OPEN CLOSE

ミノキシジル使用中のアルコール摂取について

薬と一緒にアルコールを摂取したり、薬を飲んだ後あまり時間を空けずにアルコールを摂取すると、体に悪影響が起こりやすくなるのをご存知でしょうか?

薬とアルコールを同時に摂取すると、薬が強く効きすぎたり、重篤な副作用が起こる可能性のある薬もあり、アルコールは薬との飲み合わせに注意が必要なものの一つです。

抜け毛・薄毛の症状を改善させるためには、毎日継続して使う必要があるミノキシジルですが、アルコールとの相性はどのようになっているのでしょうか?

外用薬のミノキシジルと適量のアルコール摂取について

ミノキシジルには血行を良くする血管拡張作用があります。
この血管拡張作用によって、ミノキシジルを頭皮に塗布すると血流がよくなり、頭皮から毛髪へと栄養が届きやすくなります。

一方アルコールにも、血流をよくする作用があります。
飲酒すると顔が赤くなったり、全身がぽかぽかしてくるのはその表れです。

ミノキシジルとアルコールのどちらにも、血流を良くし血圧を下げる作用があり、同時に摂取すれば、その作用が強く出てくることは容易に想像できます。

念のために、飲酒前後にミノキシジルの外用薬を使ったり、ミノキシジルの外用薬の使用と同時に飲酒することは避けたほうがよいでしょう。飲酒する場合は、少し時間をおいてからにしましょう。

ミノキシジルと大量のアルコールの同時摂取は注意

ミノキシジルの外用薬とアルコールについて、あまり神経質に気にする必要はありませんが、しかしながら、ミノキシジルとアルコールには、どちらにも血管拡張作用があります。
ミノキシジルを使用してアルコールを大量に摂取した場合、血圧が下がりすぎる危険性がないともいえません。

そもそも、毛髪にとって、大量に飲酒するような生活スタイルは好ましくないでしょう。
壮年性脱毛症(AGA)の脱毛や薄毛は、遺伝によって起こることがわかっていますが、遺伝だけではなく生活スタイルによっても、その脱毛や薄毛の程度が変わってくることがわかっています。

毛髪にとって良い生活とは、規則正しく十分な睡眠時間を確保し、バランスの取れた食事を摂り、心や体にストレスを与えない生活です。
深酒をすると、十分な睡眠時間を確保できないばかりか、食事も偏りがちになり、体にもダメージを与えます。

薄毛を解消し毛髪を生やすためには、ミノキシジルを使用するのと同時に、飲酒は適量にし、規則正しい生活を送り、健康的な生活へと改善することが第一に重要です。
おすすめ商品
  • リアップX5プラスネオ
  • リアップジェット
  • リアップ