OPEN CLOSE

育毛を始めよう!健康な髪に導くために

育毛を始めよう!健康な髪に導くために

薄毛や抜け毛に悩んでいる女性は、ついあれこれと手を加えてしまいがちです。
しかし、まずは日々の生活習慣を整えることが、育毛にとって大切なことです。
健やかな髪を育毛するためには、どのようなことに気をつければいいのかを紹介します。

<監修>

池袋西口ふくろう皮膚科クリニック院長 藤本智子
池袋西口ふくろう皮膚科クリニック院長 藤本智子

医学博士 日本皮膚科学会認定 皮膚科専門医 日本発汗学会理事
2001年浜松医科大学医学部医学科卒業。
東京医科歯科大学皮膚科助教、都立大塚病院皮膚科医長を経て、2017年池袋西口ふくろう皮膚科クリニック開院。

目次

健やかな髪を育てるためには、第一に生活習慣を見直すこと

薄毛や抜け毛が気になり始めると、髪や頭皮にあれこれと手を加えがちですが、まずは生活習慣を見直しましょう。
髪や頭皮は体の一部ですから、体が健康であることが育毛の第一歩です。また、心の健康も育毛には大切です。

バランスのとれた食事をとる

口から取り入れる栄養が体をつくるのと同様に、髪も食べたものからできています。
髪のためには、髪の主成分であるタンパク質をはじめ、ビタミン、ミネラルなどの栄養素をバランスよく摂ることが大切です。
特に、亜鉛や鉄などのミネラルは、健康的な育毛には重要な栄養素です。

良質な睡眠をとる

睡眠中には「成長ホルモン」が分泌されます。
ゴールデンタイムと呼ばれる午後10時から午前2時にはしっかり睡眠をとることが育毛には良いとされています。

多くの女性が抱えている「ストレス」は上手にコントロールを

悩みやストレスは、ホルモンバランスが乱れて、薄毛や抜け毛を引き起こす可能性があります。
丸く一部分だけ脱毛する「円形脱毛症」は、自己免疫疾患のうちの一つですが、免疫のバランスを崩す一因として、ストレスや睡眠、感染症などの要因があるといわれており、男性だけではなく女性にも発症します。

仕事や家庭、ライフステージでさまざまな決断を迫られる女性たちは、ストレスを感じている方も多いでしょう。
ストレスは適度に発散して、上手に向き合うことが育毛につながります。

適度な運動習慣

激しいスポーツではなくとも、ウォーキングなどの軽い運動を習慣づけるのがいいでしょう。
いわゆる有酸素運動と言われる運動は、血流をあげ、筋力増進、ストレス軽減なども期待でき、基礎代謝が上がるのでおすすめです。

女性の育毛にもNG!喫煙習慣を改める

タバコには、末梢血管を収縮させて血液を低下させるニコチンが含まれています。
頭皮は体の中では末端部分。喫煙により血流が悪くなり、髪をつくりだす毛母細胞は酸素や栄養素をとりこめなくなるため、薄毛や抜け毛の原因になり得ます。

健康的に育毛したいのであれば、禁煙を意識した方がいいでしょう。
また、髪だけではなく、手足が冷えやすい女性にとって、末梢血管の血液を低下させるニコチンは大敵です。

飲酒は適量に

適量の飲酒はリラックス効果がありますが、飲み過ぎは厳禁です。
お酒を飲むと顔が赤くなり、体が温かくなるイメージがありますが、実はその反対。
血管を一時的に開き体温を逃してしまうため体を冷やして血流を悪くします。

冷え性の女性は多い傾向にありますが、冷えは育毛の大敵!お酒を飲むのであれば、適量にしましょう。
1日の平均アルコール量は20gで、ビール中瓶1本、日本酒1合、赤ワイングラス2杯、焼酎半合くらいです。また、つまみは塩分が多くなりがちなので、気をつけましょう。

育毛のためには「食材5色がそろったバランスのとれた食事」が大事

育毛のために、髪に良いとされる食べ物を意識的に摂取することはいいことですが、何事もバランスが大事。
育毛には「赤・黒・緑・黄・白」の色を目安に、5色の食材をそろえるのがいいでしょう。

髪の主成分であるたんぱく質は赤色、ミネラルが豊富な海藻類は黒色、頭皮環境にもいいビタミン類は黄色や緑色などの食べ物に含まれており、5色を意識することでバランスよく栄養を摂取できます。

慣れないうちは5色をそろえようと思うと難しいかもしれませんが、和食の定食を意識して食べてみると栄養のバランスが整ってくるでしょう。

女性の育毛に欠かせない「成長ホルモン」は睡眠時につくられる

女性の育毛に欠かせない「成長ホルモン」は睡眠時につくられる

睡眠不足になると、クマができる、肌がかさつく、顔色がさえないなど、美容に悪影響があることは女性の間で広く知られています。
しかし、表面的なものだけではなく、免疫が低下して体調を崩しやすくなったりと、健康面にも悪影響を及ぼします。
もちろん、髪への影響も同様。育毛のためには、睡眠中に分泌される成長ホルモンの存在が欠かせません。

女性の育毛で大切なのは「質のいい睡眠」

大事なのは睡眠時間だけではなく、「質のいい睡眠」が最も大事です。
工夫次第で睡眠の質を高めることができるので、そのポイントを紹介します。良質な睡眠で、健やかな髪の育毛を目指しましょう。

就寝前に入浴する

女性に多い冷え性ですが、足先が冷たいとなかなか眠りにつけないもの。
入浴して体を温めておくと良いでしょう。

体と脳を就寝モードに切り替える

就寝前にスマホやパソコンなどを使用している女性は多いですが、光る画面を見ていると脳が興奮状態になります。
就寝前はスマホを見ることを控え、照明を暗くするなど、体と脳を就寝モードに切り替えるといいでしょう。
また、朝起きた時は、カーテンを開けて明るくするとメリハリがつきます。

午後8時以降のカフェインはNG

就寝前はもちろんですが、午後8時以降はカフェインを控えましょう。
女性向けの美容ドリンクなども、ラベルに記載してある成分表示を確認してみるといいでしょう。

日中は適度に体を動かす

適度な疲労感があると、寝つきが良くなります。
夕方のウォーキングやストレッチなどを、無理のない程度に取り入れましょう。女性から人気のヨガなどもいいのではないでしょうか。

女性の育毛に必要な正しい「髪の扱い方」

育毛のためには、ブラッシングや洗髪後のケアも重要です。
「髪は熱に弱いから自然乾燥する」という習慣はNGです。濡れた髪と頭皮は、雑菌の温床になります。特に、髪の長い女性は要注意。
ドライヤーを使用するのは必要最低限におさえ、素早く乾かすのが育毛への近道です。
正しいブラッシングやドライヤーのテクニックを紹介します。

ブラッシングテクニック

ブラッシングは、髪や頭皮に付着した汚れを落とすことができるので、シャンプー前にするのがおすすめです。

①毛先をゆっくりときほぐす

毛先のもつれをときほぐすようにブラッシングをします。絡まった場合は、無理に引っ張らないようにしましょう。
髪だけではなく、頭皮にも強い刺激を与えて毛根にダメージを与えかねません。
髪の長い女性は、適度な毛束を手にとって少しずつときほぐしてください。

②前頭部やこめかみからゆっくりとブラシをおろす

この時に、頭皮にブラシをやさしく当てましょう。
適度な刺激は、頭皮の血行が促進し、育毛の効果が期待できます。
ただし、傷がある場合はそこから炎症を起こす可能性があるので使用しないようにしましょう。

ドライヤーテクニック

①ドライヤーをかける前にタオルドライ

髪をタオルに挟んで、やさしく髪をおさえるように水分を取ります。
このとき、激しくこすり合わせないように気をつけましょう。

②ドライヤーの温度を低めに設定し、髪から距離をとって乾かす

まずは髪に熱を与えすぎないように、温度を低めに設定します。
そして、ドライヤーを15cmほど離し、一カ所に当て続けないように動かしながら乾かします。

★ドライヤーをかける時のポイント

ドライヤーをかける時のポイント

この時に注意したいのは、頭皮から毛先の毛流れにそってドライヤーをかけること。

逆に乾かすことで、キューティクルを傷めたり、頭皮に過度な熱を与え皮膚トラブルになることも。

健康的な育毛のためには、髪だけではなく頭皮にも気をつかいましょう。

女性の育毛には規則正しい生活とていねいに髪を扱うことが大事

髪は体の一部ですから、健康的な育毛のためには、体のケアと同様に規則正しい生活を送ることが大事です。また、育毛の大前提は髪をていねいに扱うこと。ドライヤーをかけることも毎日の積み重ねです。
日々ていねいに髪を扱うだけでも、ぐっと健やかな髪に近づけます。そのうえで、育毛剤や発毛剤の使用を検討しましょう。

その他のおすすめコンテンツ

  • 育毛剤は女性も使える?

    育毛剤は女性も使える?

    「薄毛は気になるけど育毛剤を使うべき?」と悩んでいる女性は多いはず。育毛剤は男性が使用するものだと思っている女性もいらっしゃると思いますが、今は女性用の育毛剤もドラッグストアやネット通販などで気軽に購入できます。

  • 女性の頭皮のかゆみの原因は?乾燥?更年期?

    女性の頭皮のかゆみの原因は?乾燥?更年期?

    「清潔にしているのに頭皮がかゆい」という悩みをもつ女性は少なくないはず。髪や頭皮を清潔に保ちたいという気持ちから、1日に複数回、洗髪をしていませんか?その頭皮のかゆみは、お手入れのしすぎで生じている可能性があります。