetic Alopecia)」とも呼ばれ、ヘアサイクルにおける初期成長期に男性ホルモンが作用し、後期成長期毛と呼ばれる太い毛に成長せず、そのまま後退期毛を経て、休止期毛になることを繰り返すことにより、毛髪が薄く見える状態になる症状を言います。

  • 抜け毛が多い?ミノキシジルと薄毛・抜け毛のメカニズム

    2.抜け毛が多い?ミノキシジルと薄毛・抜け毛のメカニズム

    薄毛・抜け毛には、頭皮の炎症、他の病気や薬剤の影響、そして老化など様々な原因が考えられますが、幅広い世代で最も多いのが、壮年性脱毛症。 一般的には遺伝性の薄毛または抜け毛のことを言います。 ヘアサイクルに変化が起こり、ゆっくりと何年もかかって進行し、目立つようになるものです。薄毛・抜け毛が気になる人は、既に壮年性脱毛症がゆっくり進行中なのかもしれません。 ミノキシジルは、遺伝性の薄毛・抜け毛に効果を発揮しますので、ご家族に思い当たる方がいたり、ご自身が薄毛で悩まれているようでしたら、ミノキシジル配合の発毛剤の使用も一つの選択肢です。

  • 3.ミノキシジルの発毛効果

    3.ミノキシジルの発毛効果

    壮年性脱毛症では、ヘアサイクルに変化が起こり、成長途中で髪が抜け、髪の毛の根っこである毛包がどんどん小さくなっていき、髪の毛が生えなくなってしまいます。 ミノキシジルはヘアサイクルの変化により小さくなった毛包に働きかけ、大きく・深く成長させることにより、細く軟毛化した毛髪を太い毛に成長させます。毛髪の成長をつかさどる毛包を、大きく・深くするミノキシジルの作用をディープグロース効果と呼んでいます。

  • 4. ミノキシジル配合、発毛のリアップ

    4. ミノキシジル配合、発毛のリアップ

    リアップは、ミノキシジルを配合した、壮年性脱毛症における発毛効果が、日本で「最初」に認められた医薬品です。 ミノキシジルとは

  • 5. ミノキシジルと脱毛タイプ

    5. ミノキシジルと脱毛タイプ

    壮年性脱毛症にみられる抜け毛のタイプは、1つではありません。生え際や頭頂部、そりこみ部分からなど脱毛の仕方によって6つのタイプがあり、人それぞれ異なります。脱毛の状態がいずれかに当てはまる場合、あなたは壮年性脱毛症である可能性が高いと言えるでしょう。

  • 6. ミノキシジルの使用方法

    6. ミノキシジルの使用方法

    ミノキシジルには、ミノキシジル配合の外用薬と内服薬のタブレットがあります。日本で認められているのは、ミノキシジル配合の外用薬である「リアップ」シリーズなどです。 成人(20歳以上)が1日2回、1回1mLを脱毛している頭皮に塗布することで効果が現れます。 用法・用量の範囲より多量に使用しても、あるいは頻繁に使用しても効果はあがりません。定められた用法・用量を厳守してください。決められた以上に多く使用しても、効果の増加はほとんどなく、副作用の発現する可能性が高くなりますので、ご注意ください。

  • 7. ミノキシジルの使用期間

    7. ミノキシジルの使用期間

    ミノキシジルの効果が感じられるまでの期間は、どのくらいなのでしょうか? 「リアップ」シリーズでの臨床試験では、ミノキシジル1%では「6ヵ月以上」、 ミノキシジル5%では「4ヵ月以上」の使用で効果がみられました。 ミノキシジル5%配合の「リアップX5プラスネオ」では6ヵ月、ミノキシジル1%配合のその他のリアップシリーズでは1年使用して改善が認められない場合は、使用を中止し、医師または薬剤師にご相談ください。

  • 8. ミノキシジルの濃度による効果の違いは?

    8. ミノキシジルの濃度による効果の違いは?

    ミノキシジル1%配合の「リアップ」発売後、さらに有効性を高める目的で高濃度製剤の開発を進め、ミノキシジル5%製剤と1%製剤を比較した臨床試験を実施しました。 結果、5%製剤は1%製剤よりも、総毛髪数および非軟毛数(太さ40マイクロメートル以上の毛髪)が有意に増えることが確認され、医師による脱毛部位の改善度評価でも、使用24週後の「軽度改善」以上の割合は、5%製剤が91.7%(著明改善2.1%、中等度改善47.9%、軽度改善41.7%)となりました。 この臨床試験により「リアップ」を超える高い発毛効果が認められたため、ミノキシジル5%配合の「リアップX5」が発売されました。(承認申請時添付データより。リアップX5プラスネオは、リアップX5との同等性を確認しています。副作用発現率8.0%。接触皮膚炎1例、湿疹1例他n=50)

  • 9. ミノキシジルは女性も使える?

    9. ミノキシジルは女性も使える?

    基本的に、男性と女性とでは、抜け毛・薄毛の原因も、脱毛の仕方も異なります。女性には甲状腺疾患による脱毛などが多くみられる傾向にありますが、40歳前後以降に頭頂部の薄毛が気になり始めたら「壮年性脱毛症」かもしれません。 女性の場合は、壮年性脱毛症以外にも抜け毛・薄毛の原因と考えられる事象が多いため、注意が必要です。ご使用前に必ず、壮年性脱毛症による脱毛かチェックシートで確認しましょう。 >> チェックシート

  • 10. ミノキシジルと血圧

    10. ミノキシジルと血圧

    ミノキシジルはどのように発見され、認可されたのでしょうか? 1979年、アップジョン社(現Johnson&Johnson社)は高血圧症治療剤「ロニテン」を発売しました。 服用者に多毛や発毛の副作用が起こることが判明し、その作用の解明にあたりました。 ミノキシジルという成分に発毛効果があることがわかり、あらためて脱毛症状の治療効果を狙った外用剤として開発が進められました。同社は、臨床結果を経て、1985年末にFDA(米食品医薬品局)に認可申請を行いました。 その当時、医薬品としての発毛剤はまだ存在しない状況でしたが、こうした中で1988年、アップジョン社のミノキシジル外用剤「ロゲイン」は、発毛剤を名乗る当時では唯一の医薬品として認可されました。これまでに90ヵ国以上で次々と発売されています。

  • 11. ミノキシジルの「塗り薬」

    11. ミノキシジルの「塗り薬」

    ミノキシジルは成分名であること、ミノキシジルの発毛効果については先に述べましたが、ミノキシジル製剤にはいくつかの剤形があります。 ミノキシジルは大きく分けて、皮膚に塗布する外用薬と、口から摂取する内服薬があります。 外用薬にもいろいろな剤形があります。 一般的によく知られているものはローションタイプで、液状のミノキシジル製剤を頭皮に塗布して、ミノキシジルを頭皮に浸透させます。 ミノキシジルの塗り薬は、1回の使用量や1日の使用回数をしっかりと守ることが重要になります。 定められた用法・用量より多く使っても効果はあがりません。 回数を増やしたり、多く塗ったとしても毛の成長の速度が速くなることはなく、かえって副作用の頻度を上昇させるおそれがあります。 一番効果的な使用方法が用法・用量として記載されていますので、その記載通りに使うのが最も効果が得られる方法です。 また、内服薬である錠剤タイプのミノキシジルも国外にはありますが、日本では承認されていません。 世界的に見ても、高血圧治療薬として承認されているだけで、発毛剤としての承認はされていません。

  • ミノキシジル配合のシャンプーはある?

    ミノキシジル配合のシャンプーはある?

    近年さまざまな効果をもったシャンプーが販売されています。 ノンシリコンシャンプーや髪をふんわりさせてボリュームアップするシャンプー、頭皮環境を整える機能性シャンプーなどがあります。 髪や頭皮のことを考えてさまざまなシャンプーが作られていますから、発毛効果が見込めるシャンプーがあっても不思議ではないですね。 発毛効果が実証されているミノキシジルが配合されたシャンプーは存在するのでしょうか? 発毛効果が認められているミノキシジル配合の医薬品のように、発毛効果が望めるものなのでしょうか。

  • ミノキシジル塗布のタイミングは?朝と夜の使用例

    ミノキシジル塗布のタイミングは?朝と夜の使用例

    発毛成分ミノキシジルが配合された発毛剤は、1日2回、継続的に続けることで発毛効果を発揮します。 日中仕事をされている方でしたら、朝と夜の使用の1日2回が理想的ですね。 「1日2回」とは、どのくらいの間をあけるとよいのでしょうか? ミノキシジルを使う際に気をつけることは? ミノキシジルは髪が濡れたままでも使えるのでしょうか? ミノキシジルと整髪剤の両方を使いたいときはどうすればよいのでしょうか? 詳しい使い方についてみていきましょう。

  • ミノキシジル使用中のアルコール摂取について

    ミノキシジル使用中のアルコール摂取について

    薬と一緒にアルコールを摂取したり、薬を飲んだ後あまり時間を空けずにアルコールを摂取すると、体に悪影響が起こりやすくなるのをご存知でしょうか? 薬とアルコールを同時に摂取すると、薬が強く効きすぎたり、重篤な副作用が起こる可能性のある薬もあり、アルコールは薬との飲み合わせに注意が必要なものの一つです。 抜け毛・薄毛の症状を改善させるためには、毎日継続して使う必要があるミノキシジルですが、アルコールとの相性はどのようになっているのでしょうか?

  • ミノキシジルの使用に年齢制限はあるのか?

    ミノキシジルの使用に年齢制限はあるのか?

    発毛効果が認められているミノキシジルですが、使用できる年齢に制限はあるのでしょうか?

コンテンツTOPへ