OPEN CLOSE

おすすめの発毛剤って?育毛剤との違いとともに選び方を説明

発毛と育毛、似ているようで異なる意味を持っています。それらの違いを理解した上で、今、必要なのは育毛なのか発毛なのか考えてみることが重要です。

<監修>
大橋 一樹
スミレ医院(皮膚科)院長。
日本皮膚科学会専門医。
日本抗加齢医学会認定専門医 他。
地域住民のかかりつけの皮膚科として、地域に根差した診療を行う。わかりやすく丁寧な診療が評判を呼んでいる。

目次

発毛と育毛の違いについて

発毛と育毛ってどう違うのかがわからない方は多いかと思います。「育毛」とは残っている毛髪をより丈夫にするという概念です。これに対して「発毛」とは薄毛などで頭皮から皮膚が見えるようになってしまった部分に対して、新たに毛髪を生やすという意味を持っています。

発毛剤は育毛剤と何が違う?

育毛剤と発毛剤は、対象となる方が違います。育毛剤は医薬部外品となり、すべての方が対象となります。育毛剤の目的は、頭皮環境の改善により現在残っている毛髪の抜け毛防止(健康な状態の維持・改善)となります。このため、薄毛に悩んでいる方も、薄毛に悩んでいなくても将来不安があったり、頭皮環境を改善したい方も対象となります。

その一方で発毛剤は、壮年性脱毛症(男性型脱毛症:AGA)を発症した方が対象となります。発毛剤は、ミノキシジルという発毛成分が含まれており、壮年性脱毛症(男性型脱毛症:AGA)に治療効果が見込めます。一方で、円形型脱毛症など、男性型脱毛症(AGA)以外の疾患は効果がなく対象となりません。健常な方には発毛剤は効果が少なく、湿疹や皮膚炎などの副作用が起きるおそれがあるため使用しないようにしましょう。

このような人は発毛剤の使用がおすすめ

育毛剤は、現在残された髪を太く丈夫にすること、発毛剤は、髪を新たに生やすことが目的です。シャンプーなどで抜け毛が多く、表面から頭皮が明らかに見えて毛の密度が低下している症状の方には、髪を新たに生やす「発毛剤」の使用が推奨されます。

発毛剤のおすすめの選び方

発毛剤の成分として「ミノキシジル」が含まれているか確認しましょう。これは血管拡張薬として開発された成分でありますが、発毛効果があるとされ、発毛の治療薬に転用された第1類医薬品(薬剤師の説明を受けてから購入できる医薬品)です。

ミノキシジルには「1%」と「5%」の製品があります。ミノキシジル1%の製剤は初めて発毛剤を使用する方や、肌が敏感であったり、皮膚への影響が心配な方に推奨されます。ミノキシジル5%は、毛髪をより早く生えさせたい方、高い発毛効果を求める方など、ミノキシジル1%では効果が実感しにくい方におすすめです。

1%製剤、5%製剤ともに、未成年者(20歳未満)、壮年性脱毛症以外の方(円形脱毛症、甲状腺疾患による脱毛等)、脱毛が急激であったり、髪が斑状に抜けている方は使用してはいけません。また頭皮にかゆみや発疹などの異常がある部分にも使用できません。

まとめ

育毛剤と発毛剤はその目的で使用する薬剤が異なります。また、発毛剤は頭皮の皮膚が見えてきたなど美容の動機から使用する例がありますが、その製品にはいくつか種類があり、自分の頭皮の状態などとあわせて選択してください。
おすすめ商品
  • リアップX5プラスネオ
  • リアップジェット
  • リアップエナジー スカルプシャンプーオイリー
  • フレッシュリアップ