2023年春の花粉飛散予測 2023年春の花粉飛散予測

日本気象協会 2023年 春の花粉飛散予測(第4回)

 ~九州から関東甲信にかけて前シーズンより飛散量は多く、特に四国、近畿、東海、関東甲信では非常に多く飛ぶ見込みです。東北は地域によって差があり、北海道は少ない。~

日本気象協会は2023年2月21日に「2023年 春の花粉飛散予測(第4回)を発表しました。

3月にかけて全国的に平年より気温が高くなる見込みで、すでに飛散開始している九州を中心にまもなく飛散のピークを迎えるでしょう。今年は大量飛散が見込まれる地域が多いため、花粉症の方はしっかりとした対策が必要です。

2023年シーズンの花粉飛散傾向   

2023年の花粉飛散量(例年比) 2023年の花粉飛散量(例年比)

2023年の花粉飛散量(例年比)

2023年の花粉飛散量(前シーズン比) 2023年の花粉飛散量(前シーズン比)

2023年の花粉飛散量(前シーズン比)

【例年比】
九州では例年並み、四国と中国、近畿、北陸ではやや多くなるでしょう。東海と東北では多く、関東甲信では非常に多く飛ぶ見込みです。北海道は例年よりやや少ないでしょう。 

【前シーズン比】
九州から関東甲信にかけて前シーズンより飛散量は多く、特に四国、近畿、東海、関東甲信では非常に多く飛ぶ見込みです。東北は地域によって差があり、北海道は少ないでしょう。前シーズンは症状が弱かった方も万全な花粉症対策が必要になりそうです。   

スギ花粉の飛散開始時期

スギ花粉の飛散開始時期 スギ花粉の飛散開始時期

 2月に入り、九州地方全域と、中国、四国、近畿、東海、関東、東北南部の一部地域で、スギ花粉の飛散が始まりました(※)。いよいよ花粉シーズンの始まりです。この先、2月末にかけては北陸で、3月に入ると長野県や東北北部で飛散開始する見込みです。

1月下旬に、「10年に一度」と言われる強烈な寒波が日本列島に襲いかかりました。九州から北海道まで日本海側を中心に雪が降り、東北では観測史上初めて全アメダス地点で真冬日を記録するなど、各地で大雪や厳冬の記録が続々と出ました。

2月に入り、立春を過ぎ、暦の上では春を迎えました。まだ厳しい寒さが続くところもありますが、気温が平年を超える日も出てきており、スギ花粉の飛散エリアが広がっています。19日には九州北部と四国で「春一番」を観測し、徐々に春らしさが増しています。この先、3月にかけて全国的に平年より気温が高くなる見込みで、すでに飛散開始している九州を中心にまもなく飛散のピークを迎えるでしょう。今年は大量飛散が見込まれる地域が多いため、花粉症の方はしっかりとした対策が必要です。   

※ 飛散開始日:1平方センチメートルあたり1個以上のスギ花粉を2日連続して観測した場合の最初の日   

都道府県別 予測飛散量ランク

一般財団法人 日本気象協会 2023 年 2 月 21 日発表 

都道府県別 予測飛散量ランク 都道府県別 予測飛散量ランク

【花粉の種類について】
北海道はシラカバ、その他はスギ・ヒノキ花粉の飛散量を表します。

【飛散量に関する言葉の説明】

非常に多い
例年(前シーズン)の200%以上
多い
例年(前シーズン)の150%以上200%未満
やや多い
例年(前シーズン)の110%以上150%未満
例年並(前シーズン並)
例年(前シーズン)の90%以上110%未満
やや少ない
例年(前シーズン)の70%以上90%未満
少ない
例年(前シーズン)の50%以上70%未満
非常に少ない
例年(前シーズン)の50%未満
平年
1991~2020年の平均値
例年
過去10年間(2013~2022年)の平均値

 

飛散量の予測根拠

花粉の飛散量は前年夏の気象条件が大きく影響します。気温が高く、日照時間が多く、雨の少ない夏は花芽が多く形成され、翌春の飛散量が多くなるといわれています。

2022年の夏(6月~8月)は梅雨前線の活動が弱く、特に6月の降水量は西日本 太平洋側でかなり少なく、日照時間は東日本 日本海側と西日本 太平洋側でかなり多くなりました。また、6月後半から7月上旬にかけて太平洋高気圧が強まり、東・西日本を中心に晴れてかなりの高温となりました。そのため、6月に「高温・多照・少雨」となり、スギの花芽形成に好条件となりました。さらに、2021年~2022年に花粉飛散量が少なかった地域が多く、スギの木に花芽を形成させるエネルギーが蓄えられていたため、より一層、スギの花芽形成が促進されたと考えられます。  

日本気象協会の花粉飛散予測とは

日本気象協会は1990年からスギ花粉の飛散予測を発表しています。日本気象協会の花粉飛散予測は前シーズンの花粉飛散結果や今後の気温予測などの気象データをもとに、全国各地の花粉研究会や協力機関からの情報、花芽の現地調査の結果などをふまえて予測しています。