OPEN CLOSE

健やかな頭皮はシャンプーから

1日1回の洗髪で、頭皮は清潔に保つことができます。しかしながら、正しい方法でなければ、逆にシャンプーが頭皮トラブルの原因になるかもしれません。あらためてシャンプー方法を確認し、頭皮の健康維持を目指しましょう。

フケやかゆみを防ぐ

外部からの刺激や過剰な皮脂によって生じるフケやかゆみを、正しいシャンプーを継続することで防ぎ、より太く強い髪に育つ環境を整えます。頭皮ケアで大切なのは、予洗い、すすぎ、乾燥の3点です。


シャンプーの正しい方法
[予洗い]



①髪をとかす
ブラシや櫛で髪の毛をとかし、絡まった髪があれば、丁寧にほぐします。
櫛を通しておくと、表面についたごみなどを取り除けるだけでなく、髪の毛や頭皮が洗いやすくなります。


②予洗いする(お湯だけで髪を洗う)
熱すぎないお湯で、髪の表面だけでなく頭皮まで丁寧に洗い流します。
耳の上、額などの髪の生え際、後頭部などの流しにくいところもしっかりと流します。
予洗いを丁寧にやるかどうかで仕上がりが変わります。


[シャンプー&コンディショナー]



③泡立てたシャンプーをつける
シャンプーを泡立てずに髪につけると、洗う時に髪と髪がこすれあい、髪を傷める原因になるので、泡立てたシャンプーを数ヵ所に分けて髪につけます。
シャンプーを手に取って両手のひらで10回くらいこすり、小さな気泡ができてきたら泡立っている状態です。
表面の髪を泡立ててから、指の腹でやさしく丁寧にもみ込んでさらに泡立て、まんべんなく髪の毛に行きわたらせます。
もみ込む時、爪を立てると頭皮に傷がつくので、指の腹を使いましょう。


④マッサージをする
指に髪の毛が絡まらないように注意しながら、頭皮をほぐすように1~2分マッサージします。
マッサージによって血行を促進させることで、頭皮環境の改善が望めます。


⑤よくすすぐ
すすぎは生え際や、普段から洗いにくいと感じている場所を意識して、泡がなくなるまでしっかりと流します。
髪の毛の奥に指を入れ、頭皮に水を行きわたらせるイメージで。鏡などで泡がないことを確認すると確実です。


⑥コンディショナーをつける
コンディショナーは髪の表面の滑りをよくするものなので、毛先からもみ込んで浸透させます。
ぬるぬるしていて、肌につくと落ちにくいものが多いので、頭皮にはできるだけつけないように注意しましょう。


⑦よくすすぐ
せっかくつけたコンディショナーが落ちてしまうのではないかという不安から、十分に流さない方もいます。
しかし、髪につけた時に必要な成分は浸透しているので、頭皮についたコンディショナーまでしっかり落としましょう。
流しきれていないと毛穴に詰まって皮脂トラブルの原因になります。


[乾かす]



⑧タオルドライをする
濡れた髪をタオルで拭きます。
表面をなでるのではなく、頭皮の水分を取るようにやさしく髪の内側にタオルを入れて拭き取ります。
強くこすると髪を傷めるので力加減に注意します。
ドライヤーがなるべく短時間で済むよう、タオルドライをしっかりと行いましょう。


⑨ドライヤーをかける
熱すぎない温度で、頭皮を乾かすようにドライヤーをかけます。
髪の毛が乾かないからと言って、熱風を浴び続けると頭皮が乾燥して頭皮トラブルを起こしやすくなります。
また、逆にドライヤーをかけず、頭皮が長時間湿ったままなのも頭皮トラブルのもとになります。
洗髪後、早いタイミングで頭皮を乾燥させましょう。

スカルプケアシャンプーで頭皮を健やかに

フケや、かゆみ、湿疹などの頭皮トラブルを防ぎたい方には、普通のシャンプーではなく頭皮ケア用シャンプーをおすすめします。「スカルプケアシャンプー」として販売されているものが多数あり、頭皮にやさしい洗浄成分が配合されていて、皮脂を取りすぎないようになっています。

皮脂量は個人差があるので、オイリー、ドライなど自分のタイプに合ったものを選びましょう。

リアップシリーズにもスカルプケアシャンプーがあります。
point
  • フケやかゆみ、湿疹など頭皮トラブルを防ぎたい方に
  • 頭皮ケアを考えたシャンプーで大切なのは、予洗い、しっかりしたすすぎ、素早い乾燥の3点
  • 皮脂量など頭皮のタイプに合った
    「スカルプケアシャンプー」を選ぶとよい
おすすめ商品
  • リアップジェット
  • リアップエナジー スカルプシャンプーオイリー
  • リアップスカルプシャンプー
  • リアップスカルプモイストスプレー