OPEN CLOSE

将来の薄毛を防ぐ、メンズのおすすめヘアケア法は?

現在特に髪の悩みがなくても将来的に薄毛になるのでは、と不安を抱えている方も多いと思います。
抜け毛・薄毛は体質の要素もありますが早めのヘアケアによってある程度の対策が可能です。

<監修>
大橋 一樹
スミレ医院(皮膚科)院長。
日本皮膚科学会専門医。
日本抗加齢医学会認定専門医 他。
地域住民のかかりつけの皮膚科として、地域に根差した診療を行う。わかりやすく丁寧な診療が評判を呼んでいる。

目次

薄毛になるメカニズム

日本人の男性の多くは薄毛に悩み、2017年のAGAガイドラインによると男性型脱毛症の発症頻度は全年齢平均で約30%となっています。近年では女性の悩みも増加しています。その背景には食生活、ストレスのほか、ホルモンの影響があります。

その理由としては、毛細血管の血流低下に伴う毛髪の栄養低下とされる循環不良、男性ホルモンによる頭髪サイクルの乱れ、脂質代謝異常による毛穴がつまり皮膚の炎症が起きる、頭皮の過度の緊張で頭蓋骨と頭皮の間の血管圧迫による毛乳頭細胞機能低下などが考えられています。

ヘアケアをすることで将来の薄毛を防止

薄毛の進行は加齢なのであきらめる、いろいろと薄毛対策を試したが改善しないという意見もあります。
一方で薄毛に対して、その原因に応じた適切な対応を行うことで薄毛の予防・改善が期待できます。

薄毛の進行は、頭皮の環境の悪化(不適切なケア)や生活習慣の乱れ、疾病によって、毛が生え変わる周期(毛周期・ヘアサイクル)が変化することが原因となります。

生活習慣の乱れ、頭皮環境の改善、疾病の対策により、ヘアサイクルを正常化することが、薄毛進行の抑制となります。

具体的なヘアケア方法

薄毛対策として、生活習慣を見直すことが重要です。食生活では過剰な糖分・脂質をとらず、亜鉛・蛋白質・ビタミンを多くとることが基本となります。

食事は夜遅い時間、特に22時以降の食事をとると、腹部に血流が流れ、頭皮への血流が低下します。次に質の高い睡眠をとることです。リラックスした雰囲気で6時間以上の睡眠を毎日とることで成長ホルモンの分泌が促されます。薄毛を改善したい方は生活習慣を改めましょう。

また、シャンプーの適正な利用も効果的です。シャンプーする前に髪全体をお湯で流し、シャンプーを泡立てて、頭皮の毛穴に詰まった皮脂を押し流し、フケやべたつきをなくすことが重要です。リンス(コンディショナー)の併用も髪にうるおいを届けることが目的なのでおすすめです。そのあとに、後頭部→側頭部→頭頂部→前頭部でマッサージを行い頭皮の血流を増加させます。

これだけで不安であれば、育毛剤や発毛剤の使用も検討しましょう。薄毛の主原因となる抜け毛を防ぐ、毛髪を太くする、頭皮の環境を整えるというメリットがそれぞれの商品毎にあります。

いずれの方法も即効性があるものはなく効果が実感されるまで時間がかかることも覚えておきましょう。

ヘアケアを始めたほうがいい年齢や頭皮の状態

ヘアケアを始めた方がよい年齢としては30から40代くらいとされています。この理由としては、老化に伴い肌が衰えて血行不良となり、髪が細くなる傾向があるからです。頭皮のしわやたるみ、フケが多くなるのもこの年代となります。

まとめ

薄毛の原因は多くありますが、生活習慣の見直しと適切なヘアケアを行うことにより、ある程度予防することが可能です。特に30~40代となり頭皮の違和感を覚えた方は、薄毛の対策をはやめに開始することをおすすめします。
おすすめ商品
  • リアップX5プラスネオ
  • リアップジェット
  • リアップエナジー スカルプシャンプーオイリー
  • フレッシュリアップ