お疲れ顔になる前に!
「春のゆらぎ肌」を整える栄養素とは?

花粉が舞い始めるこの季節。

鼻水やくしゃみに加えて、肌がかゆい……という症状はありませんか?

もしかしたらそれは、春のゆらぎ肌かもしれません。

肌のバリア機能の低下に加えて、心身の疲れが影響するゆらぎ肌は、まわりに疲れた肌の印象を与えてしまうかもしれません。

健やかな肌をつくるための栄養素と生活習慣を身につけて、ハツラツとした肌を目指しましょう!

<監修>
関東裕美先生(東邦大学医療センター大森病院皮膚科臨床教授)

医学博士。専門は皮膚科全般、アレルギー性皮膚炎。著書に『皮膚は心を映し出す–心療皮膚科医からのメッセージ』(芳賀書店)がある。

お疲れ顔の原因?春のゆらぎ肌

ゆらぎ肌とは、温度・湿度の変化にうまく適応できずに肌の表皮のバリア機能が低下し、一時的に肌が敏感になっている状態のこと。

気候の変化だけでなく、花粉や紫外線などの外部刺激も1つの原因です。

気温差の著しい季節の変わり目や、スギ花粉が飛散する春には特に、ゆらぎ肌になりやすい時期といえます。

洗い過ぎによる乾燥など、肌の状態に合った適切なケアがなされていないことも、肌を不安定にさせる原因になってしまいます。

肌は心身のバロメーター

体調不良が肌の不調を引き起こすことは珍しくなく、心が不安定なときは肌もゆらぎやすくなります。

肌と心はまさに表裏一体で、肌の不調がストレスとなって心を沈ませたり、ナーバスな心が肌をゆらがせたり……と、密接に関係しているのです。

さらに、ゆらぎ肌の状態に心身のストレスや疲れなどが加わると、皮膚の赤み、かゆみ、かさつきなどの症状が起きてしまいます。

職場や家庭、生活環境がストレスの原因になっていませんか?

肌がゆらいでいると感じたら、それまでの生活習慣を見直してみるのもよいでしょう。

ゆらがない元気な肌をつくるには?

バリア機能が低下しているな、と感じたら、肌に負担をかけない必要最低限のスキンケアに留めるのがオススメです。

●洗顔時の注意ポイント
肌の調子が悪い時は、洗い過ぎないことが大切。

顔の脂っぽさを気にする女性は多いですが、皮脂は乾燥や異物から肌を守る保護膜の働きをしています。

洗い過ぎると必要な皮脂まで落としてしまい乾燥を招くため、バリア機能が低下している時のダブル洗顔は避けましょう。

朝はお湯洗いのみ、夜はメイクをしている場合はメイク落としのみ、メイクをしていない場合はお湯洗いのみがよいでしょう。

洗顔料を使うのは脂っぽいと感じる時だけにし、泡で顔を包み込むように優しく洗いましょう。

●スキンケアの注意ポイント
洗顔後は保湿をしっかりと行いましょう。

ワセリンや乳液などの保湿剤を、朝晩や日々の状態に合わせて使い分けてください。

ゆらいでいる時は化粧水でも刺激反応が出ることがあります。

そんな時は保湿剤だけにするなど、臨機応変に対応しましょう。

ゆらぎ肌を防ぐ栄養素をしっかり摂ろう!

ゆらぎ肌対策には、日々の適切なケアに加えてバランスのよい食生活が欠かせません。

肌がゆらいでいる時には、豚肉や卵に多く含まれるビタミンB群、緑黄色野菜に多く含まれるビタミンCやEを意識して摂りましょう。

サプリメントの活用も結構ですが、特定の栄養素に偏ったり摂り過ぎたりすると、アレルギーの発症にもつながるので気をつけましょう。

肌の免疫力を高めて目指せハツラツ肌!

いかがでしたか?
しっかり摂りたい栄養素のほかに、便秘の改善や禁煙、運動も肌の健康には不可欠。

「おいしく、楽しく、心地よく」が美肌の要である免疫力を高める合言葉です。

普段から無理をせずストレスを溜めない生活環境と、バランスのよい食事を組み合わせて、疲れを感じさせないハツラツとした肌を目指しましょう!

よく読まれている関連記事