OPEN CLOSE

薄毛の症状から対策までを解説。食事やシャンプーの選び方、頭皮マッサージの方法

髪のボリュームが気になりだしたら、薄毛対策を行うと効果的です。今回は薄毛のセルフチェックと日常的にできる薄毛対策をご紹介します。

<監修>
中村 仁美
皮膚科専門医、漢方専門医
浅草ナカデンビルクリニック院長
日比谷トータルクリニック副院長

目次

薄毛とはどのような状態か

薄毛とは毛髪が生え変わるたびに少しずつ毛髪が細く、コシもなくなり全体的に髪の毛のボリュームが無くなってしまっている状態の事です。

薄毛になる原因は?

薄毛の原因には様々な要因が考えられています。
ストレス、紫外線、不規則な生活や睡眠不足、食生活の乱れ、ヘアケアや頭皮ケアが合っていないまたは間違っている、遺伝性などです。

30秒で分かる!自分が薄毛かチェックする方法

以下の項目に5個以上当てはまる方は、現在薄毛はなくても今後、進行する可能性が高いと考えられます。
まずはチェックしてみましょう!
check!
  • 母方父方ふくめ薄毛(AGA)の人がいる
  • 抜け毛や生える毛に短い毛が増えてきた
  • 慢性的にフケや痒みがある
  • 髪の毛が全体に細くなった(ハリコシがなくなった)
  • 喫煙の習慣がある
  • 強いストレスや睡眠不足が続いている
  • 頭頂部や生え際が薄くなっている
  • 洗髪せずに寝てしまうことがある
  • 偏食である
  • 数年前の写真と比べると全体の毛量が明らかに減っている
  • きつく髪をしばり続けるような習慣がある
  • 全身乾燥肌である
  • 洗髪後はドライヤーを使用せず自然乾燥させている
  • 帽子や日傘など頭皮の紫外線対策をしていない
  • 頭皮マッサージをする習慣がない・頭皮がかたい

意外にチェックが多かったという方もいらっしゃると思います。
次からは、忙しいあなたでも無理なくできる薄毛対策をご紹介します。改善できる生活習慣やヘアケア・頭皮ケアがあれば取り入れるようにしましょう。

忙しくても大丈夫、日頃からできる薄毛対策

薄毛対策1食習慣の改善
薄毛・抜け毛予防に必要な栄養素は、主にタンパク質やビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE、亜鉛などです。まずタンパク質は、毛髪を作る材料となります。肉や魚(動物性タンパク質)、大豆類(植物性タンパク質)などに多く含まれています。

ただし、肉や魚には種類により脂質も多く含まれていることもありますので、食べすぎると頭皮の皮脂分泌が過剰となり、頭皮環境が乱れる原因になるため注意が必要です。

ビタミンB群は、新陳代謝をサポートする役割があるため毛髪や頭皮の代謝に必要な成分です。
ビタミンB群を含む食材の代表的なものは、豚肩ロース、たらこ、うなぎなどです。

ビタミンCは抗酸化作用により頭皮環境を守る役割があります。紫外線による頭皮へのダメージ対策に有効です。ビタミンCは柑橘類や緑黄色野菜に多く含まれています。コンビニ弁当と一緒にオレンジジュースや野菜ジュースを飲むだけでも、ビタミンCは摂取できます。

ビタミンEは抗酸化作用だけでなく全身の血行を改善し頭皮への栄養を行き渡らせる効果があります。
ビタミンEはナッツ類に多く含まれています。ピーナッツやアーモンドを使用したお菓子などで間食を摂ることでもビタミンEを摂取できます。

亜鉛は、髪の主成分のケラチンの合成をサポートする毛髪生成には欠かせないミネラルです。免疫力をアップさせる効果もあります。亜鉛は不足しがちな栄養素のため意識的にとることが大切です。具体的には、牡蠣(100g)、豚レバー(200g)などには1日分の亜鉛が含まれています。

ただ、毎日これらを継続的に摂取することは難しいですよね。その場合は、これらの栄養素をサプリメントで補うのもよいでしょう。


薄毛対策2日頃のシャンプーの見直し、選び方、頻度、やり方
洗髪は1日に1回行い、必ずドライヤーで頭皮を乾かしましょう。シャンプー剤はご自分の頭皮タイプに合ったものを使用するようにしましょう。使用するとかゆみやフケがでる、しみる、というような場合は合っていない可能性がありますので、使用をやめて皮膚科などに相談してみてください。


薄毛対策3頭皮マッサージ、やり方、頻度、続けやすい工夫
洗髪時は指の腹でマッサージしながら洗い、爪で頭皮を傷つけないように注意が必要です。頭皮マッサージは頭皮の血行改善、頭皮環境の改善にぜひ日常的に取り入れていただきたい習慣の一つです。

現在ヘッドスパサロンなども多くありますのでやり方が全くわからない方はご自身で一度ヘッドスパの施術を受けアドバイスをもらうのもおすすめです。洗髪時やブラッシング時のルーティーンとして取り入れ、習慣化することがおすすめです。

まとめ

薄毛セルフチェックで5つ以上当てはまる方は改善できる生活習慣やヘアケア・頭皮ケアがあれば積極的に取り入れるようにしましょう。まずは食事、シャンプー、マッサージをベースに日常的に意識されることをおすすめします。

頭皮の状態が悪い場合や、AGAが進行して不安な場合は皮膚科専門医を受診するのもよいでしょう。
おすすめ商品
  • リアップX5プラスネオ
  • リアップジェット
  • リアップエナジー スカルプシャンプーオイリー
  • フレッシュリアップ