働く女性は便秘になりやすい?
生活のリズムの乱れ、ストレスは便秘の大敵

女性に多い、お通じの悩み。とくに、働く女性は外出先での便意を我慢して、排便のタイミングを逃しがちに。生活リズムの乱れやストレス、ダイエットのほか、女性ホルモンや妊娠・出産も便秘と関わりがありました。

働く女性にありがち!?便秘になりがちなNG生活習慣

忙しく働く女性が便秘になるのは、生活リズムの乱れが原因かもしれません。毎日の生活のなかでNG習慣をしていないか、見直してみましょう。

NG習慣1:便意を我慢している

朝は身支度や家族の世話で忙しく、ゆっくりトイレに入っている時間がない…なんてことはありませんか?

せっかく便意が訪れたときには、通勤中や仕事中で排便のタイミングを逃してしまう、という女性も多いもの。便意を無視し続けていると、おなかの中で便の水分が失われ、便が硬く、排泄しづらくなります。さらに、我慢し続けることで直腸の反応も鈍くなり、便意を感じにくくなる悪循環に陥ります。

朝はもっともお通じが出やすい時間帯。家を出る前に、しっかりトイレタイムの時間をとりましょう。

NG習慣2:食生活の乱れ

外食続きで肉食に偏りがちで野菜を食べない、スイーツなどの間食が多い、暴飲暴食が多い、または逆に食事の量が少なすぎるといった食習慣もNG。食物繊維をたっぷり摂ると、便のかさが増え、スムーズな排便につながります。腸内環境を改善するといわれているヨーグルトなどの発酵食品をとるのもおすすめ。できるだけ1日3食を同じタイミングできちんと摂ることを目標にしましょう。

朝食をとることも大切です。起きたばかりの空っぽの胃に食べ物が入ることで、ぜん動運動が行われ、便意が促される「胃・結腸反射」が起こりやすくなります。朝食がとれない場合でも、バナナやヨーグルトなど簡単なものだけでも口にするようにして。目が覚めたら、コップ1杯の水を飲むことを習慣にしましょう。

NG習慣3:運動不足

デスクワークの女性、車通勤の女性に起こりやすいのが運動不足。実は、排便には筋力も関係があります。便意を感じたときに、腹圧をかけていきむことで便を出すことができるため、運動不足で腹筋がしっかり働かないと、便を押し出す力が弱くなります。また、運動不足による血行不良はおなかの働きを鈍らせることも。腹筋を鍛え、ぜん動運動を促すエクササイズを行いましょう。

NG習慣4:ストレスを溜め込みやすい

仕事につきもののストレス。腸の働きは自律神経の働きによってコントロールされているため、自律神経に影響が深いストレスも便秘の原因に。

自律神経には緊張しているときに優位になる「交感神経」とリラックスしているときに優位になる「副交感神経」があります。2つの神経はバランスを保って働いていますが、ストレスが強く緊張状態が続くと自律神経のバランスが崩れ、腸の働きを乱します。便秘のほかに下痢や、便秘と下痢を繰り返す症状が表れることも。ストレスケアも便秘解消には欠かせません。

生理前や妊娠中は便秘がちに…女性ホルモンにも原因あり

そもそも、女性は男性に比べて「便秘を招きやすい」体を持っているともいえます。

理由1:女性ホルモンの働き

女性特有の原因として、女性ホルモンである「黄体ホルモン」の働きがあります。排卵後~生理前に分泌される「黄体ホルモン」には、体内に水分をため込んで腸の働きを抑える働きがあるため、生理前は便秘が起こりやすくなります。

理由2:筋肉不足

ご紹介した通り、便を押し出すには筋肉が必要です。女性は男性に比べ、筋肉量が少ないことも原因に。加齢により、この傾向は一層強くなります。

理由3:ダイエット

ダイエットをしている女性は多いもの。ですが、食事量が少ないと作られる便の量も少なくなり、便が排出されづらくなります。また、ご飯やパンなどの炭水化物には食物繊維も含まれているため、便秘気味の方は炭水化物を減らしすぎないことも必要です。栄養の偏りや水分不足にもご注意を。

理由4:妊娠・出産

妊娠中は黄体ホルモンの分泌が盛んになるため、便秘を招きやすくなります。さらに、妊娠で大きくなった子宮が腸を圧迫し、運動量も減ることから、より便秘がちに。出産後は妊娠中に腹筋や骨盤底筋郡などの筋肉が衰えやすく、母乳育児の場合は水分不足になるケースも。育児のために生活リズムが乱れ、排便のリズムも崩れることも影響します。

働いてもそうでなくても、排便のトラブルが起こりやすい女性の体。便秘はさまざまな要因に影響されますが、できるところから改善していきましょう。

■非刺激性成分の酸化マグネシウム配合
痛くなりにくく、クセになりにくい
便秘薬/コーラックMg

コーラックMg

第3類医薬品第3類医薬品
【効能】●便秘●便秘に伴う次の症状の緩和:頭重、のぼせ、肌あれ、吹出物、食欲不振(食欲減退)、腹部膨満、腸内異常発酵、痔
この医薬品は、薬剤師、登録販売者に相談のうえ、
「使用上の注意」をよく読んでお使いください。

酸化マグネシウムが腸に水を集め、
便をやわらかくすることで、カチカチ便の方にも効きます。

くわしくはこちら

おすすめ記事