コラーゲン

コラーゲンと美肌の関係

美肌に効くコラーゲン
『美肌にはコラーゲンがいい』…とは聞いたことがあるけど、そもそもコラーゲンってどんな成分なのか、お肌にどのような効果をもたらしているのかなど意外と基本的なことを知らない人も多いのではないでしょうか。

今回はコラーゲンについての知識をわかりやすく紹介します。美肌になるためにコラーゲンの特徴を知り、賢く取り入れましょう。

<監修>

かずのすけ
化粧品企画開発顧問(株)セララボ代表。現在はホームページ運営、執筆活動、セミナー講師等を行いつつ、コンサルタントとして企業の商品開発を支援。プロデュース化粧品・掲載誌多数。著書に「美肌成分事典」など。

目次

コラーゲンが活躍しているのは美肌だけじゃない?コラーゲンの役割

コラーゲンは人体の様々な器官を構成する繊維状のタンパク質です。
人間に存在するタンパク質の内、約30%がコラーゲンとされています。

コラーゲンは、一般に「肌」の成分と考えられることが多いですが、実際には粘膜や骨、靭帯、血管なども構成しており、肌のハリを保ったり、骨を丈夫にしたりと、肌そのものだけでなく健康や老化にも大きく関わっています

またコラーゲンは肌の主成分とは言うものの、我々の目に見えている皮膚は「表皮」と呼ばれており、これはケラチンという別のタンパク質が主成分となっています。

コラーゲンは表皮の下層に位置する「真皮」の主成分で、真皮は表皮のように目には直接見えませんが、その内側で肌のハリや弾力を保ち、維持する役割があります。
コラーゲンはこの真皮の実に70%程度を構成しているとされています。コラーゲンと美肌の関係が深いのがわかりますね。

しかし、体内のコラーゲンは年齢や様々な外的要素によって減少すると言われており、コラーゲンを守ることは美肌や美容、健康においてとても大切なことです。

美肌に大切なコラーゲンを守るためには「紫外線対策」が第一!

紫外線対策
紫外線対策は美肌を目指す上で誰もが行う基本中の基本です。

夏はもちろん、普段から日焼け止めを塗って紫外線対策をされている方も多いと思います。

紫外線対策をすることによって、肌が黒く日焼けするのを防ぐこと以外にも、「肌の老化」に役立っていることはご存知でしょうか。皮膚は紫外線によって刺激を受けるとたくさんの分解酵素を作り出します。

この分解酵素の中にはコラーゲンを分解する酵素が存在し、それによってコラーゲンが減少してしまいます。
さらに紫外線の影響によって正常なコラーゲンの生成能力が低下するとも言われており、一時的に紫外線を浴びる分には皮膚の修復によって元に戻りますが、継続的に浴び続けると皮膚の中のコラーゲンは徐々にダメージを受け、シワやたるみの原因になってしまいます。

一説によると、紫外線による老化(「光老化」と呼ばれている)は加齢による自然老化よりも激しく、老化の8割が紫外線によるものとも言われています。

美肌のために、普段から日焼け止めをしっかり塗って紫外線対策をすることが大切です。

近年注目!コラーゲンの「糖化」で老化促進?美肌のためには糖化対策の重要性

「抗糖化」は近年の老化対策で注目されているキーワードの一つです。

まず糖化とはその名の通り、タンパク質が体温で余分な糖と結びつくことです。
これによって、身体の中でタンパク質が変性、劣化してAGEs(蛋白糖化最終生成物)という名の老化物質を生成してしまいます。

冒頭でもお話しした通り、コラーゲンもタンパク質ですので糖化を起こし、本来のバネのような構造を失ってしまうため、お肌の大切なハリや弾力が低下してしまいます。また、近年ではこの糖化がお肌の「くすみ」にも影響しているという研究も盛んです。

身体の中でタンパク質を糖化させる糖は「ブドウ糖(グルコース)」と「果糖(フルクトース)」の2つがあります。そのうち果糖はブドウ糖と比べ、10倍以上のスピードでタンパク質を糖化させることが知られています。

果糖は主に果物やお菓子、スイーツ、ジュースなどの清涼飲料水に多く含まれており、特に現在人はその大半をお菓子やジュース等の加工食品から摂取しているとされています。

食品原材料表示には「果糖ブドウ糖液糖」「ブドウ糖果糖液糖」などのような表示で記載されているものに多くの果糖が含まれているため、美肌のためには、これらの摂取量を極力減らした食生活が大切です。

「コラーゲン」の経口摂取でコラーゲンは増えるのか?肌への効果は

経口摂取したコラーゲンはどうなる?
コラーゲンはタンパク質の一種と冒頭でもお話ししましたが、コラーゲンの主な成分は、タンパク質が分解された非必須アミノ酸の「グリシン」と「プロリン」、プロリンから作られる「ヒドロキシプロリン」という成分から出来ています。

食事で摂ったタンパク質は体内で消化酵素によりアミノ酸に分解され、全身に運ばれます。
そのため、タンパク質であるコラーゲンを摂取してもそのまま吸収され、利用されることはなくアミノ酸に分解されてしまうので積極的な摂取は必要ない…と考えられてきました。
しかし、最近の研究ではコラーゲンの一部がアミノ酸まで分解されずに、『コラーゲンペプチド』と呼ばれる物質として、体内で利用されることが分かってきたのです。

コラーゲンペプチドは先述したコラーゲンの材料的な物質であり、これが豊富に存在することで肌を作るコラーゲンにもいい影響がある可能性が示唆されています。

実際にコラーゲンペプチドの摂取によりお肌の水分量が有意に上昇したという報告もあります。

美肌やコラーゲンのために摂った方がいいもの

コラーゲンはビタミンCや鉄分と合わせて摂取
コラーゲンの合成にはタンパク質を必要とし、ビタミンCを補酵素として、鉄を保因子として合成されます。

ですからコラーゲンの合成に必要な「グリシン」「プロリン」「ヒドロキシプロリン」といった非必須アミノ酸だけでなく、ビタミンCと鉄分も摂取することが、美肌のためには必要です。

特にビタミンCは美白になるために必要な栄養素でもあるため、サプリなどで積極的に摂りたい成分です。
以上、コラーゲンが美肌のために大事な成分であることをご紹介しました。

コラーゲンの損傷や衰えは目にはすぐに見えないため、どうしても軽視してしまいがちですが、美肌と健康を長く維持するためにはしっかりとしたケアが欠かせないものです。

普段のスキンケアや食生活も上記の内容をしっかりと意識して、コラーゲン摂取のみだけを考えるのではなく、コラーゲンの合成に必要なビタミンCや鉄分も一緒に摂るようにしましょう。