プラセンタ

プラセンタにはどんな成分が含まれている?そのパワーの秘密

最近よく耳にする「プラセンタ」。何となく美容によさそう……ということは分かっていても、何にどう効果的なのかまでは、なかなか知られていません。今回は、プラセンタの成分と、そのパワーの秘密を解説します。

<監修>

日比野佐和子先生
日比野佐和子先生
医療法人康梓会Y‘sサイエンスクリニック広尾統括院長・大阪大学大学院 医学系研究科 臨床遺伝子治療学 特任准教授


ひびの・さわこ 医学博士。内科医、皮膚科医、眼科医、日本抗加齢医学会専門医。同志社大学アンチエイジングリサーチセンター講師、森ノ宮医療大学保健医療学部准教授、(財)ルイ・パストゥール医学研究センター基礎研究部アンチエイジング医科学研究室室長などを歴任。現在はアンチエイジング医療における第一人者的な立場として、基礎研究から最新の再生医療の臨床に至るまで幅広く国際的に活躍するとともに、テレビや雑誌等メディアでも注目を集める。プラセンタ療法を含む再生医療においてのパイオニアでもある。

目次

プラセンタとは胎盤のこと

胎盤を表したおなかの画像
プラセンタとは、「胎盤」のことです。哺乳類の赤ちゃんは、へその緒でお母さんの胎盤とつながっています。子宮の中で赤ちゃんの成長を助けているのが、胎盤なのです。そのため胎盤には、赤ちゃんの成長に必要な栄養成分がたくさん含まれています。その栄養成分には、様々な効果があるといわれているのです。

人間以外の哺乳類は出産後、自分の体から出た胎盤を食べるという話を聞いたことはありませんか? これは、栄養豊富な胎盤を食べて、出産後の母体を回復させるためだといわれています。自然界の知恵として、胎盤の栄養素の高さを生まれながらに知っているのかもしれません。

その胎盤の栄養素の高さは、医療の世界でも注目され、プラセンタエキスは肝機能障害や更年期障害の治療に使われてきました。最近では、一般向けの化粧品や美容ドリンクにも、胎盤から抽出した成分「プラセンタエキス」を使ったものもたくさん出てきています。

プラセンタに含まれる豊富な美容成分

美容成分を表した画像
プラセンタには、10数種類のアミノ酸、各種ビタミン、ミネラルなど、多様な栄養成分が含まれています。化学合成では、こんなに多様な成分を含むことはできません。自然由来だからこそ、多様な成分が含まれるのです。その多様な成分が複合的に作用して、効果を生むといわれています。

ここでは、プラセンタに含まれる美肌成分を主に紹介します。

・美肌成分1 アミノ酸
アミノ酸は、プラセンタに最も多く含まれる成分で、細胞をつくる材料となるものです。ロイシン、リジン、バリン、スレオニン、イソロイシンなど、名前を聞くと知らないものばかりかもしれません。でもアミノ酸は、角質の状態を整え、ターンオーバーを促し、美肌をつくるのに欠かせない成分です。


・美肌成分2 各種ビタミン
プラセンタには、実に多様なビタミンが含まれます。ビタミンB1、B2、B6、B12、C、D、ナイアシンと、それぞれが美肌効果をもつ成分です。


・美肌成分3 各種ミネラル
プラセンタには、ミネラルもたくさん含まれます。骨をつくるカルシウムをはじめ、ナトリウム、カリウム、リン、マグネシウム、亜鉛、鉄など、体にも肌にもよい成分がたっぷりです。


・美肌成分4 活性ペプチド
活性ペプチドは、アミノ酸と同じような働きをする成分です。体を活性化させ、免疫力の調整をしたり、ミネラルの吸収を助けたり、多彩な働きをする活性ペプチド。筋肉や骨をつくる働きもあり、アンチエイジングへの効果が注目されています。


・美肌成分5 酵素
酵素は、消化吸収や代謝を助ける成分です。体に必要な栄養をエネルギーに変え、新陳代謝を促し、古い細胞を新しい細胞に生まれ変わらせます。まさに、美肌に必要な成分。体内にもともともっている成分ですが、加齢と共に減少するといわれるので、積極的に摂りたいですね。


ここで紹介したのは、プラセンタの成分のごく一部です。他にも、細胞を新しく生まれ変わらせる核酸、水分をたくわえて細胞をみずみずしく保つムコ多糖体など、プラセンタには多様な成分が含まれているのです。

プラセンタの「成長因子」はアンチエイジングに効果的!

美肌の女性
「成長因子」という言葉を聞いたことがありますか? 美容に詳しい方なら、知っているかもしれません。

「成長因子」はタンパク質の一種で、様々な細胞の増殖や分化を促す働きがあります。細胞増殖因子、増殖因子とも言いますが、肌に関係している成長因子には、EGF(表皮細胞成長因子)、FGF(線維芽細胞成長因子)、IGF(インスリン様成長因子)、TGF(トランスフォーミング成長因子)、NGF(神経成長因子)などがあります。

こういった成長因子が肌の再生、修復にも関わっていますが、美肌のためには、「成長ホルモン」の分泌を活性化させることも重要です。成長ホルモンは若返りホルモンとも呼ばれ、美肌には欠かせません。しかし、加齢と共に分泌が少なくなってしまいます。すると、シワやシミ、たるみなど、肌悩みを引き起こしてしまうのです。

「成長因子」と「成長ホルモン」は混同されがちですが、成長ホルモンを活性化させるには、睡眠の質や適度な運動、質のよいタンパク質の摂取などが重要です。成長因子が成長ホルモンを活性化させるのではなく、成長ホルモンを活性化させる生活習慣を送ることが、成長因子の活性化にもつながるのです。

成長因子には様々な種類がありますが、プラセンタには次のようなものが含まれます。

・EGF
上皮細胞増殖因子。肌のターンオーバーを促進させます。


・FGF
線維芽細胞増殖因子。肌の弾力を保つコラーゲンやエラスチンを再生させ、肌を若々しく保ちます。


・IGF
インスリン様成長因子。細胞の修復などに役立ちます。


他にもプラセンタには、免疫力を向上させる各種成長因子が含まれています。

プラセンタの美肌パワーってどんなもの?

頬を触る女性
このようにプラセンタには美肌成分がたくさん含まれており、複合的に作用して、美肌効果を生み出しています。それでは、プラセンタでどんな美肌パワーが期待できるのか、詳しく説明していきましょう。

・美肌パワー1 赤ちゃんのような透明な肌に

透明な肌
プラセンタには、アミノ酸や脂質、ビタミンなど、美肌成分が豊富です。

これらの成分は、新陳代謝を活発にしてくすみを目立たなくしてくれます。さらに、皮膚の細胞分裂を促し、肌を細胞レベルから若返らせる力があります。だから、赤ちゃんの肌のような、ハリや透明感のある美白肌につながるのです。

・美肌パワー2 シミにアプローチして美白に

シミを気にする女性
シミの原因になるのは、紫外線を浴びると大量につくられる褐色のメラニンです。

プラセンタは、メラニンが過剰につくられるのを防いでくれます。加えて、肌のターンオーバーを促し、メラニンを排出します。予防だけでなく、できてしまったシミにも働きかけるのです。

・美肌パワー3 シワにアプローチ

シワを気にする女性
プラセンタには、角質の水分を保持する保湿機能があるので、乾燥による小ジワ対策にも効果が期待できます。

また、プラセンタに含まれる成長因子は細胞を活性化させ、コラーゲン、エラスチンの量を増やします。
そのため、エラスチンやコラーゲンの減少でできる「真皮ジワ」への対策にも効果的。タイプの違うシワに対してもアプローチができるのです。

・美肌パワー4 くすみにアプローチ

くすみを気にする女性
くすみの原因のひとつに、血行不良があります。冷え性の人は特に悩んでいるのではないでしょうか。

プラセンタには血行促進作用があり、冷え性改善にも効果が期待できます。冷え性を改善すれば、くすみも改善して明るい肌色に近づけますよ。

まとめ

プラセンタに含まれる成分には、こんなに美肌パワーがあるのです。
これ以外にも、体を酸化から守る抗酸化作用、アレルギー症状を抑える抗アレルギー作用、ほてりや赤みなどの炎症から守る抗炎症作用など、幅広く老化から守る抗老化作用が期待され、プラセンタにはお伝えしきれないほどにたくさんの効果があります。

毎日のプラセンタ習慣で、そのパワーを享受し、美肌を育てていきましょう!