スギ花粉症の時期、いつからいつまで

スギ花粉が飛ぶ時期は、地域によって少しずつ違います。お住いの地域では、だいたいいつからいつまでスギ花粉が飛散するのかを知っておくと、タイミングよく効果的な花粉症対策ができます。

スギ花粉の飛散時期

エリア別スギ花粉の飛散時期はこちらです。

北海道エリア

飛散開始時期:3月中旬
飛散のピーク:全体的に少ない
飛散終了時期:5月上旬

東北エリア

飛散開始時期:1月下旬(早いときは前年の秋から)
飛散のピーク:2月半ばから4月中旬
飛散終了時期:6月中旬

関東エリア

飛散開始時期:1月上旬(早いときは前年の秋から)
飛散のピーク:2月から4月いっぱい
飛散終了時期:7月上旬

中部・東海エリア

飛散開始時期:1月上旬(早いときは前年の秋から)
飛散のピーク:2月中旬から4月
飛散終了時期:5月上旬

関西・中国・四国エリア

飛散開始時期:1月上旬
飛散のピーク:2月中旬から3月中旬
飛散終了時期:5月上旬

九州エリア

飛散開始時期:1月上旬
飛散のピーク:2月中旬から3月中旬
飛散終了時期:5月上旬

スギの“狂い咲き” にご用心!

実をいうと、スギ花粉は前年の秋頃から飛ぶことが少なくありません。ふつうは、春先に雄花が開花して花粉を飛ばし始めますが、気候によっては おっちょこちょいなスギが“狂い咲き”をして花粉を飛散させることがあるのです。
スギの花芽は前年の夏にでき、その後11月上旬には、「休眠」という状態に入ります。寒い冬の期間、少しずつ目覚める準備をしている花芽は、気温の上昇とともに花粉の飛散を始めます。
しかし、秋の気温が異常に高いと、休眠することなく雄花が咲いてしまうのです。“狂い咲き”によるスギ花粉の飛散量はあまり多くありませんが、敏感な人は11月から12月頃に症状が現れます。

実際の飛散状況や飛散量もチェック

上記のエリア別スギ花粉の飛散時期は、2002年から2011年まで10年間の観察をもとにしています。実際の飛散状況や飛散量は気候の影響を受けるので、日本気象協会が発表する「春の花粉飛散予測」や、花粉シーズンに観測地点から自動送信された飛散データを、毎時35分頃に更新される環境省花粉観測システム「はなこさん」などで、最新の情報をチェックして対策に役立ててください。

教えてくれた先生

松脇 由典 先生
松脇 由典 先生
医療法人社団 恵芳会
松脇クリニック品川 院長
耳鼻咽喉科・アレルギー科医師
松脇クリニック品川
【略歴】
1994年3月
東京慈恵会医科大学 医学部 医学科卒業
1994年5月
東京慈恵会医科大学付属病院にて研修開始
2006年8月
東京慈恵会医科大学 耳鼻咽喉科講座 講師
医療法人社団恵芳会 松脇クリニック品川 
理事長
現在に至る
【学会】

日本耳鼻咽喉科学会・専門医/日本アレルギー学会・専門医/日本鼻科学会
耳鼻咽喉科臨床学会/耳鼻咽喉科短期滞在手術研究会/
品川気道アレルギー研究会・代表
アレルギー・好酸球研究会

【賞罰】
平成24年
日本鼻科学会 第19回学会賞
平成18年
米国アレルギー喘息免疫学会 
Featured presentation
平成17年
東京慈恵会医科大学 金杉賞