OPEN CLOSE

ミノキシジルとは

ミノキシジルとは

ミノキシジルとは
ミノキシジル外用剤は、世界90カ国以上で医療用医薬品として販売されています。また、アメリカやイギリスなど約40カ国でOTC医薬品として販売され、その内約9割の国では女性の使用が認められています。頭皮に使用することで毛包に直接作用し、発毛、育毛効果を発揮します。また、抜け毛が減ることも効果のひとつです。

ミノキシジルは成分名

「ミノキシジル」は薬の名前ではなく、成分の名前です。
ミノキシジルはアップジョン社(現Johnson & Johnson社)が開発し、高血圧症治療の内服薬の成分として1979年からアメリカで使用され始めましたが、治療中の患者に多毛が認められたことから、あらためて外用の発毛剤の成分として開発が進められ、ミノキシジル配合の発毛剤が医薬品として承認されました。

ミノキシジルの発毛、育毛、抜け毛の進行予防

ミノキシジルには、正常なヘアサイクルに戻す作用があります。
ミノキシジルは、毛包に直接作用し、細胞の増殖やタンパク質の合成を促進することによって発毛、育毛、抜け毛の進行予防に効果を発揮します。

その他のおすすめコンテンツ

  • 女性の髪に、ミノキシジル

    女性の髪に、ミノキシジル

    女性のボリュームダウンしている髪は、・新しい髪がなかなか生えてこない(休止期が長くなる)・髪が十分に育たないまま抜けてしまう(成長期が短くなる)

  • ミノキシジルは女性も使える?

    ミノキシジルは女性も使える?

    基本的に、男性と女性とでは、抜け毛・薄毛の原因も、脱毛の仕方も異なります。女性には甲状腺疾患による脱毛などが多くみられる傾向にありますが、40歳前後以降に頭頂部の薄毛が気になり始めたら「壮年性脱毛症」かもしれません。