ハウスダストの原因とアレルギー症状 日常生活でできる対策

家の中に舞う、目に見えにくい小さなゴミ、それが「ハウスダスト」。
ハウスダストが原因で起こるアレルギーとその対策を専門医に尋ねました。

ハウスダストとは

ハウスダストとは、家の中のチリやホコリの中でも、1mm以下の目に見えにくいものを指します。そこには、ダニの死骸やフンのほか、カビ、細菌、花粉、繊維のクズなど、人間の体から落ちた皮膚片やフケ、ペットの毛など、実にさまざまなものが含まれます。
ハウスダストは非常に小さいため空気中に舞い上がりやすく、吸い込むとアレルギー性鼻炎や喘息などを引き起こすことがあります。

ハウスダストによる症状

私たちの体には、害を及ぼす異物が入ってくると、その異物を攻撃して体の外に追い出そうとする力が備わっています。体内に侵入したハウスダストを異物と判断すると症状が起こります。
ハウスダストによるアレルギー症状は、くしゃみ、鼻みず、鼻づまり、目のかゆみや痛み、皮膚の炎症・かゆみ、肌の乾燥、喘息やせきなどです。

ハウスダストが引き起こす疾患

ハウスダストはどこの家にも常に存在します。したがって、季節を問わず、アレルギーを引き起こし、さまざまな病気の原因になることがあります。

アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎の3大症状はくしゃみ、鼻みず、鼻づまり。風邪と間違うこともあり、注意が必要です。

アレルギー性結膜炎

目のかゆみや充血、違和感、涙目、痛みなどがみられますが、症状の程度は個人差があります。

アトピー性皮膚炎

もともとアレルギーを起こしやすい体質の人や、皮膚のバリア機能が弱い人に多くみられるアトピー性皮膚炎。 ハウスダストによって皮膚が刺激されるとアレルギー症状を引き起こし、湿疹やかゆみが出現します。アトピー性皮膚炎の湿疹は、赤みがあって湿っぽいのが特徴で、ひっかくと悪化します。 化学物質(石鹸、化粧品、金属など)や汗、汚れ、紫外線などの刺激も悪化の要因になります。

気管支喘息

気管支喘息は、空気の通り道である気管支に慢性の炎症が起こる病気です。
気管支喘息の原因はさまざまありますが、アレルギーの原因物質(アレルゲン)を吸い込むと、気管支の内側が腫れたり、大量の痰がたまったりして呼吸困難が起こるのです。ハウスダストはアレルゲンの1つです。
大人の喘息の場合は、重症化しやすい傾向があります。
アレルゲンであるハウスダストを避けるとともに、気管支の炎症を抑える治療を日頃から行うことが大切です。

ハウスダストの1日の動き

ハウスダストはとても軽く、人が動くと舞い上がります。
出勤や登校の準備をする朝の時間帯や、帰宅後の時間帯は人が活動するため、たくさんのハウスダストが空気中を舞います。反対に、人が寝静まっている夜間はハウスダストが床に落ち、そこにたまります。
朝起きたときにくしゃみや鼻みずが出ることを「モーニングアタック」といいますが、これは床にたまった花粉が再び舞い上がるために起こる現象です。

ハウスダストの原因・アレルギー物質

ハウスダストに含まれるアレルギー物質には、次のようなものがあります。

布団やじゅうたんなどに潜むダニ

家の中には10~20種類のダニがいるといわれていますが、数が多いのはチリダニ類、コナダニ類、ツメダニ類で、いずれも体長約0.3~0.8mmと非常に小さいのが特徴です。
ダニは、食品や食べこぼし、人間の皮膚片やフケなどをエサにしています。ダニが好む環境は温度20~30度、湿度60~80%です。
ダニが好む条件を揃えている布団やじゅうたんにはダニのフンや死骸が多く潜んでいます。

人やペットの毛、フケ、虫の死骸やフン

人もペットも、生きている限りアカやフケ、抜け毛はあるものです。また、ガやゴキブリなど虫の死骸やフンも、アレルギー物質になります。

室内の空気中のカビや細菌

カビは高温多湿な環境を好みます。一般的な家には約360種類のカビが生息しているといわれます。カビは空気中に胞子を飛ばして勢力を広げていきますが、この胞子がアレルギー物質になり、アレルギー性鼻炎や喘息を引き起こします。とくに黒カビは、アレルギー症状を引き起こしやすいため注意が必要です。エアコンが黒カビの生息地になっている場合があります。こまめな清掃をお勧めします。

室内へ侵入した花粉

季節によっては花粉が家の中に入り込み、ハウスダストの1つになります。花粉症のある人は、家の中に花粉を持ち込まないようにすることも大切です。

室内で発生するハウスダスト

ハウスダストの約3割は、家の外から持ち込まれる土や砂ぼこり、昆虫の死骸やフン、花粉、排気ガスの粒子などですが、残りの約7割は家の中で発生します。多いのは、衣類や布団から出る繊維のクズ、食べこぼし、毛髪などです。
人間の皮膚片やフケ、ダニ、カビなどの割合は比較的少ないのですが、これらに対するアレルギーがあると、少し吸い込んだだけでも症状が出ます。

家の中でハウスダストが多くある場所

目に見えるハウスダスト(ホコリ)は、家具の上や床のすみなど気づきにくいところにたまっているものです。
とくに家具の隙間は掃除がしにくい場所なだけに、いつのまにかハウスダストだらけになっていることも。
洗面所など衣服を脱ぎ着する場所や、人が行き来する廊下などにも、案外たくさんのハウスダストがあります。細かいところでは、照明器具のカバーや観葉植物の葉、さらには天井も、ときどきチェックしましょう。

日常生活でできるハウスダスト対策

人間が生活している限り、どうしても発生してしまうハウスダストですが、しっかり対策することで症状を最小限に食い止めることができます。

アレルギー性鼻炎の原因を掃除で取り除く

ハウスダスト対策の基本は掃除です。 アレルギー物質をできるだけ取り除き、吸い込む量を減らすことで、アレルギー性鼻炎の症状を軽減させることができます。

アトピー性皮膚炎では、皮膚の保湿を行う

アトピー性皮膚炎は、皮膚が乾燥すると悪化します。 なぜなら、乾燥は皮膚のバリア機能を低下させてしまうからです。
きちんと保湿すると症状が出にくくなるので、アトピー性皮膚炎の治療に保湿は欠かせません。とくにお風呂上がりの保湿ケアは必須。保湿効果の高い保湿剤を十分な量、塗りましょう。

喘息発作の程度をきちんと把握する

喘息の発作の頻度や強さ、そして呼吸の検査から自分の喘息の状態を把握しましょう。
喘息は継続的な治療が必要な病気で、発作が出たときだけ薬で症状を抑えても徐々に悪化し、発作を起こす回数(頻度)が増えていきます。
喘息のある人は、日常生活のハウスダスト対策をするとともに、きちんと治療することが大切です。

市販の薬を使う

ハウスダストによるアレルギー性鼻炎の場合は、市販の薬で症状を改善することができます。 薬局薬剤師に相談しながら、内服薬と点鼻薬を上手に使いこなしましょう。

病院で診察を受ける

適切な治療のためには、まず原因を明らかにすることが必要です。そのためには、病院を受診して、不快な症状を引き起こす原因は何かを血液検査や皮膚テストなどで突き止めましょう。
症状が、くしゃみ、鼻みず、鼻づまりなら耳鼻咽喉科、目のかゆみや涙目なら眼科、皮膚のかゆみや湿疹なら皮膚科、喘息のような症状なら呼吸器科ですが、最近はアレルギー科を開設している病院やクリニックもあります。適切な診断のもと、重症度や生活スタイルに合った治療を主治医とともに模索しましょう。

掃除法を見直そう

ハウスダストは人が動くだけで舞い上がります。したがって、いきなり掃除機をかけるのはNG。掃除機からの排気でハウスダストはほとんど空中に舞い上がり、床掃除の効果が激減します。
ハウスダストを効率よく取り除くには、朝、ハウスダストが床に落ちているうちに床クリーナーやモップで床を拭き、それから掃除機で静かに吸い取るのがベスト。 その際、窓を開けたりエアコンをつけたりすると、やはりハウスダストが舞い上がってしまうのでご注意を。

空気清浄機を使おう

空気清浄機を使うことで、空気中のハウスダストを除去することができます。 HEPAフィルター付きのものを寝室の枕元に置き、24時間使用するのが最も効果的です。

症状セルフチェック

次の項目に「YES」が多ければ多いほど、その人の家には、アレルギー性鼻炎の原因となるハウスダストが多く潜んでいると想像されます。

  1. □室内の掃除を1週間以上さぼることがある
  2. □ ふとんに掃除機をかける習慣がない
  3. □ ハタキなどでホコリを払ってから掃除をする
  4. □ エアコンのフィルター掃除をしていない
  5. □ 室内の湿度が高い
  6. □ じゅうたんを敷いている
  7. □ 室内でペットを飼っている
  8. □ 寝室に本など物が多くある
  9. □ じつは浴室にカビが生えている

本当にハウスダスト? 紛らわしい症状の見極め方

春にくしゃみ鼻みずに悩まされれば、「花粉症?」と考えますが、ハウスダストによるアレルギー性鼻炎は、季節に関係なく起こるため、風邪と思い込み、的外れな治療をしてしまうこともあります。
アレルギー性鼻炎と風邪を見分けるポイントは、症状とその症状が出るタイミングや期間です。

  アレルギー性鼻炎 風邪
3大症状 くしゃみが急に出て連発する、透明でさらさらしている鼻水、鼻づまり。 せきが出る、くしゃみ、黄色っぽく粘りがある鼻水、のどの痛みなど。悪寒や発熱、だるさなどが出ることもある。
症状が出る
タイミング
家の中にいるとき。とくに、朝起きたときに症状が強い。

1日中。

症状が
続く期間
2週間以上。1年を通してしばしば起こる。 数日間。

ハウスダストの予防法

ハウスダスト対策は、家の中でハウスダストを極力発生させないことに尽きます。 ハウスダストを減らせば、それらが原因の症状を予防できます。

こまめに掃除、洗濯をする

ハウスダストが床にたまっている朝のうちに、床クリーナーやモップをかけた後で、掃除機という順序で掃除をする習慣をつけましょう。そうすれば、ハウスダストは減るはずです。
ペットを飼っている場合はとくにこまめな掃除を心がけて。
ダニの死骸やフンは水溶性なので寝具も洗えるものを使用するのがおすすめです。シーツやタオルケットは1週間に1回、布団は1年に1回を目安に水洗いを。

室温、湿度に注意する

室温は20~25度に、湿度を50%に保つようにしましょう。
ダニは高温多湿の環境を好み、とくに室温25度を超えると爆発的に増えます。 カビも高温多湿を好み、湿度60%を超えると一気に増殖。
そこにカビの養分となる皮脂や食物のカスなどがあると、さらに勢いづきます。
除湿機やエアコンの除湿機能を利用して湿度を下げ、浴室などは換気をよくしましょう。ダニやカビの栄養となるものを除去するためにも掃除をこまめに。

防ダニの工夫をする

掃除機は吸引部をゆっくりと動かし、1畳あたり30秒以上の時間をかけ、週に2回以上行いましょう。 フローリングなどのホコリの立ちやすい場所は、拭き掃除のあとに掃除機をかけます。
カーペット、布張りのソファーなどもダニの温床になることがあります。
ベッドのマット、布団、枕にはダニを通さないカバーをかけるようにします。
布団は週2回以上干して風を通しましょう。それが困難な場合は、室内干しや布団乾燥機でも可。さらに週に1回以上布団に掃除機をかけます。シーツ、布団カバーは週に1回以上洗濯しましょう。
(「鼻アレルギー診療ガイドライン2016」より)

ペットの飼育環境を整える

アレルギーのある人はできればペットを飼わないほうがいいのですが、屋内で飼う場合ブラッシングやシャンプーでペットを清潔に保ち、寝床もしっかりと掃除するようにします。
床にじゅうたんなどを敷かないほうが、ペットの毛を掃除するにはよいです。

室内に花粉を持ち込まない

花粉の飛散量が多いときは、できるだけ外出を控えることが室内に花粉を持ち込まないことにもなります。
外出する際は花粉のつきやすいウールなどの素材の服は避け、帰宅時は衣服や髪をよく払ってから家に入るようにします。
また、花粉の飛散量の多いときは窓や戸を閉めておきましょう。

教えてくれた先生

松脇 由典 先生
松脇 由典 先生
医療法人社団 恵芳会
松脇クリニック品川 院長
耳鼻咽喉科・アレルギー科医師
松脇クリニック品川
【略歴】
1994年3月
東京慈恵会医科大学 医学部 医学科卒業
1994年5月
東京慈恵会医科大学付属病院にて研修開始
2006年8月
東京慈恵会医科大学 耳鼻咽喉科講座 講師
医療法人社団恵芳会 松脇クリニック品川 
理事長
現在に至る
【学会】

日本耳鼻咽喉科学会・専門医/日本アレルギー学会・専門医/日本鼻科学会
耳鼻咽喉科臨床学会/耳鼻咽喉科短期滞在手術研究会/
品川気道アレルギー研究会・代表
アレルギー・好酸球研究会

【賞罰】
平成24年
日本鼻科学会 第19回学会賞
平成18年
米国アレルギー喘息免疫学会 
Featured presentation
平成17年
東京慈恵会医科大学 金杉賞
おしえて!花粉ドクター あなたの花粉症タイプを診断 対策方法をアドバイス! 今すぐチェックおしえて!花粉ドクター あなたの花粉症タイプを診断 対策方法をアドバイス! 今すぐチェック