目が覚めたときから始まる美便習慣
腸を刺激してスムーズに出すプチ運動&ポージング

お通じ、定期的にありますか?忙しいから、恥ずかしいからと我慢し続けていると、直腸の感覚が鈍って便意を感じにくくなります。本来、朝は最も便意を感じやすい時間帯、運動と姿勢に工夫して「スムーズな排泄」をめざしましょう。

「朝」を見直してスルッとすっきり!

便秘しやすい人は、生活のリズムがバラバラということが多いようです。寝る時間が遅ければ、昼間も眠かったり、朝も食欲がわかなかったり、体のリズムも乱れてしまいます。ギリギリに飛び起きてバタバタ身支度していては、排泄のリズムもつくれませんね。
せっかく溜まった便も、排泄されずにいると水分が吸収され硬くなってしまい、スルッとでない、痛い・苦しい・すっきりしないということになってしまうのです。便意を感じやすい朝を有効に使って「美便」めざしたいですね。

美便のための「朝活」ポイント

外から内から腸を刺激し動かしはじめる!寝たまんま体操

便秘解消には、大腸のぜん動運動を活発にすること、押し出すための筋力を高めることが大切です。ジムに通ったり筋トレをしたりなんて無理!といった心配は無用。毎日の生活の中でできるエクササイズがあります。

寝たまんま体操①

寝床の中でできる「腸の目覚まし運動」、体を目覚めさせ内臓がしっかり動き始めるように、起き上がる前の習慣にしましょう。まずは、横になったままゆっくり背伸び。これで体がリラックスします。

寝たまんま体操②

ひざかかえ:あおむけに寝て、片方のひざを抱えて胸に押しつけるようにして、太ももの裏側をストレッチ。そのまま5秒。元に戻して反対も同様に。交互に3~5回。

バタ足:うつ伏せになり、両腕は組んであごの下に。ひざを伸ばしたまま足を上下させてバタ足。交互に10回。

お尻たたき:ひざを曲げてかかとでリズミカルにお尻をたたく。お尻に届かなくてもOK。左右交互に20回。

回数は目安です。体と相談しながら無理なく続けてください。腰痛のある人は背伸びだけにしましょう。

筋肉を意識したポージングで「美便」への第1歩を!

排便は腹筋や足腰の筋肉を使います。運動不足で筋力が衰えると、排泄力も衰えることになります。日常生活の中でできるながらエクササイズで、筋肉を適度に緊張させましょう。

お尻引き締め

辛い通勤時間をエクササイズの時間に。立ってお尻をキュッ!つま先立ちをしてお尻をキュッ!肛門や骨盤底筋群も鍛えられ排便力がアップします。息を吸いながら肛門をしめ5秒、息を吐きながら緩める。これを10~15回繰り返します。寝たままでも、座った状態でもできるので、合間をみつけてやってくださいね。

腹筋を鍛える

立ち仕事のときは中腰姿勢で。腹筋や太ももの筋トレにもなります。
日常の小さな積み重ねが運動不足の解消に。大股で歩くとか、拭き掃除のときに大きく手を動かすとか、ちょっとしたことで十分ですから、筋肉を意識してできることからはじめてみましょう。

排便しやすい姿勢を覚えよう!

出ないからと無理にいきむと、おしりの静脈の流れを止めてしまうので、痔になる可能性があります。長時間座っているのも、時間をかけないと排便できない体質になってしまうのでNG。トイレタイムは3分を目安にしましょう。

排便姿勢

直腸から肛門までの便の出口となるところの筋肉が緩まないとスムーズに排泄することができません。上半身を前傾させて、便の通り道を広げてあげましょう。

ちょっとした工夫でできるおなかすっきり法をご紹介しました。習慣にして快適な美便ライフをすごしてくださいね。

■非刺激性成分の酸化マグネシウム配合
痛くなりにくく、クセになりにくい
便秘薬/コーラックMg

コーラックMg

第3類医薬品第3類医薬品
【効能】●便秘●便秘に伴う次の症状の緩和:頭重、のぼせ、肌あれ、吹出物、食欲不振(食欲減退)、腹部膨満、腸内異常発酵、痔
この医薬品は、薬剤師、登録販売者に相談のうえ、
「使用上の注意」をよく読んでお使いください。

酸化マグネシウムが腸に水を集め、
便をやわらかくすることで、カチカチ便の方にも効きます。

くわしくはこちら

おすすめ記事