OPEN CLOSE

発毛剤とはどう違う?
育毛剤に期待できる効果・効能

発毛剤と育毛剤、似たような言葉ですが期待できる効果が異なります。
今回は、育毛剤に焦点を当て、育毛剤を使用したほうが良い場合や正しい使い方を解説します。

<監修>
黒田 愛美
美容・アンチエイジングアドバイザー
食事、サプリメントなどの分子栄養学に基づく内面からのアプローチと、レーザー、ヒアルロン酸、ボトックスなどの外面からのアプローチに基づく美容、健康を信念として活動。

目次

発毛剤とはどう違う?
育毛剤に期待できる効果・効能

「育毛剤」は抜け毛の予防目的、今ある髪の毛を「育てる」ものです。育毛剤に求められる具体的な効果は、もう少しボリュームが欲しい、ハリやコシが欲しい、フケやかゆみを防ぎ健康な髪の毛の維持をしたい、などです。

対して「発毛剤」は発毛効果が認められている成分であるミノキシジルが配合されており、薄毛治療を目的に使用されます。つまり髪の毛を「生やす」ものです。

育毛剤はどんな人におすすめか

既に薄毛や脱毛に悩んでいて、しっかり生やしたい、治療したいとまでは考えていなくても、今ある髪を健康に保ち、少しボリュームを増やしたい、ハリ・コシのある髪を手に入れたいという方におすすめです。

育毛剤の正しい使い方

まずはしっかりシャンプーをして頭皮の汚れを落とします。この時爪などで強くこするのはNGですが、ブラシでブラッシングしたり、ある程度指先の腹の部分でマッサージしたりしながらしっかりと皮脂の汚れを落とします。

その後ドライヤーで乾かし、育毛剤を使います。育毛剤は頭皮にしっかりとぬれるように、分け目を作ってその分け目に塗布し、1~2分して育毛剤が頭皮に浸透してから手でマッサージするように少しもみこむようにします。その後は自然乾燥させましょう。

育毛剤以外のお勧めヘアケア

頭皮を清潔にすることは基本ですが洗いすぎはNGです。頭皮のバリア機能を壊してしまうのでシャンプーの回数は程々にしておきましょう。

その際、シャンプーやリンスのすすぎ残しには注意し、しっかりお湯で洗い流しましょう。シャンプーなどの薬液が残ると頭皮を刺激してしまって炎症などの頭皮トラブルを引き起こしてしまうことがあります。その後は濡れたままにせずしっかりとドライヤーで乾かしましょう。

また頭皮のマッサージは血流をよくし、髪の健康や成長につながります。1日に1~2回軽くマッサージすると効果的です。

健康的な髪の毛の維持には、「日頃の生活習慣」も大きく影響します。十分な睡眠(最低7時間程度)時間を確保する。ビタミン、ミネラル、食物繊維、良質な脂、タンパク質などを多く摂る。バランスのいい食生活に適度な運動、そしてリラックスした時間を大切にし、極力ストレス回避をする。こういった生活習慣の改善が髪の毛にも良い影響を与えます。是非心がけてみてください。

まとめ

育毛剤は進行した脱毛や薄毛の治療に使用するものではありません。今ある髪の毛の健康を維持し、将来的な髪の悩みを予防するために使用します。

育毛剤の正しい知識を持ち、自分の状態に合わせた頭皮ケア商品を選ぶことが大切です。髪の健康維持のためには育毛剤だけに頼らず、日頃のシャンプーや生活習慣を見直していくことも大切になります。
おすすめ商品
  • リアップジェット
  • リアップエナジー スカルプシャンプーオイリー
  • リアップスカルプシャンプー
  • リアップスカルプモイストスプレー