美白

美白ケアは、外からの刺激をブロックするケアと、インナーケアのダブルケアで

美白ケアについて考える女性
美白ケアは、外側からと内側からのダブルケアが効果的です。
気になる肌トラブルを狙い撃ちして、ある程度の即効性が期待できるのが、日焼け止めなど外からの刺激をブロックするケア。一方でインナーケアは、しっかり時間をかけることで少しずつ確実にあなたの内面から美白肌を生み出します。
まずは目の前にあるはずだけど見えない大敵「紫外線」をよく知って、美白ケア対策を立てることから始めましょう。

<監修>

日比野佐和子先生
日比野佐和子先生
医療法人康梓会Y‘sサイエンスクリニック広尾統括院長・大阪大学大学院 医学系研究科 臨床遺伝子治療学 特任准教授


ひびの・さわこ 医学博士。内科医、皮膚科医、眼科医、日本抗加齢医学会専門医。同志社大学アンチエイジングリサーチセンター講師、森ノ宮医療大学保健医療学部准教授、(財)ルイ・パストゥール医学研究センター基礎研究部アンチエイジング医科学研究室室長などを歴任。現在はアンチエイジング医療における第一人者的な立場として、基礎研究から最新の再生医療の臨床に至るまで幅広く国際的に活躍するとともに、テレビや雑誌等メディアでも注目を集める。プラセンタ療法を含む再生医療においてのパイオニアでもある。

目次

美白の大敵! 外からの刺激「紫外線」には2種類の波長がある

美白ケアする上で、外からの刺激で最も気をつけなければいけないのが紫外線

浴び続けると肌にダメージが蓄積し、シミ、そばかす、くすみ、シワ、たるみなど、肌トラブルの原因になります。

肌の老化の8割は紫外線によるものといわれています。紫外線には、波長によって、「A波」、「B波」、「C波」に分けられ、C波はほとんど地表には届かないため、肌への影響は「A波」と「B波」になります。
紫外線のA波とB波による肌への影響の様子
●シワやたるみの原因となるA波
波長の長いA波(UVA)は肌の深部へ到達し、コラーゲンを破壊します。そして肌のハリや弾力の低下を招き、やがてシワやたるみとなってしまいます。


●シミの原因となるB波
日焼けをすると肌が赤くなるのは、B波(UVB)の影響です。無防備に紫外線を浴びていると、シミの原因になってしまいます。それだけではなく、肌のDNAを傷つけて皮膚がんの原因になることもあります。


美白を実現するために外からの刺激をブロックするケアでは、A波、B波の両方を効果的にブロックすることが大切なのです。

SPFって? PAって? 肌を守る日焼け止め成分を知ろう

SPFとPAによる紫外線の防御効果の様子
日焼け止めのパッケージには「SPF」と「PA」という2つの表示があります。
それは、A波、B波への防御効果を表しています。
●A波をブロックするにはPAをチェック!
PAとは「Protection Grade of UVA(プロテクション・グレード・オブ・ユーブイエー)」の略で、シワやたるみの原因となるA波の防御効果を表します。日本の分類だと表示は4段階で、「+」が多いほど効果が高く、「PA++++」が最高値です。日常の買い物程度なら「PA+」「PA++」で十分。屋外スポーツなどで強い日差しを浴びる時は「PA+++」以上を使いましょう。


●B波をブロックするにはSPFをチェック!
SPFは「Sun Protection Factor(サン・プロテクション・ファクター)」の略で、シミの原因となるB波の防御効果を表します。SPF値の意味は、何もつけない時と比べて、日焼けして肌が赤くなり始める時間を何倍にできるか。つまり、日焼けを遅らせる時間です。日本人は平均20分で日焼けし始めるといわれています。そこに「SPF20」の日焼け止めを塗ると、20分×20=400分(約6.5時間)ほど日焼けを遅らせることができるのです。

外からの刺激をブロックする美白ケア① 日焼け止めで紫外線カット

日焼け止め
美白対策でまず行うことは、日焼け止めを塗って紫外線をカットすることです。
日焼け止めを塗るポイントは、ムラができないように、まんべんなく均一に塗ること。擦り込むようにこすりつけると肌にダメージを与えてしまうので、なでるようにそっと塗りましょう。

時間が経つと汗などで落ちてしまうので、理想としては2、3時間ごとに塗り直したいもの。服がこすれる首まわりなどは念入りに塗り直しましょう。メイクの上から、日焼け止めクリームを塗り直すのは難しい場合もあるので、SPF値の高いファンデーションや、スプレータイプのものなどを活用することもおすすめです。

また、耳や足の甲などは忘れがち。そこだけ日焼けして後で後悔しないように、全身にきちんと塗れているか外出の前にチェックしましょう。

外からの刺激をブロックする美白ケア② グッズを効果的に使って紫外線を遮断

紫外線を日傘や帽子で遮る様子
美白対策は日焼け止めを塗る以外にも、日傘、帽子で日差しを遮るのも効果的です。

忘れてはいけないのが、目から入る紫外線で、シミのもとになるメラニン色素を体内で増加させるといった研究報告(マウスの実験による)もあるので、UVカットのサングラスも必需品ですね。

また、紫外線を通しやすい色があるのを知っていますか? さわやかな白いシャツは夏の定番アイテムですが、実は白は最も紫外線を透過しやすい色です。

逆に紫外線を最もカットする色は黒。ただ、熱を吸収してしまうので、炎天下に黒の長袖は避けたいですよね。黒の次にカット効果が高い青や緑を取り入れて、賢く紫外線をブロックしましょう。加えて、紫外線を通しにくいポリエステルが混ざった素材なら、さらに効果アップが狙えます。

外からの刺激をブロックする美白ケア③ 美白化粧品で肌を守る

美白化粧品で肌を守る女性
肌が乾燥していると、バリア機能が低下することによって、紫外線のダメージを受けやすくなります。さらに、紫外線を浴びることでも肌は乾燥するので、負のスパイラルに陥ってしまいます。

そうなる前に、普段から美白化粧品で肌にたっぷり潤いを補給して、紫外線をブロックできる健やかな肌づくりをしておきましょう。

紫外線を浴びてしまった後でも、スキンケアは有効です。
シミへの有効成分が配合されているスキンケア化粧品を使えば、メラニン色素がシミとして定着するのを防ぐことができます。
ビタミンC、アルブチン、コウジ酸といった有効成分が配合された美白化粧品を使えば、シミの生成過程で活性化する酵素や細胞の働きを抑制し、シミを予防できます。

内側から美白! インナーケアのポイント① バランスの取れた食事

食事から美白ケアをする女性
外側からの美白ケアと同時進行で続けたいのが、インナーケアです。

バランスのよい食事は、インナーケアの基本。忙しくて食生活が乱れている人も、この機会に見直して、次に紹介する美白肌によい栄養素をバランスよく摂るように心がけてみましょう。

●美白肌のための栄養素① タンパク質
タンパク質は、肌や髪、筋肉などをつくります。不足すると代謝が落ち、肌のターンオーバーも乱れます。肌のハリや弾力を保つコラーゲンもタンパク質の一種です。


●美白肌のための栄養素② 脂質
脂質は体を動かすエネルギー源です。女性ホルモンやセラミドの材料となり、肌の潤いを保つのにも欠かせません。


●美白肌のための栄養素③ 炭水化物
炭水化物は体や脳を動かす重要なエネルギー源。糖質と食物繊維からできていて、代謝を助ける他、ストレスを減らすホルモンの分泌にも不可欠です。


●美白肌のための栄養素④ ビタミン
ビタミンAが皮膚を強化するのをはじめ、B群、C、E、Kでそれぞれ違う効果があり、美白肌には欠かせません。体の中ではつくれないので、食事から摂る工夫をしましょう。


●美白肌のための栄養素⑤ ミネラル
ミネラルとはカルシウムや鉄分、亜鉛などのことで、ビタミン同様に体内ではつくれず、特に女性には不足しがちな成分。新陳代謝やホルモンバランスを整えるために欠かせません。


●美白肌のための栄養素⑥ 食物繊維
食物繊維は腸の働きを促して便秘の解消に役立ち、腸内環境を改善します。また、糖の吸収スピードを抑えたり、コレステロール値を下げたりする効果もあります。

内側から美白! インナーケアのポイント② サプリメントや美容ドリンク剤で補う

サプリメントから美白ケアをする女性
バランスの取れた食事を心がけたいと思っていても、忙しい毎日では食生活を全て改善するのは難しいもの。また、肌によい成分は、食事だけで十分な量を摂れるとは限りません。

例えば、肌の潤いに欠かせない成分のセラミドが最も含まれているといわれる食品は生いもこんにゃくですが、100gに含まれるのは0.76mgだけです。セラミドを生いもこんにゃくのみで摂ろうとすると、毎日半分〜1枚食べ続けなくてはいけません。

それに、食べ過ぎは逆効果になることもあります。例えば、手羽先にはコラーゲンやエラスチンが含まれますが、食べ過ぎるとニキビや肥満、むくみの原因になります。

そんな時に便利なのが、サプリメントや美容ドリンクです。食事で補うのが難しい時は、必要な成分が含まれるものを食事にプラスしましょう。

外側からのケアが顔などの部分的な効果に留まるのに対し、インナーケアは全身に効果が現れるのがうれしいところ。効果が出るのはゆっくりでも、一歩ずつなりたい自分に近づいているはずです。

外側からと内側からのケアを毎日続け、ダブルの美白美肌効果を狙っていきたいですね。