美白

「透明感」こそ「美白」への近道!ターンオーバーのリズムを整えて、透明感アップ

あなたは「美白」「透明感」というと、どんな肌をイメージしますか?

TVや雑誌などで、透明感のある美白肌の人をたくさん見かけると思いますが、本当の意味で一番理想的な美肌とされるのは、赤ちゃんの肌だといわれています。

赤ちゃんの肌はハリや弾力を生むコラーゲンやヒアルロン酸などの量がピークの状態。
さらに赤ちゃんは皮膚の再生能力が高く、皮膚の新陳代謝である「ターンオーバー」のリズムが整っているため、トラブルやくすみのない透明感のある美肌を常にキープできるからだといわれています。

今回はそんな「赤ちゃんの肌」のような透明感を目指すための生活習慣や、摂るべき食品、日々のケア方法についてご紹介します。

<監修>

日比野佐和子先生
日比野佐和子先生
医療法人康梓会Y‘sサイエンスクリニック広尾統括院長・大阪大学大学院 医学系研究科 臨床遺伝子治療学 特任准教授


ひびの・さわこ 医学博士。内科医、皮膚科医、眼科医、日本抗加齢医学会専門医。同志社大学アンチエイジングリサーチセンター講師、森ノ宮医療大学保健医療学部准教授、(財)ルイ・パストゥール医学研究センター基礎研究部アンチエイジング医科学研究室室長などを歴任。現在はアンチエイジング医療における第一人者的な立場として、基礎研究から最新の再生医療の臨床に至るまで幅広く国際的に活躍するとともに、テレビや雑誌等メディアでも注目を集める。プラセンタ療法を含む再生医療においてのパイオニアでもある。

目次

「ターンオーバー」のしくみを知って、透明感のある美白肌を目指そう!

ターンオーバーの仕組み
ターンオーバーとは、簡単にいえば「古い皮膚が死んだ細胞(垢)となって剥がれ落ち、新しい皮膚へと入れ替わる作用」のこと。

一般的に20代では約28日周期で肌が生まれ変わるといわれていますが、このターンオーバーのリズムが、加齢と共に乱れてくるといわれています。

このターンオーバーのリズムが乱れると、傷の治りが遅くなったり、シミが定着してくすみの原因となることも。
また同時に皮膚の表面の角質も厚くなってしまうので、化粧水や美容液の浸透も悪くなり、乾燥やごわつきの原因にもなります。

ターンオーバーの乱れを整えて、透明感のある美白肌を目指したいですね。

毎日の食事で、肌のターンオーバーを促進!透明感のある美白肌への一歩

五大栄養素
透明感のある美白肌を手に入れるためには、まずはターンオーバーを整えることが大切

肌のターンオーバーを整えるために一番必要なのは、タンパク質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラル、食物繊維といった栄養素をバランスよく摂ることです。

加齢による肌の悩みやターンオーバーの乱れは、栄養素を適切に摂ることで、改善できることもあります。ここでは、特にターンオーバーに効果的な食品や、必要な栄養素を効率よく吸収する方法についてご紹介します。

食事でターンオーバー促進① まずは腸内環境を整えよう!

水溶性食物繊維と発酵食品
どんなにバランスよく食事をしても、栄養素を取り込む腸をきれいにしないと、肌に栄養素がいきわたりません。

透明感のある美白肌のためには、まずは腸内環境を整えましょう
腸内環境をよくするために積極的に摂るとよいのが、「水溶性食物繊維」と「発酵食品」です。

まず水溶性食物繊維が多く含まれるのは、レモン、アボカド、ゴボウ、オクラ、にんにく、わかめやモロヘイヤなど。発酵食品では、朝食や間食で手軽に食べられるヨーグルトがおすすめ。

ヨーグルトは食べる前に電子レンジで38℃前後(500Wで40秒ほど/100mlの場合)に温めるとより効果的に吸収され、美肌効果を高めることが期待できます。

朝食は和食派!という方は、ごはんのおともに漬物やキムチ、納豆といった発酵食品を取り入れてみましょう。

食事でターンオーバー促進② 透明感アップに役立つ、おすすめ食品

完全栄養食の卵
・卵
卵は「食物繊維とビタミンC以外の全ての栄養素」を含んでいる完全栄養食!

代謝を促す「ビタミンB群」、皮膚を強化する「ビタミンA」、さらにはコラーゲンの生成を促す栄養素など、透明感のある美肌に効果的な栄養素がそろっています。
また、睡眠ホルモンであるメラトニンを産生する栄養素の「タンパク質」も多いので、朝食に2個卵を食べると良質な睡眠にもつながります。

・レバー、豚肉
この2つの食材は、脂質やタンパク質の代謝をサポートする「ビタミンB2」、「ビタミンB6」が豊富で、肌のターンオーバーを促進してくれます。ビタミンBは美肌ビタミンともいわれています。皮膚や粘膜の代謝を助ける役割のあるビタミンB2は、ウナギなどにも多く含まれています。また皮膚炎の予防にも効果的なビタミンB6は、大豆製品やカツオやマグロなどからも摂ることできます。

・トマトジュース
トマトに含まれるリコピンには、ビタミンEの100倍以上の抗酸化作用があります。アンチエイジングやシミの予防、肌のコラーゲン生成に有効です。1日に必要なリコピンを摂るには、生のトマトでは2~3個も食べなくてはいけませんが、食塩無添加のトマトジュースなら1日1缶(200ml)で手軽に摂取することができます。

・鶏手羽、牛すじ
この2つの料理には、タンパク質の一種で、肌のうるおいを保つ役割を担う「エラスチン」と「コラーゲン」が豊富に含まれています。鶏手羽や牛すじは、この2つを同時に摂ることができるので、肌のハリや弾力につながります。

・イチゴ
体内のコラーゲンをつくるのに不可欠なビタミンCが豊富に含まれています。ビタミンCには肌を黒くするメラニン色素の産生を抑える効果があり、日焼け後の回復にも役立ちます。また、コラーゲンの産生を増やすので、シミやしわにも効果があります。イチゴが出回らない時期には、キウイやアセロラジュースもビタミンCが豊富なのでおすすめです。

・牡蠣
牡蠣に多く含まれている「亜鉛」は、肌や髪の毛の生まれ変わりを促す大切な栄養素でターンオーバーを促す役割があります。亜鉛はビタミンCと組み合わせると吸収率がアップするので、白菜や鶏肉と一緒に鍋で食べるのもおすすめ。牡蠣が苦手な方は、数の子や豚レバー、牛もも肉、ごまでも亜鉛を摂ることができます。亜鉛は免疫細胞を活性化させ、免疫力を向上させるため、新型コロナウイルス対策としても注目されています。

質のよい睡眠で、ターンオーバーを促す「成長ホルモン」を分泌させよう

良質な睡眠をとる女性
肌のターンオーバーを促す成長ホルモンは睡眠中に分泌されます。そのため、睡眠が不足するとターンオーバーが乱れ、肌荒れの原因となってしまいます。

透明感のある美白肌を目指すなら、睡眠も大きなポイントになります。
夜に良質な睡眠をとるために大切なのは、睡眠ホルモンの「メラトニン」を分泌させること。

メラトニンは、寝る14~16時間前に太陽の光をたっぷり浴びることで体内時計がリセットされ、睡眠時によく分泌されるようになります。例えば夜11時に就寝する人は朝7 ~9時の間に、部屋のカーテンを開けて朝日を取り入れましょう。夜寝る前に強い光を浴びると、メラトニンの分泌を抑制してしまいます。

一般的な家庭の室内照明はOKですが、街の明かりや、パソコンやテレビ、スマホなどの画面の光はブルーライトのため、体内時計に影響するので、寝る2時間前ぐらいからはできる限り見ないようにしましょう。

美白を目指すなら、徹底した紫外線対策はマスト

UV対策
肌が紫外線を吸収するとターンオーバーが乱れ、水分量を保持できなくなり、乾燥してしまいます。

肌の乾燥はバリア機能を低下させて皮膚炎などを引き起こし、肌荒れの原因になります。
炎症が起こるとさらにシミの元となるメラニンが過剰に産生され、ターンオーバーが乱れると、メラニンがシミとして定着してしまいます。紫外線は美白には大敵です。

乾燥やシミを防ぐためにも、外出時には肌の出る部分に日焼け止めをしっかり塗って日傘をさしましょう。日差しが強い時期にはアームカバーや、UVカット効果のあるサングラスや帽子をプラスするとさらに安心!また黒や青、緑、赤、黄色などは、紫外線カット効果が高い色だといわれているので、毎日のコーディネートに取り入れてみましょう。

保湿&美白ケアで透明感をキープ!

保湿・美白ケア
紫外線対策と同時に行いたいのは、保湿・美白ケア

まず朝晩の洗顔後の保湿ケアで、たっぷりと潤いを補給することで紫外線による乾燥の負のスパイラルを防ぎます。さらにビタミンC、アルブチン、コウジ酸といった美白有効成分を含む化粧品を使うことで、シミの生成を抑え、透明感のある肌をキープすることができます。

化粧品による外側からのケアはもちろん、肌の潤いを保つ栄養を補うためのサプリメントやドリンクなどもありますので、賢く栄養を摂っていきましょう。