OPEN CLOSE

4. 頭皮が臭い、その原因と対策

頭皮のにおい、気にしていますか?その臭い頭皮のせいで、抜け毛・薄毛に悩まされているのかもしれません。頭皮が臭い原因を探り、頭皮ケアをして健康な頭皮を取り戻しましょう。

頭皮のにおいチェックをしよう

自分のにおいは案外気が付かないもの。思いもよらず、仕事中など近くの人に迷惑をかけているかもしれません。
周囲のにおいを吸着してしまう髪の毛のにおいも気になりますが、頭皮から出てくるにおいは不潔な印象を相手に与えかねません。

頭皮が臭くなっているかどうかは、一人でも簡単に確認できます。
まずは、朝、起き抜けに枕をチェックしてみましょう。臭くなっていたら、頭皮が臭い証拠です。
また、乾いた髪にドライヤーの風や扇風機の風を後頭部から吹きかけ、頭皮のにおいがするかどうかを確かめる方法もあります。
頭皮を指で軽くこすり、においがするかどうか試すのもよいでしょう。

体調などによってたまに臭くなる程度の頻度でしたらあまり気にすることはないですが、毎日のように臭いにおいを感じたり、家族や周囲の人に指摘されるようでしたら、いますぐ対策を行いましょう。

臭い頭皮の原因

頭皮のにおいには、頭皮の皮脂量が大きく関わっています。皮脂は髪を滑らかにしたり頭皮を守ったりと重要な働きをしていますが、洗髪後4時間〜半日程度で頭皮の毛穴に溜まってしまいます。過剰に分泌された皮脂やフケを餌にして雑菌が繁殖し、臭いにおいを発生させます。これが、頭皮が臭くなる主な理由です。
頭皮の皮脂は多く、皮脂の分泌が多いといわれるTゾーンの皮脂量と比べ、およそ2倍の皮脂が分泌されています。夕方に鼻の頭を触ると脂っぽく感じますが、その2倍の量の皮脂が頭皮で分泌されていると考えると、非常にべとついた頭皮になっているということが分かりますね。また、男性ホルモンの影響で男性の方が皮脂量が多く分泌されますので、女性よりもにおいが発生しやすくなります。

臭い頭皮は頭皮トラブルのサイン

頭皮が臭いということは、通常の健康な状態とは異なるということです。頭皮のにおいは頭皮の異常を知らせるサインとも言えます。
何日も髪を洗っていないのが原因で臭いのならば、髪を洗って清潔に保てばよいことですが、毎日ちゃんと洗髪していても頭皮が臭くなってしまう場合もあります。間違った頭皮ケアや生活習慣によって頭皮が臭くなってしまうのです。洗っているから大丈夫ということではありません。

①誤ったシャンプー方法髪を十分に濡らしていなかったり、シャンプーを泡立てずに頭皮につけると、頭皮を均等に洗えません。また、シャンプーやコンディショナーをよくすすいだつもりでも、実際にはすすげていない場合があります。利き手ではない反対側や普段から洗いにくいと感じているところは、特に気を付けて流しましょう。特にコンディショナーはしっかりすすぐ必要があります。できるだけ頭皮につかないようになじませながらしっかりと洗い流すことを心がけましょう。
また、頭皮が油っぽいからと言って1日に何度もシャンプーするのは逆効果です。頭皮環境を整える常在菌が減り、臭いにおいの原因となる細菌が増える可能性があります。逆に皮脂が少なめの人は、シャンプーを2日に1回にするなどして洗いすぎに注意しましょう。

②湿った頭皮シャンプー後は、しっかりと頭皮をドライヤーで乾かしましょう。生乾きの状態は菌の温床になります。ただし、熱風を当てすぎると頭皮によくないので、熱すぎない風で手早く乾かしましょう。髪の毛が短いからと、頭も拭かないで自然乾燥に任せている方は要注意です。お風呂上りに頭皮に水分が残っていると感じたら、ドライヤーが必要です。

③食習慣食事の内容によっても皮脂の分泌量は変わるといわれています。脂っぽいものを食べれば皮脂の分泌が増え、肉食中心の食生活を送っていると、悪臭の原因物質が体内に溜まり体臭や皮脂臭となって外に現れやすくなると言われています。

④睡眠睡眠も頭皮の健康に深くかかわっています。睡眠中に成長ホルモンが分泌され、成長ホルモンが頭皮や毛髪を健康的に保っています。睡眠不足は、成長ホルモンの分泌が少なくなり、血行不良やストレスで頭皮の健康状態が悪化します。

正しいシャンプーの方法で頭皮のにおいを解消しよう

頭皮のにおいを防ぐために、まずはシャンプーの方法や使用しているシャンプーが頭皮の状況と合っているかどうかを見直してみましょう。
シャンプーを見直すだけでも頭皮環境は改善され、においの悩みを軽減することができます。

正しいケア方法についてはこちら

頭皮がにおうのは、頭皮環境が悪くなっている証拠です。抜け毛・薄毛につながる可能性もあります。健康な髪は健康な頭皮から生まれます。正しい頭皮ケアをしっかりと行いましょう。

脱毛予防に大切な頭皮のケアについて