プラセンタ

「プラセンタ」が更年期や加齢した肌にイチオシの5つの理由

更年期の女性
歳を重ねると共に変化する肌のコンディション。若い時と同じスキンケアで満足してしまっていませんか?
更年期の女性ホルモンバランスの乱れで起こる肌荒れや、加齢によるシミやシワなど、ひとつに絞れない幅広い肌悩みには、プラセンタがおすすめです。
プラセンタが更年期や加齢した肌にイチオシの4つの理由を、その働きや仕組みと共にお伝えします。

<監修>

日比野佐和子先生
日比野佐和子先生
医療法人康梓会Y‘sサイエンスクリニック広尾統括院長・大阪大学大学院 医学系研究科 臨床遺伝子治療学 特任准教授


ひびの・さわこ 医学博士。内科医、皮膚科医、眼科医、日本抗加齢医学会専門医。同志社大学アンチエイジングリサーチセンター講師、森ノ宮医療大学保健医療学部准教授、(財)ルイ・パストゥール医学研究センター基礎研究部アンチエイジング医科学研究室室長などを歴任。現在はアンチエイジング医療における第一人者的な立場として、基礎研究から最新の再生医療の臨床に至るまで幅広く国際的に活躍するとともに、テレビや雑誌等メディアでも注目を集める。プラセンタ療法を含む再生医療においてのパイオニアでもある。

目次

更年期、女性ホルモンの乱れから肌荒れが発生!?

女性ホルモン量の変化を表したグラフ
更年期とは、閉経前後の約5年間、合わせて10年間ほどの期間のことです。思春期の時にホルモンバランスが大きく変わり体が変化したように、更年期も大きな変化が訪れるタイミングです。

特に大きいのが、女性ホルモンの分泌が減少することによって起こる体の変化。女性ホルモンの1つ「エストロゲン」は、更年期のタイミングで分泌量が大きく低下します。

しかしこのエストロゲンは「若返りのホルモン」と呼ばれるほど肌の調子をよくしてくれるもの。エストロゲンがしっかり分泌されていると、こんな効果があることが分かっています。

エストロゲンがしっかり分泌されていると……
  • 肌の水分をキープして潤い肌に
  • 老化の原因となる活性酸素を除去してくすみのない肌に
  • 肌のハリを保つ

こんな影響があるのです。女性ホルモンがいかに美肌にとって大切なものかが分かりますね。

更年期や加齢した肌にプラセンタがイチオシの理由① ホルモンバランスの乱れにアプローチ

女性ホルモンについて
女性ホルモンの乱れによる肌荒れには、「プラセンタエキス」を摂ることがおすすめです。

プラセンタとは、そのまま訳すると「胎盤」のこと。お腹の中で赤ちゃんを育てる際、子宮の中で赤ちゃんの成長を助ける役割をもつ臓器です。
胎盤は、ほとんどの哺乳類は出産後の栄養補給のため、自分で食べてしまうほど栄養豊富なもの。
約10種類のアミノ酸をはじめ、各種ビタミンやミネラル、酵素などたくさんの栄養素が詰まっています。

プラセンタエキスは、医薬品や美容ドリンク、化粧品などの原料にもなっています。プラセンタのもつ栄養素は特に、更年期や加齢した肌に効果的。
更年期が近づくと、どうしても美肌を保つためのエストロゲンは低下してしまうものですが、プラセンタを体内に摂り入れると、女性ホルモンであるエストロゲンが増えたという報告があります。

定期的にプラセンタを摂ってエストロゲンを増やす習慣をもつことが、若々しい美肌のカギになるのです。

更年期や加齢した肌にプラセンタがイチオシの理由② 若返りホルモンの分泌を活性化!

更年期の女性
人の体内には「ヒト成長ホルモン」というホルモンがあり、これによって細胞や肌などの若さを保っています。しかしこのホルモン、歳を重ねるごとにどんどん分泌が減ってしまうものなのです。

ヒト成長ホルモンが低下すると……
  • シワやシミが発生
  • 肌のくすみ
  • 肌のたるみ
  • 体の筋肉のたるみ
以上のようなことが起きてしまいます。

このヒト成長ホルモンの分泌を活性化させてくれるのが「成長因子」と呼ばれるタンパク質の一種で、プラセンタに含まれていることが分かっています。

プラセンタを摂ると……
  • 肌のターンオーバーが促進されてくすみが目立たない肌へ
  • 肌の弾力を保つコラーゲンやエラスチンが再生され、若々しい肌へ
  • 細胞の修復力がアップし、健やかな肌へ
以上のようなうれしい結果が期待できます。

更年期や加齢した肌にプラセンタがイチオシの理由③ できてしまったシミにもアプローチ

更年期や加齢した肌にプラセンタがイチオシの理由 できてしまったシミにもアプローチ
加齢した肌に目立つシミ、諦めてしまっていませんか?プラセンタは、できてしまったシミにも働きかけてくれるのです。

紫外線を浴びると、メラノサイトが活性化して褐色のメラニンがつくられます。これが日焼けの後に残るシミの原因です。

プラセンタには美白作用があり、チロシンからメラニンがつくられるのをブロックしてくれます。プラセンタを摂ることで、メラニンが過剰につくられるのを防いでくれるので、シミ予防が期待できます。

さらにできてしまったシミに対しては、肌のターンオーバーを促進し、メラニン色素を排出してくれる働きもあります。さらに、プラセンタには血行を促進する効果もあるので、どんよりくすんだ肌色もパッと明るく、全体的にクリアな印象を与える肌に整えてくれますよ。

更年期や加齢した肌にプラセンタがイチオシの理由④ シワのもとにアプローチ

プラセンタがシワにアプローチする様子
プラセンタは、その多様な働きにより、異なるタイプのシワにも働きかけます。タイプ別に期待できる効果をみてみましょう。

乾燥が原因の小ジワ
小ジワは主に、乾燥が原因でできるもの。肌の一番外側でバリア機能を担う角質層の水分が不足したり、皮脂の分泌が低下したりすることで肌が乾燥し、小ジワの原因となります。
プラセンタは、角質層の水分を保持する能力があるため、乾燥からくる小ジワの改善に期待ができます。

深く刻まれた大きなシワ
ほうれい線や目の下のたるみシワなど、皮膚の深いところにできた大きなシワは、細胞の弾力やハリを保つエラスチンやコラーゲンが減ることが原因とされています。減少する理由はずばり加齢です。
プラセンタを摂ることで、プラセンタに含まれる成長因子が細胞を活性化させ、修復、再生をサポートしてくれるので、結果的にコラーゲンやエラスチンの量が増え、大きなシワにもアプローチすることができるのです。

更年期や加齢した肌にプラセンタがイチオシの理由⑤ 抗酸化作用で若々しい肌へ

プラセンタが活性酸素の発生を抑制、生き生きした女性
私たちは呼吸をする時、酸素を取り込みますが、体内に取り込む酸素の約2%が「活性酸素」というものに変わります。
活性酸素は体内に侵入した細菌やウイルスから身を守ってくれる大事な物質ですが、過剰に発生し過ぎてしまうと正常な細胞まで攻撃してしまうので、肌にも悪影響を及ぼします。

普通の呼吸からも発生しますが、ストレスや喫煙、紫外線や激しい運動によって大量に発生し、肌などの老化を進めてしまうのです。

活性酸素が増えると……
  • エラスチンやコラーゲンを破壊し、肌の弾力が低下。その結果、大きなシワが生まれやすく
  • メラニン色素が増加。その結果、シミやくすみが生まれやすく
  • 肌のターンオーバーが乱れる。その結果、乾燥肌や肌荒れしやすい肌に、シミも濃くなる
以上のような肌の老化が起きやすくなります。

プラセンタは、うれしいことに活性酸素の発生を抑えてくれる強力な抗酸化作用をもっています。
活性酸素を除くためには、抗酸化力の高いカラフルな緑黄色野菜やフルーツなどを摂るとよいといわれますが、毎日適量を食べ続けるのが難しい時もありますね。

プラセンタ入りの美容ドリンクなどで、手軽に毎日摂る習慣をつくることをおすすめします。

まとめ

更年期や加齢によって、若い時とはコンディションが変わってくる肌ですが、幅広い肌悩みにもアプローチできるのがプラセンタの魅力です。安定した美肌を目指すために、プラセンタ習慣を始めてみましょう。