OPEN CLOSE
CONTENTS
リアップについて
  • リアップの歴史

    リアップの歴史

    大正製薬は1999年に、医療現場での使用実績を経ずに日本初のダイレクトOTC薬として発毛剤リアップを発売しました。 リアップは、もともとアメリカで処方せん医薬品として研究開発されていた発毛成分を、日本で市販薬の発毛剤として開発したもので、導入契約締結から発売までに14年もかかりました。リアップの発売から20年間、様々なニーズに対応したシリーズ品を発売し、2020年3月時点でシリーズでの累計販売本数が6,600万本を突破※しました。幅広い層の薄毛・抜け毛の悩みに向き合ってきたリアップブランドのこれまでの歩みを紹介します。

  • 毛髪研究

    毛髪研究

    発毛成分ミノキシジルの発見 リアップの効能は「壮年性脱毛症における発毛、育毛及び脱毛(抜け毛)の進行予防。」です。壮年性脱毛症とは、20代から幅広い世代に起こる遺伝性の薄毛や抜け毛のこと。 リアップは、この壮年性脱毛症に対して「発毛」という効能を取得していることが大きな特徴です。 そして、この発毛効果が認められている有効成分が「ミノキシジル」なのです。

  • 発毛・育毛のリアップについて

    発毛・育毛のリアップについて

    発毛の分野において「日本初」 リアップは、ミノキシジルを配合し、壮年性脱毛症における発毛効果が認められている医薬品です。その効能・効果は、 「壮年性脱毛症における発毛、育毛及び脱毛(抜け毛)の進行予防」。 それまで「育毛」効果が認められた製品はありましたが、「発毛」や「脱毛(抜け毛)の進行予防」の効果を認められたのは、リアップが日本で初めてのことでした。

  • ミノキシジル配合、発毛のリアップ

    ミノキシジル配合、発毛のリアップ

    リアップは、ミノキシジルを配合した、壮年性脱毛症における発毛効果が、日本で「最初」に認められた医薬品です。 ミノキシジルとは

コンテンツTOPへ